ネットショップのクレジットカード利用を再開! ショッピングガイド

PSI Audio– tag –

Handmade with passion in Switzerland since 1977 and built to last for a lifetime.

アクティブスピーカー
アクティブベーストラップ
サブウーファー
A215-M

HISTORY

PSI Audio(以下、PSI社)は、Alain Roux により1977年に設立されました。その目的は、電気信号を可能な限り正確に音響信号に変換し、自然な音の微妙なディテールをすべて再現することにありました。

製品は、パッシブラウドスピーカー(家庭用およびスタジオ用)や大型のPAシステムからスタジオモニターまで、測定器とともに進化してきました。80年代末には Rowen(スイスのHiFiブランド)の生産を開始しました。1992年、当社はSTUDERのアクティブ スタジオ モニター(A523、A1、A3、A5)の開発と製造を行うことになりました。

2004年、STUDERは Harman に買収され、モニターを販売することができなくなりました。この段階でPSI社は、STUDERのために開発していた技術を基に、PSI Audio ブランドを再び立ち上げました。

スタジオモニターの場合、デザインに創造性を発揮する余地があまりないので、PSI社はブランドのカラー アイデンティティとして “Studio Red” を選びました。”Studio Red” は時代を超えた差別化要素として選んだ当社のコーポレートカラーで、売上の90%を占めています。特注ではブラックとホワイト、ご要望に応じてその他の色もご用意しています。

AOI: ADAPTIVE OUTPUT IMPEDANCE (on all 3 drivers)

磁石のコイルが動くことで発生する電流を利用して、アンプの出力インピーダンスを周波数に応じて変化させるモーションフィードバック方式を採用しています。 膜鳴りなどのドライバーの物理的特性を補正することで、音の色付けを回避しています。 目的は、すべての周波数で同じダンピングファクターを実現することと、アンプからドライバーを経てウェーブガイド、そして密閉またはポート付きキャビネットへのインピーダンスを制御することです。

AOI回路図をご覧ください。

AOI回路図
AOI回路図

CPR: PHASE COMPENSATION

位相の正確さはトランジェントだけでなく、完璧なステレオイメージを実現するために最も重要です。リスニングの際、私たちはそれぞれの耳の間で認識される位相差によって 音源の方向性を識別します。方向性は連続した音ではなく、衝撃音によって最もよく認識されます。そのため、衝撃音を構成するすべての周波数が同位相であり、時間的に分散していない(たとえ非常に短い時間であっても)場合に、方向が最もよく識別されます。

私たちが位相差を感じるのは、耳と耳の間の距離が約18cmのときです。この距離は、高周波数では1周期以上の位相差を表し、低周波数では検出できないほど小さな位相差となります(100Hzで約19°)。したがって、私たちは通常 200〜300Hz の間と 2000〜3000Hz までの位相に敏感です。残念ながら、すべてのフィルター(デジタル、アナログ、アコースティック、メカニカル)は位相に影響を与え、長い波長を短い波長よりも遅くしてしまいます。

ニュートラル フェーズ モニターは、高域を遅らせて低域が追いつくのを待つことで音の到着を揃えています。スタジオモニターのレイテンシーの許容範囲は 1ms以下とされています。A23-Mでは、約150Hzまでの オールパスフィルター によって位相が最適に補正され、レイテンシーは0.5msとなっています。

STEP RESPONSE

AOIとCPRの効果は、インパルス応答によく現れています。一般的なスピーカーは、方形信号を受信すると高音域から再生を開始し、その後 低音域がやや遅れて再生されます。

A23-Mは、0.5ms待ってから150Hz以上のすべての周波数を同時に再生します。より垂直なステップレスポンスは、トランジェントをより良く・よりダイナミックに・より自然に表現します。

位相とインパルス
1