Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

TuneBrowser:VST3プラグインの使い方

TuneBrowser5.0.0で待望のVST3プラグイン対応になりました。

VST3プラグインを追加したTuneBrowser

プラグインを追加するには

PCに保存されているVST3プラグインをTuneBrowserに追加して利用できるようにするには

  1. 「ファイル > 設定」メニューで「設定」画面を開きます。
  2. 画面左のツリーから「再生の設定 > 再生の詳細設定 > VST3プラグイン」を選択して「VST3 plugins」(画面右)を表示します。
  1. 「追加」ボタン(画面右上)をクリックして、追加するプラグインを選択します。
VST3が保存される既定のフォルダが開きました
  1. 「VST3 plugins」のリストに選択したプラグインが追加されます。

再生にプラグインを適用するには

再生時に追加したVSTプラグインを有効にするには、

  1. Player View右端の「VST3」ボタンまたは右下の「VST3」インジケーターをクリックします。
「VST3」ボタンをクリックしてVST3プラグインを有効にします

TuneBrowserのアップデートで旧「DSP」ボタンと「DSP」インジケーターの名称が各々「VST3」ボタンと「VST3」インジケーターに変更されました。

プラグインの画面を表示するには

TuneBrowserに追加したプラグインは、操作パネルを表示してエディットすることができます。

プラグインの操作パネルを表示するには

  1. 「再生 > VST3プラグインのエディタ」メニューのサブメニューから表示するプラグインを選択します。

VST3プラグインの入手方法

VST3プラグインは有償・無償を含め数えきれないほど豊富な種類が揃っています。

入手方法としては、市販パッケージ品、ダウンロードなどの他にオーディオインターフェイスに無償バンドルされるものもあります。

VST3プラグインを気楽に試してみたければ数多くのプラグインが無償配布されています。Voxengo SPAN(スペクトラムアナライザー)で有名なVoxengoもその1つです。

市販パッケージのおすすめは、オーディオプラグインの大手でもあるIK MultimediaのT-RackS 5 MAXです。一定額以上の同社製品を所有していれば優待価格で購入できます。



VST3プラグインをバンドルしたオーディオインターフェスなら、すぐさまTuneBrowserでプラグインを利用できてリーズナブルです。

SpotifyやYouTubeなどTuneBrowser以外の再生ソフトでもVST3プラグインを使うには、VoiceMeeter BananaとDAW(デジタルオーディオワークステーション)の利用がおすすめです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
TuneBrowser
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました