オーディナリーサウンド https://ordinarysound.com COMPLETE AUDIO for Music Lovers Sun, 27 Nov 2022 16:17:29 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=6.1.1 https://ordinarysound.com/wp-content/uploads/2018/09/fabi-32x32.png オーディナリーサウンド https://ordinarysound.com 32 32 FiiO Q7:USB DAC https://ordinarysound.com/fiio-q7/ Fri, 18 Nov 2022 06:52:14 +0000 https://ordinarysound.com/?p=68948

Q7はPCM768kHz/32bit、DSD512入力、MQAフルデコードに対応し、ポータブル用途と据え置き用途を見据えたハイグレードなUSB Bluetooth DACです。 \ 購入その他お気軽に / 正規輸入品 発 […]]]>

Q7はPCM768kHz/32bit、DSD512入力、MQAフルデコードに対応し、ポータブル用途と据え置き用途を見据えたハイグレードなUSB Bluetooth DACです。

\ 購入その他お気軽に /

正規輸入品

発売時期:2022年11月25日

価格(税込):134,750円

Q7 おすすめ組み合わせ
組み合わせの例
ヘッドホンRODE NTH-100
プリメインアンプNmode X-PM5
スピーカーamphion Argon1
主な特長
  • ESS Technology製DACチップ「ES9038Pro」を1基搭載
  • XMOS製USBコントローラーチップ「XU316」搭載で、PCM768kHz/32bit、DSD512入力、MQAフルデコードに対応
  • FiiOとTHXが共同開発した「THX AAA-788+」ヘッドホンアンプ回路を2基搭載
  • バッテリー給電とDC給電を切り替え可能なデュアルパワーサプライモード機能
  • 各オーディオセクションに安定した電源供給を行う高性能電源回路
  • 2.5/3.5/4.4mm/6.3mmヘッドホン出力端子、USB/光/同軸デジタル入力端子を装備
  • デジタルとアナログを物理的に分離し、シールドにより基板間の干渉を低減
  • Qualcomm製SoC「QCC5124」搭載で、LDAC、aptX HD、aptX Adaptiveなど、ハイレゾ級ワイヤレスBluetoothオーディオコーデックに対応
  • 最大連続再生時間11時間、高速充電対応の9200mAh大容量バッテリー
  • 1.3インチIPSフルカラーディスプレイで本体情報を表示
  • 本体情報を視覚的に表示するサイドLEDインジケーター
  • FIiO Control Appによりワイヤレスで本体設定が可能

主な仕様

出力端子2.5mmバランスヘッドホン端子
3.5mmシングルエンドヘッドホン/ライン出力兼用端子
4.4mmバランスヘッドホン/バランスライン出力兼用端子
6.3mmシングルエンドヘッドホン端子
入力端子USB2.0 Type-C端子
RCA同軸デジタル入力端子
角形光デジタル入力端子
最大対応サンプリングレート/ビットレートUSB入力時:768kHz/32bit、DSD512(ASIO Native)、DSD256(DoP)
RCA同軸入力時:192kHz/24bit、DSD64(DOP)
角形光デジタル入力時:96kHz/24bit
DACチップES9038PRO
ヘッドホンアンプ回路THX AAA-788+ ×2
BluetoothチップQCC5124
Bluetooth対応コーデックBluetooth受信対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX LL、aptX HD、aptX Adaptive、LDAC
USBレシーバーXMOS XU316
最大出力(バッテリー駆動時)バランス:1,500mW (32Ω,THD+N<1%)
アンバランス:550mW (32Ω,THD+N<1%)
最大出力(DC電源駆動時)バランス:3,000mW (32Ω,THD+N<1%)
アンバランス:1,100mW (32Ω,THD+N<1%)
推奨インピーダンス16〜300Ω(アンバランス時)、16〜600Ω(バランス時)
周波数応答5Hz〜80kHz(±3dB)
S/N比≥125dB(A-weighted/バランス出力時)
THD+N<0.0005%(1kHz/-10dB@32Ω)
<0.0003%(1kHz/-0dB@300Ω)
ディスプレイ1.3インチIPS (240*240) 
充電方法PD 9V、DC給電による充電
バッテリー容量9200mAh
再生時間約11時間(シングルエンド再生時)
約9時間(バランス再生時)
充電時間約4.5時間(急速充電時)
寸法約158.4×88.5×28.3mm
重量620g
付属品外付けDCアダプター
AC電源ケーブル
ファン付き冷却スタンド
スクリーンプロテクター(貼り付け済み)
合成皮革製保護ケース
USB Type C to Cケーブル(ロング)
USB Type C to Cケーブル(ショート)
Lightning to USB Type Cケーブル
USB タイプA to Cケーブル
USB タイプA to C変換アダプター
クイックスタートガイド
保証書

※Lightning®はApple Inc.の登録商標です

画像はイメージです。仕上げや製品仕様は予告なく変更することがございます。

]]>
FiiO K7:USB DAC https://ordinarysound.com/fiio-k7/ Fri, 11 Nov 2022 04:17:26 +0000 https://ordinarysound.com/?p=68624

K7はエントリークラスながらも入力4系統(デジタルx3、アナログx1)と可変出力ラインアウトのプリアンプ機能、バランス/アンバランス対応ヘッドホンアンプ機能を持ったUSB DACです。 \ 購入その他お気軽に / 正規輸 […]]]>

K7はエントリークラスながらも入力4系統(デジタルx3、アナログx1)と可変出力ラインアウトのプリアンプ機能、バランス/アンバランス対応ヘッドホンアンプ機能を持ったUSB DACです。

FiiO K7

\ 購入その他お気軽に /

正規輸入品

発売時期:2022年11月18日

価格(税込):35,750円

充実のプリアンプ機能

K7はエントリークラスのUSB DAC&ヘッドホンアンプでありながらも同クラスではあまり見かけない充実したプリアンプ機能が特徴です。

K7 フロント&リア

コンパクトサイズにデジアナ計4系統の入力

K7はコンパクトな筐体(幅120mm)にもかかわらず豊富な入力に対応しています。デジタルはUSB/同軸/光の3系統、アナログはアンバランス(RCA)の1系統です。フロントパネル左端のインプットセレクターで切り替えます。

PCにUSB、ネットワークトランスポートに同軸、Bluetoothレシーバーに光、レコードプレーヤー(フォノイコライザー)にRCA等の接続が考えられます。

可変/固定切替可能なライン出力

K7の音声出力はバランス(4.4mm)/アンバランス(6.35mm)対応のヘッドホン出力(フロント)とアンバランス(RCA)対応のライン出力です。

マニュアルによるとRCAライン出力はフロントパネルのアウトプットセレクター(ボリューム左)で可変(PRE)と固定(LO)を選択できるようです。また、このアウトプットセレクターにはヘッドホン可変出力(PO)にも切り替えるようになっていてラインアウトとヘッドホンアウトは同時出力しない仕様(排他選択)になっているようです。

プリメインアンプに接続する場合は通常は固定出力でアンプ側で音量調整しますが、アンプの位置が遠く音量調整が面倒な場合はK7を可変出力にすることでデスクトップオーディオなど手元で音量調整できて便利です。アンバランス(RCA)入力に対応したアンプ内蔵モニタースピーカーの接続にも向いています。

FiiO K7おすすめ組み合わせ

ヘッドホンで聴く時はアウトプットセレクターをPOに、プリメインアンプとスピーカーで聴く時はアウトプットセレクターをLO(固定出力)にしてプリメインアンプで音量調整します。アンプが操作しにくい位置にある場合はアウトプットセレクターをPREにしてK7で音量調整します。

組み合わせの例
ヘッドホンRODE NTH-100
プリメインアンプNmode X-PM3 FT
スピーカーamphion Argon0

K7のプリアンプ機能をフル活用したシステム

K7のプリアンプ機能をフル活用したシステム
組み合わせの例
USB入力MINISFORUM TH60
同軸入力iFi Audio ZEN Stream
光入力iFi Audio ZEN Blue
アナログ入力iFi Audio ZEN Air Phono
アナログ出力Wharfedale Pro Diamond Studio 5-BT

K7 vs ZEN DAC

FiiO K7とiFi audio ZEN DACは共に3万円クラスのUSB DAC & ヘッドホンアンプですが、機能的には大きな違いがあります。

ZEN DACの入力がUSBのみでUSB専用DACであるのに対して、K7はUSBの他にもS/PDIF(同軸/光)入力に対応し更に1系統のアンバランス(RCA)入力にも対応しています。

ライン出力はZEN DACがバランスとアンバランスに対応しているのに対して、K7はアンバランスのみです。アンバランスはどちらもRCAで、ZEN DACのバランスは4.4mmです。RCAはアンバランスの標準的なコネクターですから接続に悩むことはありませんが、ホームオーディオでバランスの標準的なコネクターはXLRですからZEN DACをバランス出力で接続するには多くの場合で4.4mm to XLR変換ケーブルを使うことになります。

また、電源供給もZEN DACは標準ではバスパワー、K7はセルフパワー(電源アダプター付属)と異なります。※ZEN DACをセルフパワーで使うには別売りの電源アダプター(推奨はiPower II)が必要です。

このようにザックリ見ただけでも2機種には大きな違いがあるので用途に合った機種を選びましょう。
PCやZEN Stream等のストリーマー専用DACとして使うならZEN DACを、PCやストリーマーの他にもデジタル/アナログの入力を使うならK7を選ぶ、などです。

DAC以外にも視野を広げてみると、低価格高品質なバランスケーブルでXLR機器に出力できるオーディオインターフェイス(RODE AI-1ART USB IIAUDIENT iD4mk2など)や、更にS/PDIF入力とバランス入出力に対応したオーディオインターフェイス(AUDIENT iD14mk2など)も見えてきます。

主な仕様

DACチップAK4493SEQ ×2
アンプテクノロジーTHX AAA-788+ ×2
USBレシーバーチップXMOS XUF 208
デジタル入力USB Type B ×1
RCA同軸 ×1
TOS光 ×1
アナログ入力RCAライン入力×1系統
アナログ出力RCAライン出力×1系統
ヘッドホン出力4.4mmバランス ×1系統
6.35mmシングルエンド ×1系統
対応サンプリングレートUSB:PCM 384kHz/32bit, DSD 256 (Native)
RCA同軸:PCM 192kHz/24bit
TOS光:PCM 96kHz/24bit
ヘッドホン推奨インピーダンス16~300Ω
出力≥2000mW (バランス, 32Ω負荷時 / THD+N<1%)
≥1220mW (シングルエンド, 32Ω負荷時 / THD+N<1%)
S/N比≥120dB (A-weighted, USB入力時)
THD+N0.00028%未満 (ヘッドホン出力時)
0.0005%未満 (ライン出力時)
ノイズフロア7.7uV未満 (バランス, A-weighted, USB入力時)
4.4uV未満 (シングルエンド, A-weighted, USB入力時)
出力インピーダンス1Ω(32Ω負荷時)
寸法120mm x 168mm x 55mm
重量約610g
付属品ACアダプタ
電源ケーブル
USB Type A to Bケーブル
6.3mm to 3.5mm変換アダプタ
クイックスタートガイド
保証書

画像はイメージです。仕上げや製品仕様は予告なく変更することがございます。

]]>
Universal Audio Volt 476P:USBオーディオインターフェイス https://ordinarysound.com/universal-audio-volt-476p/ Thu, 10 Nov 2022 05:51:58 +0000 https://ordinarysound.com/?p=67477

24bit192kHz USBオーディオインターフェイス 正規輸入品 Volt 476Pにおすすめのスピーカー 製品情報 プロのサウンドで大規模なプロジェクトのレコーディングを実現。 Volt 476P は、伝説的なスタ […]]]>

24bit192kHz USBオーディオインターフェイス

logo

正規輸入品

Volt 476Pにおすすめのスピーカー

製品情報

プロのサウンドで大規模なプロジェクトのレコーディングを実現。

Volt 476P は、伝説的なスタジオサウンドで大規模プロジェクトを簡単に録音したいクリエイティブなコラボレーターに最適な USB オーディオインターフェイスです。Mac、PC、iPad、iPhone に Volt を接続するだけで、Universal Audio が提供するプロフェッショナルなサウンドであなたのインスピレーションを捉える準備が整います。

Mac、PC、iPad、iPhone でクラシックなサウンドの音楽制作、ライブストリーム、ポッドキャストを実現

ビンテージ・マイク・プリアンプ・モードを活用し、ボーカルやギターを豊かなサウンドで録音

UA のアイコンである 1176 をベースにしたアナログコンプレッサーで、ボーカル、楽器、その他のソースに明瞭さとパンチを与える

ホームレコーディングやモバイルレコーディングに耐え得るスタイリッシュなインターフェイスを中心に据え、デスクトップ上にプロダクションスタジオを構築

クラス最高峰のオーディオクオリティーでコラボレーション

Universal Audio Volt 476P

革新的な Apollo インターフェイスの開発チームが手掛けた Volt 476P は、同クラスの他の USB インターフェイスよりも多くの個性とトーンを有し、素晴らしいスタジオサウンドクオリティーを提供します。

ビンテージ・マイク・プリアンプ・モードで伝説のトーンをキャプチャー

Volt 476
Volt 476

Ray Charles や Van Halen などのレコーディングにも使われた、Universal Audio の 610 チューブプリアンプに匹敵するサウンドはそうありません。独自のチューブエミュレーション回路を内蔵する Volt 476P は、クラシックな UA プリアンプによる豊かで充実したサウンドをもたらします。

セットアップは簡単です

Volt 476P は、4つのアナログプリアンプ入力を搭載。シンプルに、マイクやギター、シンセなどを接続しましょう。あとはスピーカーやヘッドフォンを接続するだけで、レイテンシーなしのオーディオモニタリングが可能です。Volt があれば、すぐにクリエイティブな状態に没入できます。

iPad & iPhone にも対応

Universal Audio Volt 476P

身軽に出掛けたいですか?

Volt 476P を iPad や iPhone に接続すれば、ビートやサンプルの作成、リハーサルの録音、曲のエディットなどをどこでも簡単に行えます*。

*お使いのデバイスによっては、外部 Volt 用電源と Apple Lightning – USB Camera Adapter が必要です(USB-C 搭載の iPad を除く)。

厳選されたオーディオソフトウェアからインスピレーションを得る

一部のオーディオインターフェイスには安易にさまざまなオーディオアプリをバンドルしているものもありますが、Volt は違います。Volt には、音楽制作ツール、バーチャルインストゥルメント、プラグインなど、業界のトップブランドが提供する 本格的なオーディオソフトウェア が含まれています。

システム必要条件

Mac & PC

  • 利用可能な USB 2.0(またはそれ以上)ポート
  • USB ケーブル(USB-C to USB-A ケーブル付属)
  • Intel、AMD、または Apple Silicon プロセッサ
  • (Windows) Windows 10、11(64ビット)
  • (Mac) macOS 10.14 Mojave 以降
  • ソフトウェアダウンロードのためのインターネット接続環境

iPad & iPhone

  • iPadOS / iOS 14 以降*

*お使いのデバイスによっては、外部 Volt 用電源と Apple Lightning – USB Camera Adapter が必要です(USB-C 搭載の iPad を除く)。

注意事項

  • (Windows) AMD、ASMedia、Etron、Fresco Logic、Nvidia、Texas Instruments 製 USB コントローラチップを使用するマザーボードおよび PCIe – USB アダプタカードと、Volt との使用は推奨されません。
  • (Mac) Apple Boot Camp や仮想 Windows 環境下での使用はサポート対象外となります。

主な特徴

  • Mac、PC、iPad、iPhone 対応、24ビット/192 kHz オーディオコンバーターを備える、4イン/4アウト仕様のデスクトップ型 USB 2.0 オーディオインターフェイス。
  • ビンテージ・マイクプリアンプ・モードを装備。クラシックな UA チューブプリアンプの豊かで充実したサウンドを得ながらレコーディングが可能。
  • UAのアイコン : 1176 をベースにし開発された 76 Compressor によって、ボーカルや楽器などのソースに瞬時にクリアさとパンチを付加可能。
  • Ableton、Melodyne、UJAM、Marshall、Ampeg などオーディオ/音楽制作ソフトウェアの必須スイートをバンドル。
  • 大音量でもクリアなモニタリングが可能なスタジオクオリティーのヘッドフォンアンプを2基装備。
  • コンデンサーマイク用の48Vファンタム電源を装備。
  • 1系統の MIDI 入出力端子を装備。
  • 5VDC電源が付属。
  • レイテンシーなくレコーディングを行うためのダイレクトモニタリング機能。
  • 長年の使用に耐え得るべく構築されたスタイリッシュで堅牢な造り。

仕様は予告なく変更となる場合があります。

]]>
オルトフォン VNL:DJカートリッジ https://ordinarysound.com/ortofon-vnl/ Thu, 03 Nov 2022 07:19:46 +0000 https://ordinarysound.com/?p=68081

製品情報 The ORTOFON VNL - 我々はレコードを信じる。DJプレイの可能性をさらに広げるオルトフォンの新たなDJカートリッジ オルトフォンでは長年に渡って、お客様の声や商品の活用方法を研究してきました。パフ […]]]>

ortofon VNL

製品情報

The ORTOFON VNL - 我々はレコードを信じる。DJプレイの可能性をさらに広げるオルトフォンの新たなDJカートリッジ

オルトフォンでは長年に渡って、お客様の声や商品の活用方法を研究してきました。
パフォーマンスの世界で更に上を目指し続けているハングリーなDJは、自身の創造性を最大限まで高めることができる専門的なツールを求めています。こうしたハイレベルなDJのニーズにこたえるべく、工業デザインや技術的ノウハウにおける豊富な経験を活かして、オルトフォン「VNL」カートリッジが完成しました。常に最上のパフォーマンスを求め続ける現代のDJ、ターンテーブリストのために独自に開発したモデルです。

  • 出力電圧(1kHz, 5cm/sec.):6mV
  • チャンネルセパレーション(1kHz):20dB
  • 周波数特性(20Hz-20,000Hz):-2dB/+4dB
  • トラッキングアビリティー(315Hz、適正針圧下): 交換針「Ⅰ」100μm・「Ⅱ」90μm・「Ⅲ」90μm
  • 水平コンプライアンス:交換針「Ⅰ」16μm/mN・「Ⅱ」15μm/mN・「Ⅲ」14μm/mN
  • スタイラスタイプ:Spherical
  • スタイラスチップ半径:R 18μm
  • カンチレバー素材:アルミニウム
  • 適正針圧:4g
  • 内部インピーダンス:700Ω
  • 内部インダクタンス:450mH
  • 推奨負荷抵抗値:47kΩ
  • 推奨負荷容量値:200-600pF
  • 自重:6.5g
  • JAN:5705796013931

新しいVNLの特徴

激しいスクラッチやバックスピンへの究極の耐性を発揮し、またDVS使用時でもレコード使用時でも高い追従性を実現。そしてカートリッジの出力と音質の最適なバランスを兼ね備えています。カートリッジ本体を新たに開発、多くのサウンドシステムに最適なデザインにする事でシステムの組み合わせの自由度が高まりました。製造に於いては最新技術を惜しみなく投入し、結果として高い剛性と共振のない最適な構成を確保。本体細部の組み上げにも最新の技術を用いることで高精度な品質を保持しています。 

ortofon VNL

VNLならではの特徴

VNLはタフな取り扱いに最適な特別仕様のアルミカンチレバーと針先のダイヤモンドには丸針を採用しています。さらに、スクラッチやバックスピン時のレコードの摩耗を最小限に抑えます。また、オルトフォンらしいソリッドで堅牢なデザインが特徴で、耐久性とDJの美学を強調するために厳選された素材と色を使用しています。カートリッジ本体は、様々なヘッドシェルへの取り付けや位置合わせが簡単にできるように設計されています。
VNLは、様々な再生システムで使用する際に優れた互換性があり、最も過酷な条件のもとでもレコードへの高いトレース性能を維持します。

ortofon VNL

3種類の交換針が付属(初回限定数量販売)

現代のDJのマルチな用途に合わせて、使用感や剛性、音質の異なる3種類の交換針をセットにした「VNL限定パッケージ」を初回限定でご用意しました。
「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」と記された3種類の交換針は、ダンパーを含むサスペンション機構の異なる柔らかさの違いがあり、「Ⅰ」が最も柔らかく、数字が大きくなるにつれて硬くなります。この3種類の交換針が個々のDJプレイスタイルにおける最高のパフォーマンスに貢献します。また交換針は種類の違いが容易になるようデザインされています。3種類の交換針による音質のカスタマイズも出来るので、それぞれの違いをお好みに合わせてお楽しみ頂けます。

ortofon VNL

The VNL – Ortofon Brand-New DJ cartridge

VNLのヘッドシェル取付方法

※写真や図版の色彩は、画面上の表示の関係で実際とは若干異なる場合がございます。また、規格・仕様・デザイン・価格の一部を予告なく変更することがありますのでご了承ください。

]]>
オルトフォン EQA-444:MM/MC対応フォノイコライザー https://ordinarysound.com/ortofon-eqa-444/ Thu, 03 Nov 2022 05:16:12 +0000 https://ordinarysound.com/?p=68071

製品情報 小型・高音質・高機能な最新フォノイコライザーアンプ EQA-444は、小型かつ高音質、さらにMC/MM両用可能でコストパフォーマンスに優れた次世代のフォノイコライザーアンプを生み出すべく、デンマーク本社のチーフ […]]]>

製品情報

小型・高音質・高機能な最新フォノイコライザーアンプ

EQA-444は、小型かつ高音質、さらにMC/MM両用可能でコストパフォーマンスに優れた次世代のフォノイコライザーアンプを生み出すべく、デンマーク本社のチーフエンジニアであるライフ・ヨハンセン博士の全面的な技術協力を受けて開発されました。NF型イコライザー回路には高品質・高精度なオーディオグレードのパーツを採用し、音楽信号IN/OUTのRCAジャックはシャーシに直接取り付けられた金メッキタイプのものが十分に間隔を空けて配置されているため、大型・大口径化した昨今の音響用ケーブルのプラグにも余裕をもって対応することが可能です。また高剛性で耐振動に優れ、設置場所の自由度が高いスリムタイプのシャーシを新規設計し、機能面においてはMC/MMの両方をスイッチによる切り替えのみでお楽しみ頂けるシンプルな構成に徹しております。さらに、本機の電源部はノイズ対策やシャーシサイズとの兼ね合いを考慮した結果、ACアダプター(100V-240V対応)を採用。

※写真や図版の色彩は、画面上の表示の関係で実際とは若干異なる場合がございます。また、規格・仕様・デザイン・価格の一部を予告なく変更することがありますのでご了承ください。

  • 入力感度/インピーダンス MC:250μV/100Ω
  • 入力感度/インピーダンス MM:2.5mV/47kΩ
  • 本体寸法 W/H/D:142/48.5/113(mm) ツマミ端子含む:142/48.5/119(mm)
  • 自重:980g
  • JAN:4571106663032

定価¥90,900(税別)
(税込¥99,990)

]]>
オルトフォン EQA-2000:バランス接続フォノイコライザー https://ordinarysound.com/ortofon-eqa-2000/ Wed, 02 Nov 2022 08:59:38 +0000 https://ordinarysound.com/?p=67981

製品情報 トランス昇圧とバランス接続。これがレコード再生の、そしてオルトフォンの理想 フォノイコライザーアンプに要求されるもの、それは大きく分けて2つあります。レコード盤に刻まれる前の音声信号は大小さまざまな振幅をもって […]]]>

製品情報

トランス昇圧とバランス接続。これがレコード再生の、そしてオルトフォンの理想

フォノイコライザーアンプに要求されるもの、それは大きく分けて2つあります。レコード盤に刻まれる前の音声信号は大小さまざまな振幅をもっていますが、幅が概ね決まったレコードの音溝に収めるためにはこれにRIAAカーブをかけてイコライジングする必要があります。もちろんそのままでは正常な音楽再生は出来ないため、RIAAカーブのかかった信号を元通りに戻して適切なレベルに増幅すること、これが1つ目です。そして2つ目は、アンプ内蔵のPHONO入力には望めない、単独製品ならではの高音質や特化した機能です。オルトフォンはこれを強く意識し、新たなフラッグシップモデルとなるEQA-2000を開発しました。自社でラインナップしている多数のMC/MMカートリッジはもちろん、様々な製品との適合も想定したハイクラスなフォノアンプの決定版です。

入力設定「MC 1a」時 ●対応インピーダンス(推奨MCカートリッジ内部インピーダンス):5-50Ω ●入力感度/インピーダンス:220μV/150Ω 入力設定「MC 1b」時 ●対応インピーダンス(推奨MCカートリッジ内部インピーダンス):~10Ω ●入力感度/インピーダンス:100μV/25Ω 入力設定「MC 2」時 ●対応インピーダンス(推奨MCカートリッジ内部インピーダンス):2-60Ω ●入力感度/インピーダンス:140μV/200Ω 入力設定「MM」 ●入力感度/インピーダンス:2.8mV/47kΩ ●入力系統(MC):バランスXLR 2系統 ●入力系統(MCトランス用):バランスXLR 1系統 ●入力系統(MM):アンバランスRCA 1系統 ●出力系統:バランスXLR・アンバランスRCA各1系統 ●バランスXLR端子:入出力ともに2番HOT/3番COLD/1番GND ●サブソニック・フィルター:-8dB/10Hz ●電源電圧:AC100V、50/60Hz ●消費電力:5W ●外形寸法 W/H/D:425/75.5/360(㎜)、ツマミ端子含む:425/75.5/390(㎜) ●自重:9.2kg ●JAN:4571106664497

定価¥540,000(税別)
(税込¥594,000)

オルトフォン EQA-2000

Ⅰ.バランスオンリー、さらに2系統のMC入力

オルトフォン史上最高のフラッグシップとなるべく開発された、EQA-2000。その最大の特徴は、MCポジジョンの入力系統からアンバランス入力を排除し、全てをXLR端子によるバランス入力としたことです。バランス入出力の最初と最後の接点となるコネクターには、リヒテンシュタインのNEUTRIK社製XLRレセプタクルコネクターを採用。出力電圧が極めて低いMCカートリッジの音声信号を確実に伝送させるためには高品質なプロフェッショナル仕様のコネクターでなくてはならないため、オルトフォンは長年にわたって数多くの製品にNEUTRIK製コネクターを使用し続けています。また、本機のMC入力は2系統まで接続可能となっており、フロントパネルの「MC INPUT」セレクターノブを回すだけで容易に行うことが可能です。ハイエンドなアナログ再生環境では再び標準となりつつある、ダブルアームやプレーヤーの2台使用への対応を念頭とした仕様です。

オルトフォン EQA-2000

Ⅱ.トランスによるMC昇圧へのこだわりと、厳選された2種類のユニット

オルトフォンはこれまでに、自社のMCカートリッジに向けて様々なMC昇圧トランスを生産してきました。昇圧トランス特有の力強い音色に魅了されるアナログファンも多く、これを指してアナログ再生の王道ともいわれるほどに根強い人気を誇ります。そして昇圧トランスは時代とともに進化を続けており、極めて高解像度・ワイドレンジな現代の高性能なカートリッジともマッチする製品も多数登場しました。
EQA-2000では、先代EQA-999で実現した昇圧トランス2種類の搭載という仕様もあわせてこれを継承し、1つ目にはμ-metalと呼ばれる合金素材のケースに納められた北欧スウェーデンのLundahl社製特注トランスユニットを、2つ目にはパーマロイのケースに納められた本機専用設計の日本製トランスユニットを採用し、万全のノイズ対策を施した上で双方をバランス入力に対応させています。
この内蔵トランスは、フロントパネルの「SELECTOR」ノブを回すことで2種類のトランスとその対応インピーダンス範囲の切替(Lundahl製ユニットのみ)を行うことが可能です。

オルトフォン EQA-2000

Ⅲ.MC昇圧トランス接続用とした、MMポジションのバランス入力

本機では、MMポジションにもバランス入力端子が1系統備えられています。これはオルトフォン ST-90のような、入出力ともにXLR端子によるバランス伝送が可能な昇圧トランスからの入力を想定した仕様です。ここにバランス対応の昇圧トランスを接続した場合、本機1台でバランスMC入力3系統の接続が可能となります。

オルトフォン EQA-2000

Ⅳ.高品質な素子を採用したイコライジング回路

MC・MMそれぞれの入力信号は、最終的にRIAAカーブのかけられた音声信号を元に戻すためのイコライザー回路を通ってから出力端子へと向かいます。NF型を採用したこのイコライザー回路はMC入力回路とはアースラインともども独立した別基盤となっており、本機のクリアなサウンドを支える生命線となっています。また、本機には超低音域をカットするためのサブソニック・フィルターが搭載されており、再生時にハウリングや低音域のノイズなどが入ってしまう場合はこのスイッチをONとして超低音域をカットし、アンプやスピーカーユニットを保護することが可能です。小口径スピーカーの多い現代では使用されることの少ない機能ではありますが、環境によっては必要となる可能性もあるため安全策として盛り込まれました。

オルトフォン EQA-2000

Ⅴ.Rコアトランス採用、ノイズ対策を万全とした電源部

EQA-2000の電源トランスには、小型で漏洩磁束の少なさに定評があり、高級オーディオ製品での使用実績を多数もつRコアトランスを採用。これは本機にも引き続き採用され、専用の電源トランスとして新規設計が行われました。さらに振動やノイズ対策として、電源トランスは専用のケースによって配線部を除き完全に覆われています。本機は電源トランスとMC昇圧トランスを同一シャーシに内蔵したフォノアンプである以上、その対策は万全でなくてはなりません。その源となりうる電源部には、通常のアンプ以上に徹底したノイズ対策が施されています。

※「Rコアトランス」は北村機電株式会社の商標です。

Ⅵ.高剛性な肉厚シャーシによる共振の排除

本機のシャーシは、薄型でありながらその自重は合計9.2kgに達します。この重量は肉厚のある鋼板のメインシャーシとその内部のシールド用インナーシャーシに占められるところが大きく、不要共振が排除されることで結果的にS/N感の向上にも寄与しています。不要な振動は、プレーヤーだけでなくフォノアンプにとっても好ましくありません。EQA-2000の誇るバランス伝送時の透き通ったサウンドと定位感は、この高剛性で重いシャーシにも支えられています。

Ⅶ.シルバー・エディションの付属電源ケーブル

オルトフォンはEQA-2000にあわせ、電源ケーブルPSC-4000 XG Silverをベースとしたシルバー・エディションを製作して付属品としました。本機を含むオルトフォンのフォノアンプは、カートリッジの音色をそのまま出すことを最優先として設計されているため非常にナチュラルな音色であることが特徴です。しかし導体をシルバーコーティングしたことで煌びやかな音色となっている付属電源ケーブルを用いることで、お好みに合わせて再生音に隠し味を入れることが可能となっています。

オルトフォン EQA-2000

EQA-2000は、「フォノイコライザーアンプとはかくあるべき」というオルトフォンの理想をそのまま具現化させた、これまでの集大成ともいえる製品です。愛聴盤のグルーヴに刻まれた音楽をただ忠実に昇圧し、イコライジングを行って元に戻す。本機の役割はただそれだけです。これまでに繰り返し聴いて、音色の熟知を自負している盤に針を下ろしてボリュームを上げた時、まるでスピーカーからヴェールを取り去ったかのような別次元の世界が、眼前一杯に広がることでしょう。

]]>
amphion Argon5C https://ordinarysound.com/amphion-argon5c/ Mon, 31 Oct 2022 13:21:43 +0000 https://ordinarysound.com/?p=67851

モニタースピーカーamphion Two15をベースに開発! Argon5Cにおすすめのパワーアンプ/プリメインアンプ Argon3Sにおすすめのスピーカーケーブル 製品情報 センタースピーカー すべてのArgon製品の […]]]>

モニタースピーカーamphion Two15をベースに開発!


Argon5Cにおすすめのパワーアンプ/プリメインアンプ

Argon3Sにおすすめのスピーカーケーブル

製品情報

センタースピーカー

すべてのArgon製品のセンタースピーカーとして、音場を補完統合するように設計されています。
第一世代のTwo15プロ・スタジオモニターをベースに開発され、聴く人へ人間の声の美しさとパワーをワイドでスリル満点に、均一に分散させることにより大きな音響空間でも声の美しさを失わない音楽を提供します。

設置イメージ

amphion Argon5C
amphion Argon5C
amphion Argon5C
amphion Argon5C

製品仕様

概要2-ウェイ、背面ポート
ツイータ1インチ チタニウム
ミッド・ウーファー2×5.25インチ、アルミニウム
クロス・オーバー1600Hz
入力インピーダンス
感度90dB
周波数特性46-25,000Hz ±6dB
許容電力25-150W
寸法(高、幅、奥行)160x510x265mm
重量11kg
カラー選択スタンダードホワイト、フルホワイト、ブラック、ウオールナット
価格【スタンダードホワイト、フルホワイト、ブラック】¥184,800(税別)
【ウオールナット】¥201,250(税別)
製造フィンランド製
]]>
オルトフォン スピーカーケーブル Reference SPKシリーズ https://ordinarysound.com/ortofon-reference-spk/ Mon, 31 Oct 2022 03:55:04 +0000 https://ordinarysound.com/?p=67779

製品情報 Reference SPK-Bronze Premium シルキーで聴き心地のよいBronze独特のサウンド 高解像度・ワイドレンジでありながら滑らかで柔らかいサウンドのReference SPK-Bronze […]]]>

製品情報

Reference SPK-Bronze Premium

 Reference SPKシリーズ

シルキーで聴き心地のよいBronze独特のサウンド

高解像度・ワイドレンジでありながら滑らかで柔らかいサウンドのReference SPK-Bronze Premium。オルトフォンのMC・MMカートリッジの同色モデルと同じサウンドイメージを持って設計されており、上位モデルのBlackとはまた異なるBronze独特のサウンドに魅了されるオーディオファイルも少なくありません。本モデルも端末処理を施し、特製の真鍮棒材切削による金メッキバナナプラグ・Yラグとスリーブ、ケーブルスプリッター(二股分岐部の保護用金属ケース)を装備した受注生産専用モデルとなっております。このBronzeの導体にはPCUHD・HiFC・OFCの3種類を使用、さらに4芯配置となっている導体を構成する細い線材の太さを2種類に分け、0.32㎜径×16本仕様を2本・0.18㎜径×50本仕様を2本としています。本機種ならではのシルキーで聴き心地のよいサウンドをご堪能ください。

  • 導体種類:PCUHD、HiFC、OFC
  • 導体面積:1.28㎟×2本、1.27㎟×2本
  • ケーブル径:Φ13.0㎜
  • 導体抵抗:15mΩ/m
  • 耐電圧:AC500V /1分間
  • シールド: 銅編線、0.12㎜×9本を16組
  • 端子部導体種類:金メッキ真鍮材
  • 絶縁材:高弾性エラストマー、ポリエチレン、ポリエステル
  • 長さ:2m、2.5m、3m(それぞれペア) ※3m以上の特注は不可となります。
  • JAN:2.0m 4571106664268 / 2.5m 4571106664275 / 3.0m 4571106664282

2.0m/¥85,800 2.5m/¥94,600 3.0m/¥103,400 (税込)【完全受注生産品】

Reference SPK-Black Premium

 Reference SPKシリーズ

ナチュラル・高解像度かつエネルギー感や密度も持ち併せた絶妙なバランス

Reference SPKシリーズに、決定版となるフラッグシップモデル「Premium」グレードが誕生しました。コレクターズアイテムとしても十分な威容を誇る「Premium」は、オルトフォンが考える至高のサウンドによる純粋伝送を実現し、シンプルかつ高品位な外装はリスニングルームに品格をもたらします。Reference SPK-Black Premiumは、特製の真鍮棒材切削によるロジウムメッキバナナプラグ・Yラグとスリーブ、ケーブルスプリッター(二股分岐部の保護用金属ケース)も装備した受注生産専用モデル。内部構造は、PCUHDとHiFC・OFCの3種類からなる導体の4芯配置。さらにこれをジオメトリック(幾何学的)に配置し、それぞれの芯ごとにハイブリッドされている各導体の働きを均一化させ、それぞれの導体が持つサウンドの個性に調和を持たせています。そして音楽信号を忠実に伝送する際には必要不可欠といえる銅線の導体には物量を惜しむことなくふんだんに用い、これらの分量・配置には厳密な吟味がなされています。極めてナチュラル・高解像度なサウンドでありつつ、一本芯の通ったようなエネルギー感や密度も持ち併せた絶妙なバランスのサウンドをお楽しみ下さい。オーディオケーブルの老舗であるオルトフォンが長年にわたって培ってきたケーブル技術を余すところなく取り入れ、かつシンプルにまとめた自信作です。

  • 導体種類:PCUHD、HiFC、OFC
  • 導体面積:2.5㎟×4本
  • ケーブル径:Φ14.5㎜
  • 導体抵抗:8mΩ/m
  • 耐電圧:AC500V /1分間
  • シールド:アルミテープ
  • 端子部導体種類:ロジウムメッキ真鍮材
  • 絶縁材:高弾性エラストマー、ポリエチレン、ポリエステル
  • 長さ:2m、2.5m、3m(それぞれペア) ※3m以上の特注は不可となります。
  • JAN:2.0m 4571106664305 / 2.5m 4571106664312 / 3.0m 4571106664329

2.0m/¥103,400 2.5m/¥113,300 3.0m/¥127,600 (税込)【完全受注生産品】

Reference SPK-Red

シンプルな構成の中にオルトフォンの叡智が詰まった逸品

新世代の「Reference」ケーブルを開発するというコンセプトの下、今日のケーブル導体のスタンダードとなったHiFCと高品質オーディオケーブル導体の元祖といえるOFCを独自の比率で配合し、ハイブリッド導体としたReference SPK-Red。低域から高域に至るまでのバランスに優れ、かつエネルギッシュで暖かみのある音色のこのケーブルは、シンプルな構成の中にオルトフォンの叡智が詰まった逸品です。

※写真や図版の色彩は、画面上の表示の関係で実際とは若干異なる場合がございます。また、規格・仕様・デザイン・価格の一部を予告なく変更することがありますのでご了承ください。

  • 導体種類:HiFC、OFC
  • 導体面積:1.26㎟×2本
  • ケーブル径:Φ8.0㎜
  • 導体抵抗:16mΩ/m
  • 耐電圧:AC500V/1分間
  • シールド:アルミテープ
  • 絶縁材:高弾性エラストマー、ポリエチレン
  • 長さ:50m(1巻)
  • JAN:4571106662790

¥1,606(税込)/m

Reference SPK-Blue

クリアでありダイナミックという絶妙で個性的な音色を実現

Reference SPK-Blueは導体にHiFCと銀メッキ銅線を採用。シャープで定位感に優れた音のHiFCと、サウンドに厚みと銀独特の煌びやかさのある銀メッキ銅線という正反対の特徴をもった導体同士を敢えてブレンドすることで、クリアでありダイナミックという絶妙で個性的な音色を創り出すことに成功しました。システムの音にもうひと味、という時にお薦めします。

※写真や図版の色彩は、画面上の表示の関係で実際とは若干異なる場合がございます。また、規格・仕様・デザイン・価格の一部を予告なく変更することがありますのでご了承ください。

  • 導体種類:HiFC、銀メッキ銅線
  • 導体面積:1.27㎟×2本
  • ケーブル径:Φ8.0㎜
  • 導体抵抗:15mΩ/m
  • 耐電圧:AC500V /1分間
  • シールド:錫メッキ銅編線、0.12㎜×8本を16組
  • 絶縁材:高弾性エラストマー、ポリエチレン
  • 長さ:50m(1巻)
  • JAN:4571106662806

¥1,925(税込)/m

Reference SPK-Bronze

高解像度・ワイドレンジでありつつ柔らかく、聴き心地の良い滑らかなサウンド

Reference SPK-Bronzeの目指したものは、高解像度・ワイドレンジでありつつ柔らかく、聴き心地の良い滑らかなサウンド。導体にはPCUHD・HiFC・OFCの3種類を使用し、さらに4芯配置となっている導体を構成する細い線材の太さを2種類に分け、0.32㎜径×16本仕様を2本・0.18㎜径×50本仕様を2本としています。異なる線径の導体を組み合わせることで数パターンの音色調整を行うことを可能とし、よりアクティブなケーブルセッティングをお楽しみ頂けます。

※写真や図版の色彩は、画面上の表示の関係で実際とは若干異なる場合がございます。また、規格・仕様・デザイン・価格の一部を予告なく変更することがありますのでご了承ください。

  • 導体種類:PCUHD、HiFC、OFC
  • 導体面積:1.28㎟×2本、1.27㎟×2本
  • ケーブル径:Φ9.0㎜
  • 導体抵抗:15mΩ/m
  • 耐電圧:AC500V /1分間
  • シールド:銅編線、0.12㎜×9本を16組
  • 絶縁材:高弾性エラストマー、ポリエチレン
  • 長さ:40m(1巻)
  • JAN:4571106662813

¥4,400(税込)/m

Reference SPK-Black

Referenceシリーズの頂点に相応しいスピーカーケーブル

オルトフォンの最上位モデルとなるこのケーブルにはPCUHDとHiFC・OFCの3種類からなる導体を4芯配置とし、さらにこれをジオメトリック(幾何学的)に配置することで、それぞれの芯ごとにハイブリッドされている各導体の働きを均一化させ、それぞれの導体が持つサウンドの個性に調和を持たせています。そして音楽信号を忠実に伝送する際には必要不可欠といえる銅線の導体には物量を惜しむことなくふんだんに用い、これらの分量・配置には厳密な吟味がなされました。極めてナチュラル・高解像度なサウンドでありつつ一本芯の通ったようなエネルギー感や密度までも持ち併せた、まさに新たな「Reference」シリーズの頂点に相応しいケーブルとなっています。

※写真や図版の色彩は、画面上の表示の関係で実際とは若干異なる場合がございます。また、規格・仕様・デザイン・価格の一部を予告なく変更することがありますのでご了承ください。

  • 導体種類:PCUHD、HiFC、OFC
  • 導体面積:2.5㎟×4本
  • ケーブル径:Φ14.0㎜
  • 導体抵抗:8mΩ/m
  • 耐電圧:AC500V /1分間
  • シールド:アルミテープ
  • 絶縁材:高弾性エラストマー、ポリエチレン
  • 長さ:40m(1巻)
  • JAN:4571106662820

¥6,710(税込)/m


関連アイテム

※スピーカーケーブルはパッシブスピーカーとアンプ(プリメインアンプ/パワーアンプ等)を接続するためのケーブルです。

]]>
Nmode X-CD5:MQA-CDプレーヤー https://ordinarysound.com/nmode-x-cd5/ Fri, 28 Oct 2022 16:15:12 +0000 https://ordinarysound.com/?p=67597

X-PM5(1bitプリメインアンプ)にベストマッチなMQA-CDプレーヤー おすすめのシステム 製品情報 X-PM5にベストマッチなフルサイズMQA-CDプレーヤーの誕生!サウンドマネージャー鈴木哲(Fundament […]]]>

X-PM5(1bitプリメインアンプ)にベストマッチなMQA-CDプレーヤー


おすすめのシステム

製品情報

X-PM5にベストマッチなフルサイズMQA-CDプレーヤーの誕生!
サウンドマネージャー鈴木哲(Fundamental/Nmode社)設計・監修によるCDプレーヤー第二弾。
X-PM5(1bitプリメインアンプ)にベストマッチなCDプレーヤーとして登場です。
音質重視のアナログブロックシャットダウン機能を搭載し、専用CDトランスポートとしての使用も可能。
横幅フルサイズとしながらも、薄型かつ奥行きコンパクトな筐体は設置場所を限定しないスペース・ユーティリティを手にする一方、フレキシブルなスパイク装着も可能とし、細やかな音質チューニングにも応えます。

CD プレーヤー

X-CD5(S) 標準価格:242,000円(税抜:220,000円)JAN:4571399 480248 (シルバー)
X-CD5(B) 標準価格:242,000円(税抜:220,000円)JAN:4571399 480231 (ブラック)


X-CD5 主な特徴

  • サウンドマネージャー鈴木 哲(Fundamental/Nmode社)設計・監修CDプレーヤーの第二弾。
  • グランドポテンシャルを最適化、徹底したクリーン化と低インピーダンス化による残留ノイズを大幅低減。
    今までにない高S/N比を達成。
  • CDトランスポート機能。
    音質重視のアナログブロックシャットダウン機能を搭載し、専用CDトランスポートとしての使用も可能。
  • 色々遊べる外部クロック入力搭載。
  • MQA-CD対応、DACチップはES9038QM2を採用。
  • リモコン(X-RM20)対応、スパイクピン付属。
Nmode X-CD5

X-PM5 シルバー との組み合わせ

Nmode X-CD5

X-PM5 ブラック との組み合わせ

Nmode X-CD5

X-CD5 主要スペック

アナログ出力RCAピンジャック L/R × 1 系統
デジタル出力COAXIAL × 1系統、OPTICAL×1系統
外部クロック入力44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz、176.4kHz、192kHz、
11.2896MHz、12.288MHz、22.5792MHz、24.576MHz、45.1584MHz、49.152MHz
消費電力10W
サイズW420×H62×D220mm(突起物除く)/W420×H73×D237mm(最大)
重量約4.8kg
付属品リモコン、電源ケーブル、取説、保証書(各1)、単4型乾電池×2、スパイクピン×3
※デザイン仕様は、予告なく変更する場合がございます。
]]>