Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

About

for Music Lovers

OrdinarySound(オーディナリーサウンド)は、豊かな音楽生活を送っていただくために役立つ情報を発信すると共にオーディオアイテムの販売を行っています。

リスナーはもとよりミュージッククリエイターにも利用していただけます。

Complete Audio by OrdinarySound

オーディナリーサウンドは従来の機器販売だけのショップではありません。音楽をいい音で聴くために必要不可欠なモノとコトをお届けするソリューション”コンプリート オーディオ”を提供します。

Vision:
誰もが音楽をいい音で快適に楽しむようになる

Mission:
高音質化と快適リスニングのための商品・サービス提供

Story

衣食住音 – 音にもクォリティを求めたい

音楽は人とは切っても切れない存在です。いつの時代でも、どんな国でも、世代や性別にかかわらず愛され続けているのが音楽です。

音楽は趣味や娯楽の範疇を超えて衣食住に並ぶ人にとって必要不可欠な存在と言っても過言ではありません。

寒さ暑さをしのげればどんな服でも構いませんか?

栄養さえ摂れればどんな食事でも構いませんか?

雨風をしのげればどんな家でも構いませんか?

誰もが自分に似合った服を身に着け、美味しい食事をして、暮らしやすい家に住みたいと望んでいるはずです。

それでは、音楽の聴きかたはどうでしょうか。

スマホのスピーカーや付属のイヤホンでも音楽を聴くことはできますが十分なクォリティとはとてもいえません。量販店やネットショップの多くのオーディオ機器でさえ同様です。

衣食住に求められるクォリティと同じく、音楽もより良い音(十分なクォリティ)で聴くことが充実した豊かな生活を実現することにつながります。

衣食住 &

いい音とは
記事「いい音で音楽を聴くための10の方法」でも書いたように、いい音とは人それぞれの好みの音(音色)ではなく客観的に認められる十分なクォリティの音のことを指します。

音楽はスピーカーでナチュラル オーガニックなリスニング

音楽を含めた音というものは空気を介して届けられる性質のものです。音楽を聴く道具の主流はヘッドホンやイヤホンになっていますが、空気を介したリスニングこそが本来あるべき姿です。

スピーカーで聴くと音楽に空気感が生まれるので、音楽の本質に触れて豊かなリスニング体験を味わえるようになります。

十分なクォリティの音楽を聴くには

生演奏と再生の”いい音”の違い

音楽には生演奏と再生の2とおりの聴きかたがあることはご存じのとおりです。※この記事では後者(再生)を対象にしています。

再生音楽でよくある”いい音”の誤解は、”いい音(高音質)とは生演奏のリアルな再現である”といった解釈です。一見正しい解釈のように思えますが、音楽の表現手段は生演奏に限ったことではありません。レコーディングスタジオやコンピューター等を駆使して作り上げる音楽は生演奏とは別の表現手段ですから、いい音の定義を”生演奏のリアルな再現”とすることに無理があるは明白です。

それではライブ盤に限っては生演奏がリアルに再現されていればいい音かといえば、そうとばかりはいえません。

多くの場合、コンサート会場の観客に届いている音と、この生演奏をライブ盤として収録するための音とは別経路です。少しだけ細かく説明すると、ボーカリストの声はマイク経由でミキサーに送られて、観客に届ける経路として会場のスピーカーに接続されます。ライブ盤制作の収録方法は様々ですが、ミキサーから(スピーカーを経由せず)直接レコーダーに送る経路で録音して持ち帰り、その後にミックス~マスタリングする方法が少なからず用いられます。

こうなると、生演奏で聴いている音と録音される音は音源(歌っている声)こそ同じであれ別物であることは想像に難くないことです。更には、コンサート会場に居合わせた人全員が同じように聴こえているわけもなく、主に聴く場所によって聴こえ方も様々ですから、定まった再現の基準もありません。つまり、ライブ盤でさえも”生演奏のリアルな再現”を目指して作らるとは限らないということです。注)ジャンルにもよりますが、むしろリアルな再現を目指したライブ盤のほうが少ないといえます

このように、生演奏と再生は全く別の音楽表現手段であることを念頭に置いて再生での”いい音”を目指す必要があります。

再生における”いい音”については様々な解釈で議論されていますが、少なくとも確かなことは”記録された情報を極めて忠実に再現した音”が”いい音”であるといえます。原音再生という言葉もありますが、気を付けたいのは”原音とは何か”という原音の定義です。原音とは生演奏の音である、としてしまうと前述のことからいい音への追求が迷走しがちになります。

どうすればいい音で再生できるか?

いい音で聴くには、高音質のオーディオ機器を揃えれば良いのでしょうか?mp3ではなくハイレゾ音源やアナログ音源を使えば良いのでしょうか?機器や音源に良いものを揃えることは決して間違いではありませんが、それ以上に重要であるにもかかわらず見落としている事があります。

それは部屋の音響特性を把握して対処することです。対処する方法をルーム補正と呼びますが、詳細については「スピーカーリスニングの音質向上に最も効果的なたった一つの方法」をご覧ください。

オーディオ機器をグレードアップしなくてもハイレゾ音源にしなくても、見違えるようにいい音(音源本来の音)になります。

音楽は快適な環境で楽しみたい

いくらいい音で聴けたとしても、快適性を損なっては聴く価値も半減してしまいます。

いい音で聴くための装置が大掛かりで複雑になり過ぎると、音楽を楽しむことから遠ざかってしまいます。装置はできるだけシンプルでありたいものです。

聴こうとしている音楽に素早く辿り着けることは快適な環境の第一歩です。PCを活用して音楽ライブラリーを一元管理・再生すれば、「あの曲、どこにあったっけ?」などと部屋を探し回らずに済みます。

タブレットを使ってPCをリモート操作すると、聴きたい曲を見つけて再生することがさらに快適になります。

音楽は心のビタミンです。いい音で快適に楽しみましょう

オンラインショッピング

当サイトから商品を購入していただけます。お支払方法は、クレジットカード、PayPal、銀行振込等をご用意しています。


以下はオーディナリーサウンドからのメッセージです

パンは命の糧♡ 音楽は心の糧♪

味覚音痴なのではない 美味しいものを知らないだけのこと

音の美的センス、磨いてますか?

タイトルとURLをコピーしました