リスニング用途にオーディオインターフェイスをすすめる2つの理由

シェアする

以前からCDプレーヤーをグレードアップするためにDAC(デジタル アナログ コンバーター)は利用されてきました。”PCオーディオ”といった言葉が登場するようになった頃から、PCの再生音を高音質化するためのアイテムとしてDACは活用されています。しかし、PCを高音質再生できるのはDACに限ったことではありません。主に音楽制作でプロ・アマを問わず使われているオーディオインターフェイスというアイテムが存在します。

Audio I/F ≒ DAC + ADC

Audio I/F(オーディオインターフェイス)は DAC の機能と ADC の機能を合わせもったアイテムということができます。DAC はデジタル アナログ コンバーターの略ですから ADC はアナログ デジタル コンバーターです。

オーディオインターフェイスは DAC 機能を持っているのでPCオーディオにも利用できるという訳です。

POINT
Audio I/F の中にはアナログ入力に加えて光、同軸、AES/EBUなどのデジタル入力を持った機種もあります。更に、入力はデジタルのみの機種も存在します。(MYTEK Liberty DACなどがこれに該当します。)デジタル入力信号をUSB等を経由してPCに送り、録音することができます。

Lynx Aurora(n)

マスタリンググレード オーディオインターフェイス Lynx Aurora(n)

Nmode X-DP10

高音質 DAC として評判の Nmode X-DP10 ※ADC機能なし

PCで扱う再生メディアはデジタルデータですからこれをアナログに変換する DAC が有用なことは理解できますが、アナログデータをデジタルに変換する機能は音楽リスナーにとってどんなメリットがあるのでしょうか?

音楽リスナーが ADC を使うメリットとは

「オーディオインターフェイスはデスクトップミュージック用の音楽制作用のもので、リスニング用途のものではない」と思われがちですが、実はリスニング用途にも向いた優れモノです。

デジタルレコーダー

メリットの一つに、レコードやカセットなどのアナログ音源をPCで録音してデジタルデータ化できる点があげられます。アナログデータは必然的に経年劣化します。また、劣化を軽減させるには保管に気を配らなければなりません。デジタルデータに変換することで劣化を防ぐことができるばかりでなくバックアップの役目も果たします。

録音には一般的にPCアプリを使いますが、オーディオインターフェイスの中にはそれ自身で録音できてしまうものまであります。

レコーダー機能

Lynx Aurora(n) は microSD カードを使った録音が可能

関連記事:

アナログ資産の残し方-今どきのレコーダー事情

再生環境を定量的に把握

メリットのもう一つは、音楽再生環境を最適化する(Room Correction)ための有効なツールになることです。

音楽再生環境(部屋)を最適化するために最初にすることは現状の問題点を把握です。実際には部屋の音響特性を測定します。

測定用マイクで拾った基準信号(アナログ)はデジタル化してPCに入力して解析する必要があるため、アナログ デジタル コンバーターは必須となります。オーディオインターフェイスはアナログ デジタル コンバーター機能を持っているのでこれを使用します。

※ マイク入力にはマイクアンプが必要ですが、多くのオーディオインターフェイスにはマイクアンプが内蔵されています。マイクアンプが内蔵されていない場合は、そのオーディオインターフェイスの入力端子(アナログ/デジタル)に接続可能なマイクアンプを用意すればよいです。

関連記事:

スピーカー再生環境の測定:概要と必要なもの

アナログ マイスター Rupert Neve Designs

Rupert Neve Designsの製品にはプロ御用達のマイクアンプがあります

マスタリング グレードの高音質

 「そうは言っても、やはり多機能なオーディオインターフェイスよりも単機能のDACのほうが音が良いのでは?」 、そんな声も聞こえてきそうです。

マスタリング グレードを誇る Lynx Aurora(n) をはじめ多くのオーディオインターフェイスは、DAC に勝るとも劣らないクォリティを有しています。

ダフト・パンクのランダム・アクセス・メモリーズのレコーディングでは Lynx Aurola(Lynx Aurora(n)の前身モデル) が使われているとのことですし、同じく Lynx Hilo は音に拘る多くの音楽リスナーにも愛用されている実績の持ち主です。

Lynx Hiro

音質面でも高評価のオーディオインターフェイスLynx Hiro

USB インターフェイスに留まらない先進性

ホームオーディオの世界ではPCとDACを接続する方法はUSB一択の感があります。オーディオインターフェイスはUSB以外にも様々なインターフェイス(PCI Express/Ethernet/Thunderbolt等)が用いられており、中でも注目はThunderboltです。LynxのオーディオインターフェイスはUSB、Thunderbolt、その他のインターフェイスのモデルがありますが、USBよりもThunderbolt接続の方が音が良いというのが定説のようです。

※私見ですが、USBに比べてThunderboltは高速で安定動作することが音質面にも良い結果をもたらしているのだろうと思っています。

※ThunderboltはこれまでMacが主流でしたが、Windowsも徐々に使われ始めています。

UNIVERSAL AUDIOのApolloやArrowはプロ・アマで一番人気のオーディオインターフェイスの一つですが、PC接続はThunderboltのみ(USBなし)の新世代オーディオインターフェイスです。

Apollo x6

Win/MacサポートのThunderbolt 3オーディオインターフェイス Apollo x6 (UNIVERSAL AUDIO)

関連記事:

UREIの血統 UNIVERSAL AUDIO

USBだけじゃない PC用DACのインターフェイス

一方でUSBの安定性やノイズを問題視し、対策を施したアクセサリー類もiFi audioからユニークなアイテムが数多くリリースされています。

アクセサリー、ケーブル一覧

デジ/アナ入力セレクター、ボリュームコントローラーとしてプリアンプ的な使い方も

プロオーディオ用として発展し続けているオーディオインターフェイスですが、最近はホーム―ディオ用途にフォーカスした製品も登場し始めています。

KORG Nu Iはアナログ3系統で内1系統はフォノイコライザーを内蔵しているので、レコードプレーヤーを直接つないでPCに録音することもPCを経由せずにプリアンプとして利用することも可能です。次世代真空管として話題のNutubeを搭載している点も大きな魅力です。

Nu I

KORG Nu I、アナログ資産をDSDで残すための一押しオーディオインターフェイス

MYTEK Liberty DAC/Brooklyn DAC+/Manhattan DAC IIは名前こそ”DAC”ですが、デジタル入力をPCへ送信できるデジタル入力専用のオーディオインターフェイスです。※ADC(アナログデジタルコンバーター)を追加することでアナログ入力に対応します。Brooklyn DAC+とManhattan DAC IIはフォノイコライザーを搭載(Manhattan DAC IIは追加オプション)しているためレコードプレーヤーを直接接続できます。

Manhattan DAC II

実はMYTEK Liberty DACは録音機能を持っていた!♡

KORG、MYTEKは何れもボリュームノブで音量調整できますから、他にプリアンプを用意しなくてもアクティブスピーカーやパワーアンプに接続して利用することができます。

※他の複数系統の入力に対応したオーディオインターフェイスも入力ソースを切り換えてプリアンプとして利用できます。ほとんどのオーディオインターフェイスにはノブなどのボリュームコントローラーが付いています。

id14_4

audient iD14

アナログ/デジタル入力付きのDACでは録音できない

DAC製品の多様化によりiFi audio Pro iDSD、Nmode X-DP7/X-DP10やSoundWarrior SWD-DA20などアナログ/デジタル入力付きのDACも登場してきました。ここで気をつけたいのは、これらの製品は入力ソースをPCに送り込む機能は持っていない事です。入力ソースはあくまでもプリアンプとしてボリューム調整後の音声信号を出力するのみです(※デジタルアウト除く)。

※Pro iDSDはデジタル入力のみ

Pro iDSD

X-DP7

まとめ

このように、USB DACをオーディオインターフェイスに置き換えることで次のようなメリットが生まれます。

POINT

PCでアナログ/デジタル音源を録音できるようになる

再生環境の改善(音質向上)の強力なツールが手に入る

コントロールセンターとしてプリアンプの役割を果たす

関連記事:

DAC、オーディオインターフェイス一覧

オーディナリーサウンドおすすめの Audio I/F