HEDD Lineariser で位相やインパルス応答を向上、HEDDは更に音質アップするスピーカー

HEDD Lineariser で位相やインパルス応答を向上、HEDDは更に音質アップするスピーカー

オーディオ機器のレビュー記事などで「位相が揃っている」、「インパルスレスポンスが・・・」などの表現をたまに見かけることがありますが、ピンとこない方も多いはず。

HEDD Lineariser は、HEDD スピーカーの位相特性や音圧特性をデジタル領域でカバーすることでスピーカーのポテンシャルを更に高める高音質に有効なWin/Mac対応のアプリです。

HEDD Lineariser適用前と後のスピーカー特性を測定し、更に実際に音楽再生して違いを確認してみました。

HEDD Lineariser を使うとどのような改善があるか

高音質再生のためにやっておくべきたった一つの事:音響特性の改善と同様の方法でWindows PCにインストールしたHEDD Lineariserによる効果をHEDD Type 20で測定しました。

HEDD Type 20HEDD Lineariser

HEDD Type 20HEDD Lineariser

測定環境

  • 一般的な部屋※無響室ではありません
  • 測定マイク位置:スピーカー正面10cm(音響軸付近)

周波数特性(音圧周波数特性)

周波数特性比較

茶色:HEDD Lineariser 適用前、緑色:HEDD Lineariser 適用後

部屋の影響含めるとHEDD Lineariser適用前も立派な周波数特性です。HEDD Lineariserを適用すると低域の盛り上がりが抑えられ高域のへこみが持ち上がって音圧差が狭まっています。

位相特性(位相周波数特性)

位相周波数特性-Lineariserなし 位相周波数特性-Lineariserあり

位相周波数特性は音圧周波数特性と一変してLineariser適用前後で歴然とした違いがあります。

上の茶色の線はLineariser適用前で、いびつな線もなくマルチウェイのスピーカーとして優れた特性と思います。特に5kHz以上がフラットである点はHEDD AMTツイーターの誇りと言えるでしょう。※グラフがノコギリ状なのは位相±180度で折り返して描画した結果です

下の緑の線はLineariser適用後です。30Hzから20kHzに渡って見事に位相が揃っています。※30Hz以下はスピーカー(HEDD Type 20)の公表値(32Hz~)を外れているので無視して構わないと思っています。

インパルス応答(インパルスレスポンス)

Lineariser適用前のインパルス応答

Lineariser適用後のインパルス応答

インパルス応答についても位相周波数特性同様に大きな改善が見られます。特に200µs(マイクロ秒)付近に顕著な変化が見られます。

※インパルス応答:手をパンと叩いたような瞬発的な音に対する再生機器の反応特性。本来はスパンと止まらなければならない音に余韻が残ると歯切れの悪い不自然な再生音になります。30cm以上など大口径のスピーカーはインパルス応答的に不利と言えます。(HEDD Type 20 のウーハーは18cm)

群遅延(GroupDelay)

群遅延ービフォー

群遅延ーアフター

群遅延で見ると、30Hz~60Hzで改善効果が大きいことがわかります。ベースギターの最低音域です。

HEDD Lineariserによる音の改善

上記のようにHEDD Lineariserの適用前と後を測定して比較してみました。

では音楽再生として実際にどんな効能があるか?

位相特性の改善は低域にも高域にも効果的と言われます。HEDDアクティブスピーカーはツイーターにHEDD AMT(Air Motion Transformer)を搭載しているため元々高域特性が優れていて歪み感なくハイスピードで伸びやかに再生してくれます。上の周波数特性からも高域の位相特性は優れていることがわかります。

HEDD AMT

位相特性の優れたHEDD AMT(Air Motion Transformer)は、オスカー・ハイル氏が発明したAMTの正統な流れをくむ最先端の高音質ドライバーです。クラウス・ハインツ氏はADAM Audio社を創立しAMTであるX-ARTツイーターをデザイン、後にHEDDを創立しAMTの開発を更に一歩進化させHEDD AMTが誕生しました。

出典:エアーモーショントランスフォーマー by クラウス・ハインツ

元々高域特性の良いHEDD Type 20を聴く限りでは、ベースギターやドラムのキック(バスドラ)の演奏表現が改善されることがよくわかります。特に早いパッセージの演奏がわかりやすいかもしれません。

ベースやキックの音に芯が生まれ、重心が下がり、実在感が出てきます。

結果、低音に限らず音楽全体の躍動感が増してきます。

HEDD Lineariser適用前の低音は平面的で実在感が薄くベールに覆われて虚ろです。

音ヤセした?

補正でよくある誤解が、補正結果を”音ヤセした”と勘違いすることです。

本来の音ではない付帯音も一緒に聴いていた耳には存在していたものが無くなったのですから相対的に音の一部が失われ”音ヤセ”したと感じるのでしょう。しかし、よくよく聴いてみればどちらが本来の音であるかはすぐに理解できます。音に限った話ではありませんが誰しも慣れ親しんだ物事を基準にして判断しがちですから、一歩下がって冷静に判断するように心掛けたいものです。

以下にHEDD Lineariserの試聴に使った曲を紹介します。SpotifyはフリープランでもPCを使って以下のリンクから再生できると思います。

La Isla Bonita / Ryu Miho

Treasure / 黒咲ゆきみ

Roundabout / Yes

Enter Sandman / Metallica

これらに限った話ではなく、あらゆる曲でHEDD Lineariserの効果を確認できると思います。概ね低音楽器のエッジが立つようになり見通しが明るくなります。勿論、スローアタックな演奏はそのままスローです。決してデフォルメされる訳ではありません。上記の曲の中でも特に爽快だったのはMetallicaです。タムのアタック感が引き立って迫力が出ます。

※Spotifyのフリープランはプレミアムプランよりも低ビットレートですが、それでもLineariserによる効果は確認できます。

HEDD Lineariserを音楽再生で利用するには

HEDD Lineariserは、プラグイン版とスタンドアローン版の2種類がインストールされます。Windowsの場合、JRiver Media CenterなどのVSTプラグイン対応再生ソフトにプラグインを組み込んだほうがすんなり利用できます。※Macは試す環境がありませんが、Windows同様にプラグインの利用が簡単だと思います。

JRiver

※foobar2000もVSTプラグインに対応するコンポーネントを組み込んで動作確認済みです。ただし、foobar2000をVSTプラグインに対応させるコンポーネントの更新が長年止まっていることからfoobar2000でVSTプラグインを使うのはおすすめできません。この他、MusicBeeも試した事はありますが、積極的に使いたいとは思いませんでした。

HEDD Lineariser

HEDD Lineariserの操作はいたってシンプルです。

基本的に、使っているHEDDスピーカーのモデルを選択すれば良いです。モデル選択の下の「HEDD/Anechoic」は聴いてみて好きな方を選べばよいでしょう。PHASEは音楽再生に限っては「Linear Full rannge」以外を選ぶ理由がありません。※Linear > 500 Hz/Minimum Phaseは音楽制作で録音する時のための設定と考えてください。

アクティブスピーカーカテゴリの最新記事