アクティブスピーカーをおすすめする理由 for Music Lovers

音楽がもっと好きになる。高音質アクティブスピーカーは音楽鑑賞に最適なスピーカーです。最高の音質が省スペース・高いコストパフォーマンスで手に入ります。

Bluetoothスピーカー、PCスピーカー、パッシブスピーカーのステップアップに高音質アクティブスピーカーをおすすめします。
余った予算をルームアコースティックのためのイコライザーに回せば、もう元には戻れない異次元空間に突入します。

ADAM Audioキャンペーン

音楽鑑賞用には”パッシブスピーカーが優れている”との考えが根強く残っています。しかし実際は音質・省スペース・コストパフォーマンスの何れをとってもアクティブスピーカーが有利です。後は好みの問題です。

HEDD AudioHEDD-Japan のサイトでは自社製品を次のように紹介しています。

”音楽制作、放送、そして設備音響、等の全てのセグメントに対して最新のアナログ技術によるスタジオモニターを生産しています。”

このようにオーディナリーサウンドが販売しているiLoud Micro MonitorやHEDDアクティブスピーカーは、元々は音楽制作用途を主眼に置いた製品です。

※オーディナリーサウンドでは”スタジオモニター”をより馴染みやすい”アクティブスピーカー”と敢えて呼び変えています。

「プロが使うスタジオモニターを家庭リスニング用に使うのは邪道では?」

そのように思うのも無理はありませんが、実は家庭用途としてもホームオーディオ製品に勝るとも劣らないベストソリューションなのです。

S6X

大型(幅90cm)のスタジオモニターADAM SX6 ※受注生産

マイクロサイズ(幅9cm)のスタジオモニターiLoud Micro Montor

スタジオモニターも用途別にサイズは様々です

アクティブスピーカーとは

アクティブスピーカーとはアンプを内蔵したスピーカーです。スピーカーはこのアクティブスピーカーとアンプを内蔵していないパッシブスピーカーに分類されます。

アクティブスピーカーと一言でいっても用途・内容・価格は多種多様で、多くの場で正当に評価されていないのが現状です。そこでまずアクティブスピーカーを分類していきます。

アクティブスピーカーの分類

アクティブスピーカーは次の5種類に分類できます。

  1. Bluetoothスピーカー
  2. PCスピーカー
  3. スタジオモニター
  4. PAスピーカー
  5. その他のスピーカー

Bluetoothスピーカー

最も知られているアクティブスピーカーといえばBluetoothスピーカーでしょう。ワイヤレスでスマホやPCとつながり、バッテリー搭載でどこへでも持ち出せる手軽さが人気の理由といえます。

iLoud

Bluetoothスピーカーは更にポータブルと据え置きに分類することができます。据え置き型の中には一般的なステレオスピーカーと同様に左右チャンネルが別々の筐体になった機種もあります。

PCスピーカー

PCで音声を扱えるようになった頃から登場したアンプを内蔵した簡易的なスピーカーです。後にUSBでPCとつながる機種も登場しました。大半はこのPCスピーカーのことをアクティブスピーカーと呼んでいますが、ここでの説明のとおりにPCスピーカーはアクティブスピーカーの一部、しかも最も安価なクラスに過ぎません。

mp3やYouTubeならこの程度のスピーカーで十分とも言われますが、これは大きな誤解でより良いスピーカーが望まれます。そうしなければmp3やYouTubeの音質を発揮することはできません。

PCスピーカーは、片方のスピーカーにアンプを内蔵しただけで音質にはそれほど期待できない”簡易的なアクティブスピーカー”です。※もう片方はパッシブスピーカーです。

スタジオモニター

レコーディングスタジオで使われるスピーカーです。スタジオモニターはアクティブタイプとパッシブタイプがありますが、かなり以前からアクティブタイプが主流になっています。アクティブタイプのスタジオモニターはパワードモニターとも呼ばれます。

S6X
アビイ・ロード スタジオでも有名なドイツAdam Audio

デジタル機器の発展により自宅でレコーディングするスタイルが広まったことから、スタジオモニターも個人で入手可能な価格レンジに入ってきましたが、流通経路の関係で量販店やオーディオ専門店で見かけることはまずありません。

「スタジオモニターは音の粗探しをするスピーカーだからリスニングには不向き」との考えは大きな誤解です。録音された音楽はスタジオモニターで聴いた結果を作品としてリリースするわけですから、モニタースピーカーはリファレンススピーカーとしての役割も果たしています。

ADAM Audio S2VやHEDD Type 20はメインのスタジオモニターとしても活躍中の実力の持ち主です

オーディナリーサウンドが主にアクティブスピーカーと呼んでいるのはこのスタジオモニターのことで、家庭での音楽鑑賞に最も優れた一押しのスピーカーです。

PAスピーカー

PAスピーカーはライブハウスやコンサート会場でオーディエンスに音楽を届けるためのスピーカーです(同時に演奏者のモニター用としても使われる)。

スタジオモニターと同様にアクティブタイプとパッシブタイプがあります。

”コンサートの生の音”とは言っても実際はこのPAスピーカーの音を聴いている場合がほとんどです。「PAスピーカーは”拡声器”だからリスニング用ではない」も大きな誤解です。PAスピーカーの代名詞Electro-Voiceのスピーカーは部屋で何機種も聴いてきましたが、ホームオーディオのスピーカーよりも高コストパフォーマンスの音を聴かせてくれます。

その他のスピーカー

用途的にはPCスピーカーの延長線にあり、内容的にはスタジオモニターの系列に入るスピーカーも少ないながら存在します。

中でもAirpulseは意欲的な製品で、ホームオーディオの同様のアクティブスピーカーとは一線を画しています。

アクティブスピーカーの数多くのメリット

アクティブスピーカーといっても前述のように様々な種類がありますが、その中でも家庭内の音楽鑑賞に適したアクティブスピーカー(スタジオモニター)がパッシブスピーカーに比べて何故優れているのかについて説明します。

省スペース

for Music Lovers

何と言っても省スペースであることは、(メカマニアではない)純粋に音楽を聴くことが好きな方々にとっては喜ばしいことです。

昭和の時代ならオーディオと言えばステレオ3点セット(アンプ・レコードプレーヤー・FMチューナーが一体になったコンソールと左右スピーカーの3点)が主流で、応接セットと共にステータスシンボル的存在だったかと思います。しかし現代のライフスタイルには大き過ぎて邪魔者扱いになってしまうことでしょう。そこで一定以上の音質で聴くために通常は何らかのプレーヤーとアンプ、そしてスピーカーを組み合わせて使っています。

オーディオの歴史

アクティブスピーカーはスピーカーにアンプを内蔵したことで大幅な省スペースを実現した現代のニーズに応えたデザインのスピーカーです。

アンプ内蔵は音質的に不利なのでは?
そのようなことはありません。音質的に不利ならば、音のプロフェッショナルの厳しい要求に応えることなど到底不可能であることは火を見るよりも明らかでしょう。不利などころかアンプを内蔵することにより音質面でも有利なデザインを実現しています。

小型スピーカーは大型スピーカーよりも音質的に不利なのでは?
アクティブスピーカーはホームオーディオの高級機と比較するとコンパクト(この点でも省スペース)ですが、小型だからといって音質的に不利なことは決してありません。スピーカーは長年進歩が無いように思われていますが、現代的なスピーカーは大きな進歩を遂げています。アクティブ スピーカーは古典的な設計の大型スピーカーよりも遥かに低域性能が優れています。これはカタログスペックからもわかりますし、実際に聴いていただいた方には納得していただいています。

スピーカーの能力を十分に発揮できる設計

高音質スピーカーの条件としてスピーカーユニット(実際に音が出る部分)の性能や優れたエンクロージャー(キャビネットのこと)設計が大前提となります。アクティブスピーカーは勿論この点にもぬかりはありませんが、アンプを内蔵したことも音質向上に大いに意味があります。

パッシブスピーカーは80点を目指す

ホームオーディオの場合、高音質で人気のパッシブスピーカーメーカーの多くはアンプを自ら生産しておらず他メーカーのアンプを選ぶことになります。ですから、パッシブスピーカーは様々なアンプが使われることを想定してチューニングせざるを得なくなり、スピーカーの能力を100%発揮することは困難になります。8割程度の能力を発揮できれば良い方かもしれません。

補足)フィンランドのオーディオメーカーamphionは、ホーム用とプロ用のパッシブスピーカーを作っていますが、同時にアンプも作っている貴重な存在です。専用アンプがあればパッシブスピーカーの場合も能力の10割を発揮することが可能です。

関連記事:amphion:パッシブスピーカーによる「真なる音」の追及

音楽ファンには迷惑なアンプ選び

前述のようにパッシブスピーカーの場合は、80点を目指して相性の良いアンプを選ばなければなりませんが、その選択は最終的にリスナーの判断にゆだねられることになります。人の評価をあてにすると期待していた結果は得られません。
メカマニアなら相性選びを楽しめますが、純粋に音楽を楽しみたいユーザーにとっては有り難くないお仕事です。

アクティブスピーカーなら最初からベストパートナーが付いてくる

アクティブスピーカーはスピーカーとアンプの相性に悩まされることから解放されます。手にした段階から能力を10割発揮できるようにチューニング済みですから、余計な事をせずに”ピュア”に音楽を楽しむことに専念できます。

昔はスタジオでもパッシブスピーカーとアンプの組み合わせだった
現在、レコーディングスタジオでモニターとして使われるスピーカーの多くはアンプを内蔵したアクティブスピーカーです。

パッシブスピーカーからアクティブスピーカーに移行した主な理由は、パッシブスピーカーの場合、スタジオによってアンプが異なることにより音までもが異なってしまうことだと聞きます。

コストパフォーマンス

結論から先に言うと、アクティブスピーカーと同等の音質をパッシブスピーカーとアンプの組み合わせで実現するには、2倍以上の予算を考えた方がよいでしょう。値引きなしでも既に大幅なプライスダウンで手に入るのがアクティブスピーカーです。

ペア4万円クラスのアクティブスピーカーiLoud Micro Monitor
マイクロサイズからは想像もできない高音質も大きな魅力です。

ペア200万円クラスのハイエンドアクティブスピーカーADAM S5H
トップクラスのスタジオでメインの座につくことも可能な実力です。

S5H

コストパフォーマンスが高い理由

  • アンプとスピーカーを一体にすることで部材費用を削減できる。
  • 宣伝や装飾にコストを掛けない。
  • プロ用途前提だから必然的に納得プライス(適正価格)になる。

究極のシステムをスピーカーの中にビルドイン

ホームオーディオ製品はハイエンド機でも1台のアンプで全スピーカーユニットをドライブすることが一般的で、このためにスピーカーのキャビネットの中にネットワークと呼ばれるアナログ回路が入っていますが、この回路が音質・価格面でボトルネックになっています。

スピーカーの大多数はマルチウェイ(2ウェイ、3ウェイなど)

スピーカーの多くは音の高さごとに役割分担された2ウェイや3ウェイなどのマルチウェイ方式です。
2ウェイなら低音域再生を受け持つウーハーと高音域再生を受け持つツイーターの2つのスピーカーユニット、3ウェイなら2ウェイに加えて中音域再生を受け持つミッドレンジの3つのスピーカーユニットで構成されています。

1台のアンプで駆動するパッシブスピーカー

アンプから出力される音声信号は低音域から高音域までの全ての音域なので、各スピーカーユニットに送り出す前に低音と高音(3ウェイなら低音・中音・高音)に音声信号を分割する必要があります。※そうしないとスピーカーユニットを壊してしまいます。

パッシブスピーカーは音域を分割するためにコイルやコンデンサーなどのアナログパーツ(ネットワーク回路)を使いますが、ネットワーク回路では理想的な帯域の分割は困難で優れた特性を得るには相当高価なパーツを使わなければなりません。分割する音域(クロスオーバー)付近の音が不自然になりがちです。

マルチアンプ方式

前述のネットワーク回路による音質劣化を避けるための方式が以前から存在します。
アンプの前段にチャンネルデバイダーという装置を使ってスピーカーユニットに応じた音声信号を分割させます。2ウェイスピーカーなら高低2つに分割された音声信号をそれぞれ別のアンプに送って、アンプは(コイルやコンデンサーを通らずに)スピーカーユニットに接続します。
アンプで増幅する前に予め帯域分割することでネットワーク回路のデメリットを回避するという理に適った方法ですが、多くの点で音楽愛好家向けとは言えないデメリットもあります。

従来のマルチアンプのデメリット

  • 高価:チャンネルデバイダーと複数のアンプが要る
  • 知識と経験が必要:マルチアンプ方式のシステム一式は一般で市販されていないので自力でシステムを構築しなければならない
  • システムが大型化する:多くの装置を使うのでかなりのスペースを確保しなければならない

高音質アクティブスピーカーはマルチアンプ方式をビルドイン

従来のマルチアンプ方式は高音質再生の理想形ですが、前述のように音楽愛好家が手にすることは叶いませんでした。

スタジオモニター(アクティブスピーカー)は驚くべきことにこの理想のマルチアンプ方式をスピーカー内に全てビルドインした究極のスピーカーです。

スピーカーごとにチャンネルデバイダーとマルチアンプがビルドインされ、役割分担された各アンプがそれぞれのスピーカーユニットを駆動します。

従来のマルチアンプ方式はシステムを構成する各装置(チャンネルデバイダー、複数台のアンプ、スピーカーユニット)をそれぞれケーブル接続しなければなりませんが、全てがビルドインされたアクティブスピーカーならその手間とコストも不要です。プレーヤーとアンプを接続するのと同様に、プレーヤーとアクティブスピーカーをつなぐだけです。パッシブスピーカーはスピーカーケーブルでアンプと接続しなければなりませんが、その必要もありません。接続はシンプルそのものです。

正に音楽愛好家向けの高音質スピーカーです。

例)HEDDの各モデルのスピーカーユニットとアンプの構成
マルチアンプ
スピーカーユニットと1対1のアンプを内蔵したマルチアンプシステム

【コラム:真のアクティブスピーカーとは呼びづらい”プチ”アクティブスピーカー】

ADAM Audio、HEDD Audio、iLoud Micro Monitor/ iLoud MTM等はスピーカーユニットをダイレクトにアンプで駆動するアクティブスピーカーですが、他社製品には左右スピーカーの片側にステレオアンプを内蔵してもう片側のスピーカーとスピーカーケーブルで接続するタイプのものも数多く出回っています。 これは単にアンプをスピーカー内部に押し込んだだけで実質的には従来のアンプ+スピーカーのシステムと何ら変わらないものです。※アンプを内蔵していないもう片方には一般的なスピーカーケーブルで接続します。

これでは本来のアクティブスピーカーの音質的なメリットは得られず、省スペースだけがメリットの簡易的なスピーカーと捉えるべきです。※高価なスピーカーでさえもこのようなものも存在します。一般的にはアンプ内蔵スピーカーの総称をアクティブスピーカーと呼んでいますが、オーディナリーサウンドは上記の簡易的なアクティブスピーカーをセミアクティブスピーカーと呼んだりしています。 アクティブスピーカーとパッシブスピーカー 簡易的なアクティブスピーカー(図右のセミアクティブスピーカー)では本来のアクティブスピーカーのメリットは得られません

関連記事:

更に一歩前進したアクティブスピーカーも

アクティブスピーカーの進化は留まることを知りません。

iLoud MTMやADAM Sシリーズはルームアコースティックとの親和性をも考慮した正に音楽再生のための次世代スピーカーといえます。

高音質に音楽を聴くためのキーワードとして”ピュアオーディオ”、”ハイレゾ”、”ビットパーフェクト”などがあります。 しかし、これらの...

アクティブスピーカーとプレーヤーのつなぎ方

高音質なアクティブスピーカー(スタジオモニター)はスタジオなどで使用することが前提あることから接続はRCA端子(アンバランス)ではなくXLR端子(バランス)が標準です。※最近はRCA端子とXLR端子が両方ついたものも増えてきました。

バランス入力のXLR端子(上)とアンバランス入力のRCA端子を備えたアクティブスピーカーも充実してきてホームオーディオやPC、スマホにも接続しやすくなりました。

写真のADAM Audio Tシリーズはスライドスイッチでバランスとアンバランスを切り換えます。

スピーカーケーブルは不要です!
アクティブスピーカーにスピーカーケーブルは使いません。アクティブスピーカーの入力端子はアンプの入植端子に相当するのでラインケーブルを使用します。

ラインケーブル一覧

ボリュームコントロール可能なDACやオーディオインターフェイスが相性良好

ZEN DAChip-dacUSB DIのようなボリュームコントローラー付きのDACは、アクティブスピーカーの音量調整を快適にします。

ミュージックPCの場合は、DACとしてオーディオインターフェイスを利用すると大抵の場合はバランス接続できるため、アクティブスピーカーの持ち味を十分に発揮することにつながります。ホームオーディオでバランス出力対応のDACを選ぶよりもコストパフォーマンスの高い選択ができます。

アクティブスピーカーに役立つアクセサリー

RCA出力端子のプレーヤーをXLR端子のアクティブスピーカーに接続する時のために、アンバランス to バランス変換ボックスがあります。

また、PCスピーカーなどの簡易的なアクティブスピーカーと異なり通常はスピーカー前面にボリュームノブがついていません。このためプレーヤー側で音量調整します。音量調整できないプレーヤーの場合は、プレーヤーとアクティブスピーカーの間にボリュームコントローラーを接続します。※プレーヤー本体で音量調整できなくてもスマホアプリで音量調整できる場合があります。

音量調整できないプレーヤーの場合はボリュームコントローラーが便利!

一押しのアクティブスピーカー

コストパフォーマンス抜群のアクティブスピーカーADAM T5V / T7V

高級なツイーターART搭載でマルチアンプ方式のドイツADAM AUDIO Tシリーズは、ペアで4万円台(T5V)、5万円台(T7V)と破格プライスです。

更に2020年7月まで20%OFFプロモーション!!

関連記事:ADAM T5V:リスニングやDTMに最適な高音質アクティブスピーカー

関連記事:ADAM T5V/T7V:アクティブスピーカーで始める極楽オーディオライフ

一人でも多くの方にアクティブスピーカーの素晴らしさを知って欲しいので一押しです。中でもT7Vを特におすすめします。設置スペースに制約があればT5Vです。

ベストセラーのA7XやハイエンドのS2Vを上位機種に持つTシリーズは、ADAM AUDIOならではのコストパフォーマンスのアクティブスピーカーです。

オーディナリーサウンドはADAM AUDIOの正規取り扱い店舗です ADAM A...

マイクロサイズのアクティブスピーカー iLoud Micro Monitor / iLoud MTM

ADAM AUDIO Tシリーズよりも小さなスピーカーをお望みなら、イタリアIK MultimediaのiLoudシリーズです。

iLoud Micro Monitor
iLoud Micro Monitor

サイズからは信じがたい高音質のiLoud Micro MonitorはBluetooth内蔵で多用途、一回り大きなiLoud MTMはルームアコースティックの問題さえも自己解決する最先端のアクティブスピーカーです。

ハイエンドのアクティブスピーカー S2V / Type 20

ADAM TシリーズやIK Multimedia iLoudシリーズで物足りなければ、ドイツHEDD AUDIO Type 20やドイツADAM AUDIO S2Vがおすすめです。

Type 20
HEDD Audio Type 20

S2V
ADAM Audio S2V

関連記事:ADAM AUDIO Sシリーズの隠れた魅力

最高の音質を省スペース・高いコストパフォーマンス(ぺア40~50万円)で手に入れられる最たるアクティブスピーカーです。

同じ生みの親を持つ両機は甲乙つけがたく、デザインや設置スペースで決めても間違いありません。

IK Multimedia ロゴ
reProducer
hedd-logo