Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

音楽再生ソフトのおすすめ4選:Windows/Mac

聴きたい音楽にスムーズにリーチするにはPCの音楽再生ソフトが便利です。関連する楽曲が一緒に表示されると音楽を聴く楽しみが広がります。

音楽再生ソフト別カテゴリー

TuneBrowserがver.5.0.0(正式版)でVST3に対応

5.0.0の正式版はまだですが、念願のVST3プラグイン対応となっています。これでWindowsの音楽再生ソフトの決定版はTuneBrowser一択になったと言えそうです。※無料ソフトならfoobar2000

Windowsでおすすめの音楽再生ソフト(2021/5/31)

JRiver Media CenterからTuneBrowserへ

オーディナリーサウンドでは仮想オーディオデバイス機能(WDM/ASIO)と多くのVSTプラグインが動作することが理由でJRiver Media CenterをWindowsのリファレンス音楽再生ソフトと位置付けていました。この2つのフィーチャーはPCオーディオの可能性を拡大する魅力溢れる要素で他の音楽再生ソフトでは実現できないことが理由です。

一方で、メタデータ(タグやアルバムアートワーク)を活用したPCオーディオならではの音楽の聴き方といった面ではTuneBrowserが特出しており、どちらのソフトを選ぶかは目的や好みに委ねざるを得ませんでした。

しかし、VoiceMeeter BananaをTuneBrawserその他のソフトと共に使うことで仮想オーディオデバイス機能やVSTプラグインに対応でき、JRiver Media Centerの代替以上の働きをしてくれることがわかりました。例えばJRiver Media Centerで動作しないWAVESプラグイン(VSTプラグインのトップブランド)もVoiceMeeter Bananaなら動作します。

このような経緯で、動作の安定性やサポートの信頼性からもWindowsのリファレンス音楽再生ソフトをTuneBrowserに移行していく考えです。

Audirvanaについて

AudirvanaはMQAレンダラーDACが使えることと、VST3プラグイン対応の2つのフィーチャーにより大いに注目していました。しかし、MQAフルデコードDACの低価格化(iFi ZEN DAC、Lotoo PAW S1等)によりAudirvanaに限らずともMQAがフルデコードできるようになったこと、VST3プラグインの動作が思わしくないことから、Audirvanaを使う必然性が薄れています。更に、永年ライセンス(売り切り)のAudirvana3.5は販売終了となりサブスクライセンス(¥890/月)のAudirvana Studioに置き替わりました。※音楽聴き放題のサブスクサービスと変わらない料金です。

foobar2000について

foobar2000はオーディナリーサウンドにとって最も付き合いの長い音楽再生ソフトです。その後、音楽管理の柔軟性の高さからTuneBrowserにシフトしましたが、今でもfoobar2000は健在でアップデートが繰り返されています。無料ソフトなら信頼できるおすすめ音楽再生ソフトです。

Macでおすすめの音楽再生ソフト(2021/5/31)

AudirvanaからJRiver Media Centerへ

Macの場合も、MQAレンダラーDACが使えることと、Audio Units(AU)プラグイン対応の2つのフィーチャーによりAudirvanaに大いに注目していましたが、Windows版と同様の理由でMacのリファレンス音楽再生ソフトをJRiver Media Centerに移行していく考えです。

Mac版JRiver Media Centerで扱えるオーディオプラグインはVSTのみでAudio Units非対応であることとWindows版同様の難点が課題となるため、Macで動作するVoiceMeeter Banana相当のソフト(Black Holeの類)を模索中です。

Mac版foobar2000も少しずつながら進化しつつあるので期待しています。

TuneBrowser

TuneBrowserはWindowsで利用できる高音質なライブラリー管理・再生ソフトです。

TuneBrowserをスマホやタブレットでリモート操作するLinn Kazooやfidata Music App(共に無料)等のアプリが利用できます。

TuneBrowserの概要と使い方一覧は「TuneBrowser:PCならではの聴く楽しさを+αしてくれる高音質プレーヤー」をご覧ください。

TuneBrowser記事一覧

foobar2000

高音質音楽プレーヤーの老舗的存在であるfoobar2000は、現在オーディナリーサウンドのメインプレーヤーから主役の座を明け渡したものの、未だアンインストールできない音楽ライブラリー管理に欠かせないソフトです。

foobar2000公式サイト:https://www.foobar2000.org/

foobar2000記事一覧

JRiver Media Center(JRMC)

JRiver Media Center(JRMC)はWindows、Mac、Linuxで動作する高音質なライブラリー管理・音楽再生ソフトです。

最新バージョン(2021/3/10調べ) 注)JRMC27へ変更する予定は今のところありません

  • Mac:26.0.107
  • Windows:26.0.107

JRiver Media Centerの概要と使い方一覧は「JRiver Media CenterをPC再生ソフトのリファレンスとする理由」をご覧ください。

JRiver Media Center記事一覧

Audirvana

Audirvanaが3.5からStudioに変更され、ライセンスも永年から定期購入に変更されたようです。

Audirvanaの2大特徴のメリットが薄れてきたこともあり、当面はStudioへの変更は見送ります。

  • Audirvana 3.5のMQAコアデコーダーのメリットが薄れた
    ZEN DACPAW S1 (Lotoo)等、低価格でMQAフルデコード対応DACが増えています
  • VST3(Windows)とAudioUnit(Mac)の動作が芳しくない
    JRiver Media CenterVoiceMeeter Banana等は代替以上の働きをします

AudirvanaはMacとWindowsで利用できる高音質な音楽ライブラリー管理・再生ソフトです。

Audirvanaをスマホやタブレットでリモート操作できるiOS/AndroidのアプリAudirvana Remoteが無料で提供されます。

Audirvana記事一覧


関連記事:


PCミュージックのすすめ
PCミュージックとは?PCミュージック=PCオーディオを包含し発展させた音楽再生の統合環境iTunesの普及により音楽CDをPCに取り込んで音楽を楽しむようになりました。その後にPCを従来のオーディオ機器に接続して...
PCオーディオのすすめ:音楽プレーヤー・高音質化・録音・音楽管理
今のPCオーディオは音楽再生ソフトをUSB DACに出力する程度ですが、パソコンを利用するのならスピーカーやヘッドホンを高音質に聴けるようにしたり、レコードやMDをパソコンに取り込んだり、音楽ライブラリーを一元管理したり等々、PCの能力をフル活用したいものです。
デスクトップオーディオのすすめ - 高音質スピーカーはオーバースペックか?
デスクトップにスピーカーを置いて音楽を聴くスタイルはデスクトップオーディオと呼ばれます。ワンルームやプライベートルームでスピーカーを利用するのに適した方法ですし、サブのオーディオシステムとしてベッドサイド等でも使われています。...
Spotify(スポティファイ)の使い方・聴き方まとめ記事
Spotifyは新しい音楽体験を提供してくれる素晴らしいサービスです。利便性がクローズアップされがちですが音質面も侮れません。イヤホンや簡易スピーカーだけなく高音質スピーカーや高音質ヘッドホン・高音質イヤホンで聴くことをおすすめし...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
音楽再生ソフト
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました