ネットショップのクレジットカード利用を再開! ショッピングガイド

PIEGA ACE 30:小型でおしゃれな高音質スピーカー

  • アルミ製キャビネット
  • AMTリボンツイーター搭載

キャビネットにアルミを使うメリット

スピーカーキャビネットの多くは木が使われます。PIEGA ACE 30で使われているアルミのメリットは、木より薄くても木と同じ強度を確保できることです。結果的に同じ内容積のスピーカーではアルミで作った方が木で作るよりも小型になるといったメリットがあります。※スピーカーの内容積はスピーカーの音質に大きく影響しますから安直に小さくすることはできません。

この他にもアルミは金属ですから木よりも自由な形状を作り出すことが容易になります。これは見た目だけでなくスピーカー内部の音響設計としても自由度が高くなることになります。また、再利用可能資源として今日のニーズも満たしています。

AMT

一般的にPIEGA ACE 30のツイーターは”リボンツイーター”と紹介されていますが、AMTは見た目からもHEDD AudioやADAM AudioのAMTと同じ方式のツイーターと思われます。AMTはAir Motion Transformerの略でフィルムをジャバラ状に折りたたんだ構造のツイーターで、歪の極めて少ない高音質を実現します。耳に刺さらずどこまでものびやかです。

組み合わせ例
DACiFi audio ZEN ONE Signature
プリメインアンプNmode X-PM3 FT

ACE 30におすすめのパワーアンプ/プリメインアンプ

ACE 30におすすめのスピーカーケーブル

CLEAR OVAL
Analysis Plus CLEAR OVAL
ACE 30をメインとしたデスクトップシステム
ACE 30システム

ACE 30は小型(幅140mm)で高音質なパッシブスピーカーです。プリメインアンプをUSB DACとデジタル・アナログ入力を備えた小型(幅235mm)で高音質なNuPrime IDA-8にすることで、デスクトップにも余裕で設置できるおしゃれでフレキシブルなオーディオシステムになります。IDA-8とPIEGA ACE 30はデザイン的にもシルバーやブラックに統一できます。

PIEGA ACE 30
PIEGA ACE 30

デスクトップに最適なPIEGA ACE 30の設置方法をスピーカーを正しく配置(セッティング)して高音質化する方法に記載しましたので、あわせてご覧ください。デジタルルーム補正を併用すると、これ以上は不要と思わせるほどのパフォーマンスを発揮します。

目次

ACE 30の使い方

PIEGA ACE 30は、設置スペースに制約がありスピーカーのサイズは小型に限られるが、音質と見た目は絶対に妥協したくないと言う我儘な要望に応える最強のパッシブスピーカーです。

設置スペースの制約が多いデスクトップオーディオにはアクティブスピーカーが有利ですが、PIEGA ACE 30は小型アンプを使うことでパッシブスピーカーのデメリットをカバーできます。

サイズ

H220 x W140 x D160 mmと非常にコンパクトなスピーカーです。さらにアルミニウム成型による曲線をふんだんに取り入れたフォルムのお陰で実寸よりもコンパクトな印象を与えてくれます。

反面、重さは3kgとサイズの割に重くアクティブスピーカーかと思わせるほどずっしりしていて設置時の安定感があります。

デスクトップに小型スピーカーを設置する際に見落としがちなのがスピーカーを設置する高さです。インシュレーターなどを敷いてもACE 30の高さは22cmですから、耳の高さよりもかなり低い位置で再生することになります。これでは完全に高域不足の音になってしまいます。加えてスピーカーの向き(水平角)も見過ごされがちです。お行儀よく正面を向けて設置するのがベストではありません。PIEGAのマニュアルにもあるように、設置の基本はリスナーに向けて内振りです。高域が強いようであれば外側に向けます。

測定と最適化

ただでさえ高音質なACE 30のポテンシャルを遺憾なく発揮させるには設置の最適化だけでは不十分でルームアコースティックの影響を回避させることが不可欠です。測定結果を元に周波数特性を補正するとACE 30本来の実力が発揮されるので、無補正時の音が付帯音だらけであることが明白になります。 

最適化のビフォーアフター:ACE 30
最適化のビフォーアフター

上のグラフはACE 30を最適化する前と後の周波数特性比較です。ルームアコースティック対策前(赤、緑)は定在波の影響を受けて周波数特性が盛大に歪んでいることがわかります。測定結果に基づいて最適化(青、黄)した再生音はハイエンドクラスの音質に豹変します(最適化によりACE 30の本来の性能が発揮されたということです)。

100Hzの大きなディップが軽減されたことも最適化によるメリットと言えそうです。

それにしても、グラフからもわかるように40HzまでのびていることはACE 30のサイズとして特筆ものと言えます。試聴前は60Hz以下は期待できないだろうと想定していたので嬉しい誤算でした。

ACE 30はヒップホップ系が苦手と感じたならば定在波の影響の可能性があるため測定してみると良いでしょう。シンセサイザー類の重低音は定在波の影響を受けると聴くに堪えないボワボワの音になります。

試聴に使ったシステム
デスクトップに置いたACE 30
  • プレーヤー:Intel NUC8(Spotify, JRiver Media Center 29, 他)
  • DAC:ART USB MIX 4
  • パワーアンプ:FOSTEX AP20d
  • スピーカーケーブル:FOSTEX AP20dの付属品

ACE 30のグレードであれば一般的にはよりハイグレードなプレーヤーやアンプが使われますが、今回のように価格的にはアンバランスと言えるほど安価なDACやアンプとの組み合わせでも十分にハイグレードな再生ができました。システムの価格配分でスピーカーにお金をかけると費用対効果の高いシステムになることが今回も実証できました。

オーディオインターフェイスのART USB MIX 4をDACとして使ったのは、ルームアコースティック測定による補正で部屋に最適化した再生をするためです。再生時にはART USB MIX 4を使わず好みのDACを使うこともできます。

製品情報

ACE30の演奏を聴けば、空間を埋め尽くすサウンドにきっと驚かされるでしょう。
その寸法にもかかわらずクリアで伸びのある低域は、AMT-1リボンツイーターとともに繊細で大胆な音楽再生を提供します。

印象的なミッドレンジ/ツイーターサウンド

前作から定評のあるAMT-1リボンツイーターと、改良された120mmMDSローミッドレンジドライバーが印象的でパワフルなサウンドを提供します。

PIEGA AMT

響きのある音の体験

Ace 30は、繊細なジャズやクラシック音楽と完璧に調和しているだけでなく、パワフルなロックやエネルギッシュなポップミュージックにも感銘を与えます。
そこではスピーカーの存在が消え、音楽だけがあるのです。

PIEGA ACE series

Technical Data

modelACE 30
2 ウェイ バスレフ型 ブックシェルフスピーカー
推奨アンプ出力20-150W
能率87dB/W/m
インピーダンス
再生周波数特性50Hz – 40kHz
ユニットAMT-1 リボントゥイーター x 1
12cm MDS*ウーファー x 1
クロスオーバー周波数4kHz
入力端子5Way ターミナル シングルワイヤリング
サイズH220 x W140 x D160 mm
総重量3kg/本
仕上げ
(キャビネット:アルミ製)
シルバー/シルバーアルマイト加工/バッフル:シルバーファブリック
ブラック/ブラックアルマイト加工バッフル:ブラックファブリック
ホワイト/ホワイト塗装/バッフル:ホワイトファブリック
※仕様や価格は予告無く変更する場合があります。

PIEGAのスピーカー

目次