高音質スピーカーを生かすも殺すもセッティング次第

高価なスピーカーも無造作に置いただけでは良い音で鳴ってはくれません。

ルームアコースティック対策は重要で大きな改善を得ることができますが、それ以前にスピーカーをできるだけ望ましい位置にセッティングすることから始めることが大切です。

ポイントは高さと向き

事前確認

パッシブスピーカーの場合は、まずスピーカーケーブルのプラスとマイナスを正しく接続しましょう。右チャンネルと左チャンネルも間違わないように接続する必要があります。どちらも当たり前のことなのですが、意外とミスを犯していることがあるので注意したいものです。

ショップで試聴するときの注意点

ショップ、特に多くのスピーカーが展示されている場合は、聴いたままで判断してはいけません。多くのスピーカーを置くためには、高い位置にも低い位置にも置かれますし、外側にも内側にも置かれるので、その中で望ましい位置に置かれているスピーカーはほんの数種類に限られます。

高い位置や低い位置に置かれたスピーカーからは高音が届きにくいですし、端に置かれたスピーカーは壁の反射を受けやすくなり、どちらも不利な状況に置かれています。

聴き比べの際には、このような点を踏まえて判断する必要があります。

何れにしても店頭試聴はあくまで参考程度に留めておいた方が無難ですが、自分の部屋のスピーカーはある程度はレイアウト変更もできます。大切なのは高さと向き(それと振動対策)です。

耳の高さに置く

スピーカーと耳の高さは揃っていますか?スピーカーが低すぎても高すぎても高音は耳に届きにくくなります。高音を受け持つユニット(ツイーター)が耳の高さになるようにスピーカーを置くように心掛けましょう。

高さを揃えることが難しい場合には、スピーカーを傾けて耳の方向に向くように設置しても構いません。

iLoud MTMのマニュアルより拝借した画像

自分の方向に向ける

スピーカーの高さを調整したら次に自分とスピーカーが向き合うように少し内側にスピーカーを向けます。

家庭でもショップでも、正面の壁(スピーカーの後ろの壁)に平行にスピーカーが置かれた光景をよくみかけます。高い音は直進性が強いので正面からそれるほど高音は届きにくくなるため、高音が弱いと感じたらスピーカーの向きを自分の方に向けてみましょう。

スタジオモニタースピーカーの多くは元々が内向き(30度)にセットすることを前提に設計されています。ホームオーディオのスピーカーは必ずしもそのような設計とは限らずケースバイケースですが、高音が弱ければ内向きにすることで多少なりとも改善します。

iLoud MTMでセッティングによる違いを実測

スピーカーの高さと向きを揃える話は様々なところで語られていますが、セッティングの違いが実際にどのような結果をもたらしているかを教えてくれるところはあまり見かけることがありません。

iLoud MTM
iLoud MTM

ここではデスクトップに置いた iLoud MTMを使って、3パターンの設置で周波数特性がどのように変化するかを紹介します。

  1. 仰角をつけずに水平に、内側に向けず壁と平行にスピーカーを設置
  2. 1.の状態から内向き(約30度)に設置
  3. 2.の状態から iLoud MTMが最大に上に傾くように設置

注意)測定に使ったマイクの特性により高域が持ち上がった測定結果になってしまっています。10kHz以上は、緑の線がフラットになるよう修正して見ていただくと実際に近い結果になると考えてください 。

セッティングパターン1:茶色の線
スピーカーが水平角も仰角も耳の方向に向いていないセッティングでは、1kHz以上の高域がレベルダウンしています。明らかに高域不足です。
※実際によく見かけるパターンです

セッティングパターン2:青色の線
水平角を内向き(耳の方向)にすると高域特性が改善されます。

セッティングパターン3:緑色の線
仰角も耳の方向に向けることで高域特性は更に改善されます。

※機会があれば、マイクにiSEMconを使って再度測定したいと思います。

セッティングを3.の最適化した状態で、iLoud Micro MonitorのARC2(自動補正機能)を適用すると次のような結果(緑:補正前、茶:補正後)となります。

セッティングだけではカバーできない部分(700Hz以下)が、ほんの僅かな操作だけで見事に補正されています。

スピーカーのセッティングとアイソレーションに役立つアイテム

スピーカースタンドやインシュレーターは意外に高価なため敬遠しがちですが、スピーカーの能力を発揮するために欠かせない重要なアイテムです。特にデスクトップにスピーカーを置く場合に見逃しがちですが、その効果は絶大です。

スピーカーをアップグレードする前にチェックしておきましょう。

スピーカースタンド

各種スタンドのトップブランドULTIMATE SUPPORTの、汎用的に使えるスピーカースタンドです。高さ調整できるもの、角度調整できるもの、カラー選択できるものなど豊富です。

IK MultimediaのスピーカーiLoud Micro MonitoriLoud MTMは底面にマイクスタンド取り付け用のネジ穴があります。マイクスタンドなので高さを自由に調整できます。

MS-101
MS-101

AIRPULS A200は安価な専用スタンドが用意されていますから是非とも使いたいところです。

A200
AIRIMPULS A200の専用スタンド

デスクトップ用スピーカースタンド

ISO Acousticsからは、デスクトップ設置に最適なスピーカースタンドがラインナップされています。2種類のポールから高さを選び、仰角をつけることもできる優れモノでアイソレーション効果もあります。

ブラケット

ADAM AUDIOのSシリーズやAXシリーズは壁や天井に取り付けるための専用器具が豊富です。HEDD Type 05は取り付けようネジ穴があるので、同様に壁や天井に取り付けることができます。

S Series
S Series

インシュレーター

スピーカーと接地面をアイソレートするためのインシュレーターもスタンドと共に重要なアイテムです。中でもDMSD 60PROは耐荷重180kg/4個という強者です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スピーカー
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド Official Site
タイトルとURLをコピーしました