Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

Cantabile Lite:無料のVSTホストアプリケーション

Cantabile(カンタービレ)はWindowsで動作するVSTホストアプリケーションです。Ableton Live Lite等のDAWソフトの代わりにVSTプラグインを動作させることができます。

Cantabile Liteは Cantabileの3つのエディションの中の1つで無料で利用できます。

Cantabileの3つのエディション

  • CANTABILE LITE
  • CANTABILE SOLO
  • CANTABILE PERFORMER

詳細はオフィシャルサイトのCantabile Edition Comparisonを参照してください。

PCオーディオとしての活用

CANTABILEは音楽のライブパフォーマンス用のソフトウェアですが、リスニング用途としても再生音にイコライザー等のオーディオプラグインが使えるようになる優れモノとして活躍してくれます。

DAWソフトを使えばCantabileを使う必要はありませんが、リスナーにとってDAWソフトは難解で使わない機能も多いのでリスニング用途には必要な機能に絞られたCantabileが相応しいといえるでしょう。

上の画像は、VoiceMeeter BananaとCantabile Liteを使ってYouTubeの音声にVSTプラグイン(SSLのVocal Strip2)を適用して再生している状態のスクリーンショットです。

画面左上がCantabile Liteのウィンドウで、VSTプラグインをVoiceMeeter Bananaにインサートしています。DAWソフトに比べて機能がシンプルなぶん、動作も軽快です。

上の図は音楽再生ソフトや外部プレーヤーとVoiceMeeter、Cantabile Liteの概念図です。※VSTホストアプリケーションとしてCantabileを使います。

VSTプラグイン対応の音楽再生ソフトにCantabileは不要?

foobar2000、TuneBrowser、JRiver Media Center、Audirvana等のVSTプラグインに対応した音楽再生ソフトの場合は、わざわざCantabileを使う必要は無さそうに思えます。

しかし、foobar2000とJRiver Media Center(ver.26以前)はVST2のみのサポートで、 TuneBrowserとAudirvanaはVST3のみのサポートですから、VST2とVST3を使えるCantabileの利用価値はあります。

例えばUniversal AudioのUADプラグインをVSTとして使う場合はVST2のみの対応ですから TuneBrowserやAudirvanaでUADプラグインをVSTとして利用するにはCantabileが役立ちます。JRiver Media CenterはWavesのプラグインを動作させることができない不具合?があるためCantabileが役立ちます。同様にfoobar2000で動作しないプラグインもCantabileで動作できる可能性があります。

※JRiver Media Centerはver.27からVST2とVST3に対応したらしいですが、WAVESのプラグインが動作するとの情報を見かけたことはありません。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
PCオーディオ
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました