Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

スピーカーを正しく設置(セッティング)して高音質化する方法

高価なスピーカーも無造作に置いただけでは良い音で鳴ってはくれません。

ルームアコースティック対策は高音質再生に最重要ですが、その前にスピーカーをできるだけ望ましい位置に配置することと、スピーカーの振動を設置面に伝えないようにすることから始めて音質向上を目指しましょう。

セッティングのポイントは、スピーカーの高さと向き、それにスピーカーの振動を設置面から遮断(アイソレート)することです。

記事中に設置方法による音の違いを周波数特性で掲載していますから、是非参考にしてください。

設置前の確認事項

一般的なステレオ再生に使う2台のスピーカーは通常は右用、左用といった違いはありませんが、アンプやDACの左チャンネル出力が左のスピーカーに、右チャンネル出力が右のスピーカーに接続されているかを確認します。

パッシブスピーカーの場合は、更にチャンネルごとにプラスとマイナスの端子があるのでアンプとスピーカーのプラスとマイナスが逆に接続されていないかも確認します。

これらは当然の事と思っていらっしゃる方も大勢いると思いますが、意外にうっかり逆になっている場合もあるので要注意です。(開店以来ずっと左右逆置きスピーカーのジャズ喫茶もありました)

スピーカーの高さと向き

耳の高さに置く

スピーカーと耳の高さは揃っていますか?スピーカーが低すぎても高すぎても高音は耳に届きにくくなります。高音を受け持つユニット(ツイーター)がおおよそ耳の高さになるようにスピーカーを置くように心掛けましょう。

高さを揃えることが難しい場合には、スピーカーを傾けて耳の方向に向くように設置しても構いません。

※画像の出典:iLoud MTMのマニュアルより

自分の方向に向ける

スピーカーの高さを調整したら次に自分とスピーカーが向き合うように少し内側にスピーカーを向けます。

家庭でもショップでも、正面の壁(スピーカーの後ろの壁)に平行にスピーカーが置かれた光景をよくみかけます。高い音は直進性が強いので正面からそれるほど高音は届きにくくなります。高音が弱いと感じたらスピーカーの向きを自分の方に向けてみましょう。

スタジオモニタースピーカーの多くは元々が内向き(30度)にセットすることを前提に設計されています。ホームオーディオのスピーカーは必ずしもそのような設計とは限らずケースバイケースですが、高音が弱ければ内向きにすることで多少なりとも改善します。

ROKIT G4 (5インチ、7インチ、8インチバージョン) は、ツイーター (高音を再生する) とウーハー (中低音を再生する) が1台の筐体に収納された2ウェイスタジオモニターです。ツイーターとウーハーの間に音響軸ポイントがあり、そこに全周波数帯域が集中しています。音響軸がリスニング ポジションでの耳の高さと一致すれば、理想的な配置となります。音響軸が正しい方向を指すように、スタジオ モニターを傾けてもかまいません。

リスニングポジションから見た左右スピーカーの間の角度が60度になるように配置します。左右のスタジオモニターの間の距離を測り、リスニングポジションと左右のスタジオ モニターとの間の距離が、それと等しくになるようにします。このとき、リスニング ポジションと左右のスタジオ モニターで正三角形が構成されます。左右のスタジオモニターのレベルをマッチさせる (同じ音量にする) ことが重要です。

引用:KRK Rokit G4シリーズマニュアル

スピーカーの向き(角度)調整におすすめのスマホアプリ

KRK Audio Tools(iOS/Android)はスピーカーの音質向上に役立つ無料アプリです。

このKRK Audio Toolsの機能の「Monitor Align」を使うと、スピーカーの向き(角度)を簡単・正確に調整することができます。

コラム:ショップで試聴するときの注意点

ショップ、特に多くのスピーカーが展示されている所では、聴いたままの印象で判断してはいけません。多くのスピーカーを置くためには、高い位置にも低い位置にも置かれますし、外側にも内側にも置かれるので、その中で望ましい位置に置かれているスピーカーはほんの数種類に限られます。

高い位置や低い位置に置かれたスピーカーからは高音が届きにくいですし、端に置かれたスピーカーは壁の反射を受けやすくなり、どちらも不利な状況に置かれています。

聴き比べの際には、このような点を踏まえて判断する必要があります。

何れにしても店頭試聴はあくまで参考程度に留めておいた方が無難ですが、自分の部屋のスピーカーはある程度はレイアウト変更もできます。大切なのは高さと向き(それと振動対策)です。

セッティングによる周波数特性の違いをRP5G4で実測

スピーカーの高さと向きを揃える話は様々なところで語られますが、セッティングの違いが実際にどのような結果になるのかを教えてくれるところを見かけることはありません。

RP5G4

そこで、デスクトップスピーカーは配置を変えるとどのように音が変化するのかを周波数特性でご紹介します。検証に使用したのはニアフィールドスピーカーにもおすすめのKRK RP5G4です。

設置は以下の5パターンです。

  1. スピーカーを正面(壁と平行)向きでデスクトップに直置き
  2. スピーカーを正面(壁と平行)向きでデスクトップの間にインシュレーターを追加
  3. スピーカーを正面(壁と平行)向きででスピーカースタンドの上に設置
  4. スピーカーを正面(壁と平行)向きでスピーカースタンドによりスピーカーが傾くように設置
  5. 4.の状態から内向き(30度)に変更

設置パターン1と2(直置きとインシュレーター使用)

茶色のグラフはスピーカーを平行に、設置面に直置きした時の周波数特性です。※実際に見かけるパターンです

あるあるの、直置きで平行に設置したデスクトップスピーカー

RP5G4を含むKRK ROKITシリーズは底面にEVAフォームクッションが張り付けてあり良心的です。ですから厳密には直置きになりません

次に直置きを避けて一般的なインシュレーターを使った場合が緑のグラフです。

audio-technicaの上下に異なる材質を使ったインシュレーター

インシュレーターで僅か(12mm)に高くなりました

周波数特性を見る限り、両者に違いはほとんど見つかりません。どちらも10kHz以上が下降し高域不足です。

セッティングパターン2と3:インシュレーターとスピーカースタンド

インシュレーターの代わりにスピーカースタンドを使ったのが青のグラフです。

主に1kHz~6kHzに変化が見られます。10kHz以上に変化はほぼありません。

セッティングパターン3と4:スタンドを水平から傾斜へ

スピーカースタンドを傾斜させてスピーカーが上向きになるようにセッティングしたのがオレンジのグラフです。

スピーカーを上向きにしても、周波数特性は水平に置いた時とほぼ同じです。

IsoAcousticsのスピーカースタンドApertaとISO-STANDはスピーカーを上向きまたは下向きにセッティングできる優れモノです。

セッティングパターン4と5:スピーカーを内向きに

平行にスピーカーを置いた場合は、スピーカーを上向きにしても周波数特性に明確な変化は見られませんでした。そこでスピーカーがリスナーの位置に向くように内向き30度に設置したのが緑のグラフです。

スピーカーを内向きに変更することで、水平に置いた時に見られた高域の低下が見事に解消されています。

10kHz以上が顕著ですが、6kHz~10kHzにかけても改善されていることがわかります。

スピーカーを上に傾けたままで内側30度に向きを変更しています。30度は三角定規をあてることで簡単に出せます。

スピーカーのセッティングがベストな状態になったので、低域の定在波をイコライザー(Universal AudioのApollo x6)で補正したのが青のグラフです。

セッティングだけでは補正が困難な低音域のピークをほんの僅かな操作で補正することができます。

測定に使用した機器
  • スピーカー:KRK RP5G4
  • スピーカースタンド:IsoAcoustics Aperta
  • オーディオインターフェイス:Universal Audio Apollo x6 ※DAC, ADC, マイクアンプ, ルーム補正用イコライザーとして
  • パソコン:Apple Mac mini ※intel CPU
  • 測定ソフト:Room EQ Wizard
  • 測定用マイク:iSEMcon EMX-7150

スピーカーのレビュー、中でもニアフィールドスピーカーやデスクトップオーディオのレビューで、当記事中に掲載したようなスピーカー直置き・並行設置・高さの足りない設置などの写真が掲載されていたならその評価があてにならないことは、前述の結果を読めば明白です。

スピーカーの振動を設置面から遮断

スピーカーは振動により音を発生させる装置です。この振動がスピーカーの設置面に伝わると共振を起こして音質を低下させる(音を濁らせる)原因になるので、振動を遮断する目的でインシュレーターをスピーカーと接地面の間に敷いたり、振動を遮断するスピーカースタンドを使います。

スピーカーのセッティングとアイソレーションに役立つアイテム

スピーカースタンドやインシュレーターは意外に高価なため敬遠しがちですが、スピーカーの能力を発揮するために欠かせない重要なアイテムです。特にデスクトップにスピーカーを置く場合に見逃しがちですが、その効果は絶大です。

スピーカーをアップグレードする前にチェックしておきましょう。

デスクトップ用スピーカースタンド

ISO Acousticsからは、デスクトップ設置に最適なスピーカースタンドがラインナップされています。スピーカーに仰角をつけることもできる優れモノでアイソレーションの役割も担います。

Aperta
Aperta 左:Aluminum 右:Black

ISO Acousticsのスピーカースタンドはデスクトップ用途ばかりでなく、写真のようにフロア スピーカースタンドの上で使うこともできます。

アイソレーションとスピーカーの仰角調整に役に立ちます。

インシュレーター

スピーカーと接地面をアイソレートするためのインシュレーターもスタンドと共に重要なアイテムです。中でもDMSD 60PROは耐荷重180kg/4個という強者です。

IsoAcoustics

DMSD

スピーカースタンド

各種スタンドのトップブランドULTIMATE SUPPORTの、汎用的に使えるスピーカースタンドです。高さ調整できるもの、角度調整できるもの、カラー選択できるものなど豊富です。

IK MultimediaのスピーカーiLoud Micro MonitoriLoud MTMは底面にマイクスタンド取り付け用のネジ穴があります。マイクスタンドなので高さを自由に調整できます。

MS-101
MS-101

ブラケット

ADAM AUDIOのSシリーズやAXシリーズは壁や天井に取り付けるための専用器具が豊富です。HEDD Type 05は取り付け用のネジ穴があるので、同様に壁や天井に取り付けることができます。

S Series
S Series

あわせて読みたい

スピーカーを高音質で再生するためにはセッティングを含め様々な工夫が必要です。

あわせて読みたいおすすめ記事

スピーカースタンドは単なるアクセサリーではありません。スピーカーのマストアイテムです。

卓上スピーカースタンドの決定版 IsoAcoustics Aperta ISO Stand
小音量でもスピーカーで高音質に音楽を堪能できるデスクトップオーディオ。DTMのモニタースピーカーを机上で使う場合も1種のデスクトップオーディオと言えます。しかし、デスクトップでスピーカーを使うにはクリアしなければならない2...

デスクトップオーディオならスピーカー リスニングを容易に実現できます。

デスクトップオーディオのすすめ - 高音質スピーカーはオーバースペックか?
デスクトップにスピーカーを置いて音楽を聴くスタイルはデスクトップオーディオと呼ばれます。ワンルームやプライベートルームでスピーカーを利用するのに適した方法ですし、サブのオーディオシステムとしてベッドサイド等でも使われています。...

デスクトップで良い音を聴くならニアフィールド用のスピーカーを選びましょう。

ニアフィールド スピーカーおすすめ20選:小音量で高音質
新しい生活様式によってインドアライフの時間が増えてきています。これまで以上に音楽に触れる機会も多くなったことではないでしょうか?イヤホンやヘッドホンを長時間使わないイヤホン・ヘッドホンを長時間使うと耳に負担がか...

スピーカーで高音質再生するための最も効果的で低コストな方法はデジタルルームチューニングです。

スピーカーリスニングの音質向上に最も効果的なたった一つの方法
スピーカーで高音質に聴きたくて、スピーカー自体やスピーカーケーブル、インシュレーターを買い替えて音響パネルも設置したけれど期待した効果は得られなかった、そんな経験はありませんか?初めてスピーカーを使ってみたがヘッドホンの方が高音質だったと...

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スピーカー
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました