Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

ADAM T5V:リスニングやDTMに最適な高音質アクティブスピーカー

正規輸入品

ADAM AudioのエントリーとなるTシリーズの中から5インチウーハー搭載のコンパクトなアクティブスピーカーT5Vの紹介です。

T5Vとは

5インチポリプロピレンウーハーとU-ARTツイーターを搭載した2ウェイアクティブスピーカーです。内蔵アンプにはウーハー用の50WクラスDアンプとU-ARTツイーター用の20WクラスDアンプを搭載し、クロスオーバーはDSPで制御されています。

スタジオモニターのワールド スタンダードADAM Audio(ドイツ)のエントリーモデルであり、リスニング用途にも適したスピーカーです。

T5V
U-ARTツイーター(上)と5インチウーハー(下)の2ウェイアクティブスピーカー

サイズは高さ298 mm x 幅179 mm x 奥行き297mmとコンパクトで、デスクトップにもテレビ用スピーカーにも場所をとりません。

XLRバランス/RCAアンバランス入力で様々な機器に接続可能

リアパネル右下にXLR入力端子とRCA入力端子を装備しスライドスイッチで入力を切り換えます。接続機器によってバランスにもアンバランスにも対応する親切設計です。

入力端子の上にはレベル調整ノブ(-60 ~ +18 dB)と、リスニング環境への最適化や、好みに合わせた音響調整が可能なDSPによるスイッチ型のハイ/ロー・シェルビングEQ(– 2/0/+2 dB)を搭載しています。

T5V

ルームチューニング後の周波数特性

  • MEMS Microphone:下中央
  • USB MIX:キーボード左
  • Room EQ WizardとT-RackS Classic Equalizer:PCディスプレイ

部屋の癖をEQで取り除いてT5Vの本領を発揮できるようにしました。

今回はT5Vの魅力的な価格を考慮して、測定・補正機器も極力低予算で収まるものを選んでいます。

  • 測定マイク:MEMS Microphone (IK Multimedia)
  • オーディオインターフェイス:USB MIX (ART) ※マイクアンプ&アナログデジタルコンバーターとして使用
  • ルームイコライザー:T-RackS Classic Equalizer (IK Multimedia)

    この他、測定時にはAXE I/O (IK Multimedia)をDACとして使用しています。

無償で入手できるT-RackS Classic Equalizerは、ルームイコライザーとしては2バンドのパラメトリックイコライザーとしてしか使えませんが、ルームチューニングとしての要所を抑えることはできます。左右チャンネル独立にイコライジングできる点もルームチューニング向きと言えます。

ルームチューニング後のL(緑)とR(赤)の周波数特性

補正後のサウンドチェック

補正後の確認にはDACとしてARTのUSB MIXを使いました。これもT5Vにあわせて低価格なDACを使うことが狙いです。

T5Vに限ったことではありませんが、ルームチューニング前後の音質の違いは一目瞭然です。チェックでよく使うAlicia KeysのDoesn’t Mean Anythingですが、キックの音の改善は勿論のことメロタムのリアリティが増した点が印象的でした。

T5Vの音を端的に述べると”価格を逸脱した高音質スピーカー”であると言えます。T5VをPC・スマホ・その他のプレーヤーに繋ぐだけでも十分に満足してもらえると思いますが、是非ともルームチューニングした状態で使って欲しいところです。ルームチューニングしただけで音質のランクが格段に上がるからです。

同社フラッグシップのS2Vとは1/10の価格差がありますから比較しようもありませんが、音のキャラクター的にはロック系などのポピュラー音楽を中心にT5Vが好まれる場合もあるでしょう。

ADAM T5Vではじめるスピーカー ライフ

ADAM T5Vは一台ごとに二系統のアンプを内蔵した本格派であるにもかかわらず、ペアで4万円を切る大変リーズナブルなアクティブスピーカーです。

少なくともアンプとスピーカーをあわせて4万円以下のシステムを利用している場合は、ADAM T5Vに置き換えることで音質の大幅なグレードアップが期待できます。

ホームオーディオ製品で揃えるとなると2万円以内のスピーカーと2万円以内のアンプの組み合わせが考えられますが、この予算で二系統のアンプを高域用と低域用に振り分けることのできるシステム(バイアンプ)はまず存在しません。一般的なステレオアンプをスピーカーに接続する例として、日本で絶大な人気を誇るD社(デンマーク)のペア最安値29,800円のスピーカーと実売2万円以下のアンプの組み合わせをADAM T5Vと比較してみるとよいでしょう。

関連記事:アクティブスピーカーのすすめ for Music Lovers

Audirvana Remoteを立ち上げたiPad mini 4
ADAM T5Vのコンパクトさがおわかりいただけるかと思います

まずはADAM T5Vの高音質をストレートに楽しんでください

スマホやPCで音楽を聴いているならADAM T5Vにつなぐだけでも今まで聴いていた音楽の音質がグレードアップします。

スマホやウォークマンなどのDAPはYケーブルとRCA(ピン)ケーブル2本でT5Vにつながります。

YRA-154
YRA-154
YRA-167
YRA-167
HRR-000
HRR-000

スマホやDAPのイヤホンジャックにYRA-154(またはYRA-167)を差し込んで2本のHRR-000とYRA-154(またはYRA-167)をつなぎます。HRR-000をT5Vに接続するとスマホ(DAP)の音がT5Vから出力されます。スマホ(DAP)で音量調整します。

バランス出力付きのDACやプレーヤーはXLRケーブル2本でT5Vにつながります。

HMIC-000
HMIC-000
HSX-000
HSX-000

DACやプレーヤーの出力端子がXLRならHMIC-000でT5Vと接続します。DACやプレーヤーの出力端子が1/4PhoneのTRSバランスならHSX-000でT5Vと接続します。

音量調整できないDACやプレーヤーはUSB MIXをボリュームコントローラーとして間に挟みます。

DAPやDACがポータブル規格のバランス出力端子なら変換ケーブルを介してXLRケーブルでT5Vに接続できます。

RCAとXLRのどちらへも入力切換できて様々な機器に接続できる点もT5Vのメリットです。

スピーカースタンドは最初から用意したい

スピーカースタンドの役割は重要で人にとっての靴のような存在ですからT5Vとあわせて使用してください。IsoAcousticsのISO-155はリーズナブルプライスの良品でT5Vに最適なスピーカースタンドです。セットがお得です。

ISO-StandsシリーズのISO-155がT5Vに最適です。

Apertaはアルミ削り出しの上位機種です。

関連記事:デスクトップオーディオの必需品 IsoAcoustics スピーカースタンド

ADAM T5Vのメリットを最大限活かすシステムアップ

ADAM T5Vに限ったことではありませんが、スピーカーの本来のポテンシャルを引き出すにはルームアコースティック対策を避けて通るわけにはいきません。

いくつかの対策手段を選択できますが、何れの手段を取るにしてもマイクによるルーム測定で問題点をクリアにすることから始める点に変わりはありません。

音響パネルによるルームアコースティック対策も進歩しています。Primacoustic社(カナダ)のキット製品やKOTOBUKI(日本)の各種パネルは比較的導入が容易な価格になっています。

ルームイコライザーによるルームアコースティック対策は、PCを利用することで予算に応じた対策ができる柔軟性も魅力です。

音響パネルとルームイコライザーによるハイブリッド型も効果的です。

ADAM T5Vのコストパフォーマンスを活かす意味でも、測定にはできるだけコストを掛けない機器を揃えることが望ましいと言えます。

例えばこのような測定用機器のチョイスです。

測定用マイクは1万円以下と低価格ながら安定性の高いIK Multimedia MEMS Microphoneです。本来はARC System 2.5専用マイクですが、Room EQ Wizardなどでも差し支えなく利用できます。

測定用マイクで拾った音をPCに取り込むには、マイクアンプとPCに接続可能なADC(アナログデジタルコンバーター)が必要になります。ART USB MIXはマイクアンプを内蔵したADCで価格も1万円台とリーズナブルなUSBオーディオインターフェイスです。

マイクとオーディオインターフェイスはXLRケーブルで接続します。測定に使うために高価なケーブルは要りませんからHOSAのHMICシリーズが手頃です。安価と言えどもプラグは信頼性の高いノイトリック社を採用しています。

HMIC-000
HMIC-000

マイクはマイクスタンドに取り付けることで信頼性の高い測定ができます。こちらも家庭で使う分には高級品は必要ありません。

上記の様な機器は、良い音で音楽を楽しむために実に有効なツールなのですが、オーディオショップで入手することはできません。

純正サブウーハーでリッチなサウンドにグレードアップ

ADAM T5Vはサイズと価格から考えて十二分の低域再生能力があります。量感とスピート(タイトさ)を兼ね備えた良質な低音です。

そうは言ってもローコストスピーカーの5インチウーハーには限界があるのも事実です。ADAM Audioはこれを補うオプションとしてTシリーズとのマッチングを考慮したサブウーハーT10Sを提供しています。

10インチ ウーハー搭載で28Hzまでカバーしながらも幅318 mmとコンパクトです。

T10S
ADAM T10S

低音再生能力が増すと、低域がよく出るようになるばかりでなく音楽全体がより豊かな表現力で再生されることに気付きます。

末永く使える嬉しい5年間保証

スピーカーは一般的なデジタル機器と異なり使い方次第で5年~10年以上と長く付き合えるアイテムです。T5Vの保証は、修理作業を含めた代理店保証が1年間、2年間の部品保証、製品登録によって5年間に延長と極めて手厚い内容です。

ショッピング

購入

クレジットカード

ADAM AUDIO | T5V ※ペア

ADAM AUDIO | T5V ※ペア

¥39,600

今すぐ購入する

銀行振込

数量:

更に小さなスピーカーなら

幅9cmの高音質アクティブスピーカー。Bluetoothでワイヤレス。

iLoud Micro Monitor

更にシンプルな構成にするなら

ハイレゾ対応DACも内蔵した高音質・高機能アクティブスピーカー。

Airpulse A80
Airpulse A80

製品情報

  • 新開発のHPSウェーブガイドと1.9” U-ARTツイーター
  • 5” ウーファー(ポリプロピレン)とリアファイヤリング型バスレフポート
  • アンプ合計出力:70 W(RMS)
  • 周波数特性: 45 Hz – 25 kHz
  • Max. SPL: ≥106 dB(ペア @ 1m)

T5Vは非常に手頃な価格の2ウェイ・モニターで、自宅スタジオや小規模なコントロールルームに最適な製品です。

T5Vは5インチのウーファーを搭載しており、45 Hzまで伸びた低域再生能力を持っています。新たに開発されたU-ARTツイーターは、25kHzまでの高域が再生可能で、高解像度が求められるレコーディングやミキシング作業にも対応しています。U-ARTツイーターには、ADAM AudioのフラッグシップSシリーズモニターでも使用されているHPS(High-frequency Propagation System)と同様のウェーブガイドが使用されており、高域における均一な放射特性が実現されることで、非常に広いスイートスポットを提供します。これにより、限られたリスニングポジションに縛られることなく、自由に作業を行うことができます。

フロントに面取りが施されたキャビネットにはリア・ファイアリング型のバスレフポートがついており、そのコンパクトなサイズによって、スペースの限られた場所でも問題なく使用することができます。クロスオーバーとイコライジングは内蔵されたDSPによって制御され、入力部にはRCAとXLRのアナログ接続が用意されています。ウーファー用の50WクラスDアンプとU-ARTツイーター用の20WクラスDアンプを搭載したT5Vは、ペアで最大106dBのSPLを再生可能です。優れた音響特性、コンパクトなサイズ、そしてその並外れたコストパフォーマンスにより、音楽、映像、放送制作における小規模なコントロールルームでの使用に最適です。 よりディープな帯域のモニタリングには、ADAM Sub7およびSub8サブウーファーと組み合わせて使用することをお勧めします。

製品の特徴

1.9” U-ART ツイーターの搭載

  • ​空気を4:1の比率で効率よく動かし、複雑な高域トランジェントもダイレクトに素早く再生
  • 長時間の使用でも耳が疲れにくい
  • 折りたたまれたダイアフラムがブレイクアップを防ぎ、ひずみを最小限に抑える
  • 従来のピストン型のツイーターと比べ約2.5倍の有効面積があるため、優れたダイナミックレンジを実現

5″ウーファーを搭載した2way縦型モニター

  • ​解像度の高いステレオイメージ

最大SPL:≥ 106 dB(ペア@1m)

  • 大音量の再生でもコンプレッションとは無縁のパワフルな音

ハイ/ロー・シェルビングEQによるシンプルな音響調整

  • リスニング環境への最適化や、好みに合わせた音響調整が可能

2年間の部品保証、製品登録によって5年間に延長可能

  • 最大で5年間の部品保証
  • 修理作業を含めた代理店保証は1年間

S SERIESから継承したHPSウェーブガイド

  • 指向特性を均一にし、広いリスニングエリアで安定したブレの少ない音像を実現
  • ミキシングコンソールや机などによって生じる一次反射を低減

リアファイヤリング型のバスレフポート

  • コンプレッションの少ない豊かな低域再生

DSPによるクロスオーバー設計

  • 音楽的に重要なミッドレンジ帯域において、ユニット間の干渉を防いだスムーズな周波数特性

音響的に最適化されたキャビネット形状

  • キャビネットによって発生する余計な反射を低減

軽量なポリプロピレン製ウーファー

  • 大音量の再生でもダイアフラムのブレイクアップを防ぎ、優れたトランジェント・レスポンスを実現

リニアな周波数特性:45 Hz 〜 25 kHz

  • 幅広い帯域で色付けのない再生能力

XLRとRCAに対応したアナログ入力

  • バランス型とアンバランス型に最適化されたライン信号入力

​コンパクトなサイズ

  • 6畳間などの狭いスぺースに最適化されたコンパクトなキャビネット設計

仕様

ウーファー

ユニット数1
ドライバー口径5″ (127 mm)
コーン素材ポリプロリピレン

ツイーター

ユニット数1
タイプU-ART
ダイアフラム面積4 inch² (2420 mm²)
同等ダイアフラム径1.9″ (48 mm)
ベロシティ変換比率4:1
ダイアフラム重量0.17 g
ウェーブガイドHPS

 内蔵アンプ

アンプ数2
ウーファー1
タイプPWM
アンプ出力(RMS)50W
ツイーター1
タイプPWM
アンプ出力(RMS)20W

コントロール機能

入力感度+4 dBu / -10 dBV 切り替え可能
ゲイン調整可能
ハイシェルフEQ– 2 dB, 0 dB, +2 dB
ローシェルフEQ– 2 dB, 0 dB, +2 dB

 入力コネクタ

アナログ入力XLR, RCA
入力インピーダンス10 kOhm / 20 kOhm

 一般データ

パネルリア
周波数特性45 Hz – 25 kHz
THD > 80 Hz0.5 %
Max. SPL≥106 dB(ペア@1m)
クロスオーバー周波数3 kHz
最大消費電力132 W
重量5.7 kg
高さ x 幅 x 奥行き298 mm x 179 mm x 297mm
保証通常2年間、製品登録で5年に延長
付属品パワーコード、クイックスタートガイド
タイトルとURLをコピーしました