ZEN DAC:MQA、DSD256対応でHEDDやIK Multimediaのアクティブスピーカーと相性抜群のDAC

先日、iFi audioから発売されたばかりのZEN DACを使ってます。特徴は以下の3点。

  • 低価格ながらもPCM(~384kHz)、DSD(~12.4MHz)、MQA(レンダラー方式)に対応
  • ボリュームノブで可変出力(可変/固定切り替えスイッチ付)
  • バランス/アンバランス出力対応

設定(ドライバーのインストール)

ドライバーのインストールはダウンロードページの案内に従ってZEN DACをPCにUSB接続した状態で、ダウンロードしたiFi (by AMR) HD USB Audio Driver 3.20.exeを実行します。

その前に、USBケーブルでZEN DACとPCを接続するとWindows標準のドライバーが自動的にインストールされるのでシステムのコントロールパネルで確認してみました。

ZEN DACが既定のデバイスに設定されます。プロパティを開くとビット深度は32bit固定でサンプリング周波数が44.1kHzから384kHzまで選択できることがわかります。

ダウンロードしたドライバーをインストールする前にMQA対応のAudirvana 3.5.1で確認してみました。

Audirvanaのスピーカーアイコンからドライバーを確認します。

WASAPIを選択すると「スピーカー(iFi (by MAR) HD USB Audio)」が表示される
ASIOを選択してもZEN DACのドライバーは表示されない

WASAPIの「スピーカー(iFi (by MAR) HD USB Audio)」を選択して設定画面を開くと、下の画面のとおりにSupported PCM rates:44.1から384、Supported DSD rates:DSD64, DSD128、MQAについてはMQA Rendererと表示されます。ZEN DACはDSD256にも対応していますが、この画面には表示されません。

WASAPIでの再生

ZEN DACはボリュームまわりに点灯するLEDの色が再生しているオーディオフォーマットによって変わるのでPCM(88.2k / 352.8k)・DSD(128 / 256)・MQAの5種類で確認してみました。

確認に使用した曲はHoff ensembleのアルバムPOLARITYからInnocenceです。

Innocence
フォーマットの異なる同じ曲をプレイリストに登録
タグアイコン(画面右)のクリックでオーディオフォーマットを確認できます

WASAPI再生の場合、DSD256を除いてオーディオフォーマットに従ったLEDの色になりました。DSD256は本来ならLEDは青色になるはずですが黄色(PCM 176/192/353/384kHz)でした。Audirvanaの画面右下でも「32bit / 352.8kHz Stereo」と表示されているのでPCM変換して再生しているのでしょうか。

WASAPIの場合、DSD256は32bit / 352.8kHzとなりLEDは黄色

ASIOでの再生

ダウンロードしたiFi (by AMR) HD USB Audio Driver 3.20.exeを実行すると、AudirvanaのASIO一覧に「iFi (by AMR) HD USB Audio」が表示されるようになり、そこから設定を開くとWASAPIでは表示のなかったDSD256が表示されています。

iFi (by AMR) HD USB Audio Driver をインストールするとASIOにiFi (by AMR) HD USB Audioが表示されるようになる
ASIOではSupported DSD ratesにDSD256も表示される

ASIO Driver SetupのOpenで開く「iFi (by AMR) HD USB Audio Control Panel」の内容についてはnano iONEの記事を参照してください。

DSD256を再生すると、今度はLEDは青になり画面右下の表示もDSD256 Stereoとなりました。

FLAC 24bit 88.2kHz再生時、LEDは緑
FLAC 24bit 352.8kHz再生時、LEDは黄
DSF DSD128再生時、LEDはシアン
DSF DSD256再生時、LEDは青
FLAC 24bit 352.8kHz MQA Studio再生時、LEDはマジェンタ

MQAは、設定によって下表のように再生され方が変わります。MQAをネイティブで再生するには「MQA Renderer」を選択すればよいことがわかります。

Not MQA32 / 88.2 kHz StereoLED = 緑
MQA Renderer32 / 88.2 kHz StereoLED = マジェンタ
MQA Decoder32 / 44.1 kHz StereoLED = 緑

ASIOドライバーをインストール後のWASAPI

ASIOドライバーをインストールした後で再びWASAPIに戻してみると設定画面の様子が以前と異なっています。

Supported PCM rateから384がなくなり192までになっています。Supported DSD rateはDSD not supportedです。MQAはMQA Rendererのままです。

システムのコントロールパネルも様子が変わっていました。

384000 Hzがなくなり192000 Hz止まりです。かわりにビット深度が16 / 24 32 bitから選択できます。

ASIOドライバーをアンインストールすれば元に戻るのでしょうか。

入力と電源供給

ZEN DACはUSB入力のみのDACでS/P DIFなどの入力端子はありません。また電源はUSBのバスパワーでもACアダプターからも供給することができます。

ZEN DAC
リアパネル中央右にUSB3.0端子、右にACアダプター用端子

※UAB3.0のケーブルは付属していますが、ACアダプターは付属していません。

付属のRCAケーブルとUSB3.0ケーブル

製品マニュアルには以下のように記載されています。

ヒント:Zen DACは5Vで稼働します。USBバスパワーでも動作しますが、iFiの iPower 5Vといった超低ノイズ電源アダプターを使用して、電源の品質を上げることができます。

http://ifi-audio.jp/_src/6372/iFi-ZEN-DAC-Manual-Ver1.0J.pdf

アナログ出力は可変/固定、バランス/アンバランス対応

フロントパネル中央のボリュームは、リアパネルのスイッチがVARIABLEの時に有効になります(FIXEDで固定) 。 これはリアパネルのラインアウト(バランス/アンバランス共)の話で、フロントパネルのヘッドホンアウト(バランス/アンバランス共)は常にボリュームは有効です。※ヘッドホンアウトのバランスでは未確認

ZEN DAC

アンバランス出力は一般的なRCAでケーブルも付属しますが、バランス出力は4.4mmでケーブルも付属しません。バランス入力を持つ据置タイプのアンプやアクティブスピーカーは標準的なXLRが一般的で4.4mm端子を見かけることはないので、変換ケーブルが必要になります。

TOP WINGから4.4mm to XLR(オス)x 2のYケーブルが発売されたので、バランスアウトする場合はこちらを使うと良いでしょう。同様のケーブルは他に見かけませんし、見つかったとしてもバランス結線されていないものもあるようです。

※LotooのPAW 6000やPAW Gold TOUCHも4.4mmバランスアウトですから、一本持っておくと重宝しそうです。

ZEN DACとアクティブスピーカーでシンプルに高音質再生を実現

ボリュームコントローラーを装備したZEN DACは、アンプを内蔵した高音質アクティブスピーカーとの組み合わせに適しています。

コンパクトなシステムにしたければ、IK MultimediaのiLoud Micro Monterが最有力候補です。ウーハーとツイーターをそれぞれ内蔵の専用アンプで駆動するバイアンプ(左右で計4台分のモノラルアンプ)方式は価格を遥かに上回る音質で他を圧倒します。

ZEN DACはUSB入力専用ですからBluetoothを利用することができません。iLoud Micro MoniterはBluetoothを内蔵しているため、ZEN DACからの入力だけでなくスマホやタブレットの音楽もワイアレスで楽しむことができます。

 

ハイレゾを活かしきるHEDDアクティブスピーカー

ZEN DACの最大の魅力はPCM、DSD、MQAとあらゆるハイレゾフォーマットに対応していることです。

この特性を活かしきるためにはスピーカーは高音質でワイドレンジである必要があります。ドイツ ベルリンで生産しているHEDDアクティブスピーカーは高音質であることは言うまでもありませんが、どの機種も50kHzまでをも再生するツイーターAMT(Air Motion Transformer)を搭載しZEN DACのポテンシャルを十二分に発揮できる最高のパートナーです。

AMT(Air Motion Transformer)

バランス(XLR)、アンバランス(RCA)両対応ですから好みの接続方法を選択してください。

スライドスイッチで入力をバランス/アンバランスに切り替え

ZEN DACとHEDDアクティブスピーカーのバランス接続を可能とするYケーブル

高域再生能力はシリーズ共通。低域再生能力でチョイスできます。

Audirvana、TuneBrowser、JRiver Media CenterでZEN DACを使う場合のチェックポイント

ZEN DACの特徴の一つは低価格ながらもハイレゾに幅広く対応している点ですがZEN DACを使う際の再生アプリ選びも大切です。

MQA再生ならAudirvana

次世代ハイレゾフォーマットと言われているMQAをZEN DACで再生するには再生アプリがMQAレンダラーに対応していなければなりません。AudirvanaはMQA対応アプリですからMQA再生ならAudirvana一択です。※他に選択肢が無いわけではありませんが一般的とは言い難いアプリになります

チェックポイントは、オーディオデバイス設定で「MQA Renderer」にしておくことです。

補足1)TuneBrowser、JRiver Media CenterでMQAファイル再生は可能ですが16bit44.1kHzになります。(ZEN DACのLEDが緑色)

補足2)MQAデコーダーを搭載したDAC(MYTEKやM2TECH)は再生アプリを選ばずMQAを再生できます。

DSD256、PCM384kHzは3アプリ共に対応

DSD256、PCM384kHzは3つのどのアプリを選んでも構いません。

JRiver Media Centerは、オプション > オーディオ > ビットストリーミングを「DSD」にしましょう。AudirvanaとTuneBrowserは特に設定変更しなくてもDSDを再生できるはずです。

フォーマットごとの聴き比べにはTuneBrowserが便利

MQAを除いては3つのどのアプリを使っても構いませんが、オーディオフォーマットによる音の違いを聴き比べるにはTuneBrowserが便利です。

TuneBrowserのツリービューには、はじめからフォーマット別に分類する項目があります。

JRiver Media Centerはカスタマイズすることでフォーマット別に表示できます。Audirvanaは一曲ごとに情報を確認しなければなりません。

絶賛発売中!

各種クレジットカード(キャッシュレス・ポイント還元対応)、銀行振込(iFi audio その他ブランドのクーポン利用)でオンライン・リアル販売しています。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする