Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

PCスピーカーの種類と接続方法別おすすめ機種

PCスピーカーは音質や接続方法によって様々な種類があります。この記事では、PCスピーカーの種類と接続方法、音楽鑑賞や動画視聴のニーズを満たすスピーカーを紹介します。

PCスピーカーとは

PCスピーカーとはどんなスピーカーでしょうか?名前の如くパソコンで使うことを前提にしたスピーカーで、パソコン周辺機器のメーカーのアンプ内蔵小型スピーカーとホームオーディオメーカーのアンプ内蔵小型スピーカーのエントリーモデルの集合体をPCスピーカーというカテゴリーにしているのが現状です。価格としてはステレオペアで数千円~2万円がメインの価格帯といえそうです。

パソコン周辺機器メーカーやホームオーディオメーカーの製品が多い

パソコンで音楽鑑賞するにはPCスピーカーでは不十分

PCスピーカーは名称からしてパソコンに最適なスピーカーであると思われがちです。スピーカーで聴く音楽や動画の音声もMP3などの圧縮音源やYouTubeだから高価な高音質スピーカーはいらないとも思われがちです。

結論から先に述べると、パソコンで再生する音楽や動画の音質はたとえ圧縮音源であっても高音質なスピーカーを使うだけの価値を持ったクォリティですから、PCスピーカーのカテゴリーから選んでもコンテンツのクォリティを発揮する音質を得ることはありません。

PCスピーカーはあくまで簡便に使える入門機・サブシステムであると捉えるべきです。PCスピーカーのグレードは千差万別ですから音楽鑑賞や動画鑑賞用として使えるPCスピーカーを以下に種類ごとに紹介します。

接続形態別おすすめPCスピーカー

PCと容易に接続できることを前提にPCスピーカーを3つに分類しました。

この中にパッシブスピーカーが含まれていないのは、パソコンとスピーカーの他にアンプ(パワーアンプ)が必要で容易な接続とは少々言い辛いからです。※FOSTEX AP20dのような超小型パワーアンプとパッシブスピーカーでパソコンに接続する利用方法もおすすめします。

アナログ入力のアクティブスピーカー

パソコンのヘッドホン端子に接続するタイプで内部構造がシンプルなアクティブスピーカー(セミアクティブスピーカー)です。セミアクティブスピーカーについては、「スピーカーとアンプの基礎知識」のPCスピーカーで詳しく説明していますのであわせてご覧ください。

セミアクティブスピーカーは一般的にはアクティブスピーカーとして扱われますが、左右ペアのうちの1台はパッシブスピーカーそのものですからアクティブスピーカーと言い切るには違和感があります。

FOSTEXはスピーカー専業メーカーの老舗ですからPC周辺機器メーカーと比べて安心して使うことができます。

USB DAC内蔵スピーカー

PCと容易に接続できるスピーカーとしてUSBで接続するUSB DAC内蔵スピーカーがあります。

PCスピーカーとしてはかなり高額ですが、以下に紹介するAirpulseの一連のスピーカーはUSB DACやBluetoothレシーバーを含む豊富な入力機能を内蔵したオールインワン的なアクティブスピーカーです。

何れもモニタースピーカーを踏襲したバイアンプ方式でありながらUSBケーブル1本でPCとつながる手軽さから、PCオーディオ入門として使ってみるのもよいでしょう。シンプルにここからスタートしてより高音質を求めるようになったら、本格的なアクティブスピーカー(アンプ内蔵モニタースピーカー)に進むといったステップアップの方法もあります。

Bluetoothスピーカー

ほとんどのパソコンはBluetoothを内蔵していてワイヤレスでBluetoothスピーカーに容易に接続できるので、BluetoothスピーカーもPCスピーカーのカテゴリーに含めることができます。

Bluetoothスピーカーの多くは1台でステレオ(またはモノラル)再生しますが、パソコン周辺で利用するとなるとディスプレイの左右に置ける左右セパレートのBluetoothスピーカーが配置も自然で使いやすいでしょう。

以下の2機種はBluetoothの他にもケーブルで接続可能な高音質な小型スピーカーです。

IK MultimediaのiLoudMicroMonitor(画像左)は、DTM用途にも人気の本格的なモニタースピーカー(バイアンプ内蔵)です。おすすめスピーカーの1つですが品薄で入手困難な状況が続いています。

ruarkaudioのMR1 mk2海外で非常に評価の高い左右独立型のBluetoothスピーカーです。音質だけでなく外観も質感の高いおしゃれなおすすめスピーカーです。

購入、その他についてはお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スピーカー
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました