iFi audioのMQA対応状況

mqa

先日のiFi audio Pro iDSDのMQA対応を受けて、その他現行のiFi Audio DACも含めてたMQAの対応について調べてみました。

MQAフルデコーダー搭載機とMQAレンダラー搭載機

iFi audio のDACはMQA対応としてMQAフルデコーダー搭載とMQAレンダラー搭載の2種類が存在します。

MQAフルデコーダーを搭載(またはファームアップデートで搭載)しているのがPro iDSDです。一方で、MQAレンダラーを搭載しているのが、hip-dac・ZEN・X・nanoシリーズ等の機種です。

MQA対応方式
  • MQAレンダラー:hip-dac、ZEN DAC、xDSD、nano iONE、nano iDSD BL 等
  • MQAフルデコーダー:Pro iDSD

MQAの再生環境:メディア、再生ソフト等

MQA音源は3種類のメディア(配信配布)方法で入手することができます。そしてMQAフルデコーダー対応DACとMQAレンダラー対応DACで再生できるメディアが異なってきます。

フルデコーダーはあらゆるメディアのMQAを再生可能ですが、レンダラーの場合は通常のCDプレーヤーでMQA-CDを再生するとMQAではなく通常のCD(44.1kHz/16bit)として再生されるようです。

※確かに以前nano iONEとCDプレーヤーをデジタル接続してもMQAとしては認識していませんでした。関連記事として「iFi nano iONEはDSD11.2MHz/Bluetooth/MQA対応のハイCP&超コンパクトDAC」を参照してみてください。

ストリーミング配信ダウンロード配信MQA-CD
フルデコーダー対応DAC
レンダラー対応DAC×

ストリーミング配信は、TIDALが有名ですが日本ではまだサービスインしていません。(裏技を使う方法はあり)

ダウンロード配信は、Pro iDSD(フルデコーダー対応)であれば多くのソフトで再生可能なはずです。

※以前にMYTEK DigitalのLiberty DAC(フルデコーダー)とJRiver Media Centerやfoobar2000で動作確認したことがあります。

レンダラー対応のDACの場合は、AudirvanaやRoonなど特定の再生ソフト(コアデコーダー対応)との組み合わせが前提条件になるようです。

前述のとおりMQA-CDは、フルデコーダー対応に限られるようです。表中でレンダラー対応を「△?」としたは、MQA対応のCDプレーヤーで再生できるかもしれないからです。
フルデコーダー対応機のMYTEK Digital Liberty DACと通常のCDプレーヤーをデジタル接続で再生した記事も参照してみてください。

まとめ

このように一言でMQAと言ってもDACによって再生可能なメディアが異なったり、特定の再生ソフトが必要だったりするため、事前に確認する必要があります。

MQAを利用するにはまだまだ情報が少ない状況です。今後も引き続きウォッチしてアップデートしたいと思います。


MQAといえばTIDAL、TIDALといえばJay Z、ということで大好きなEmpire State of Mindです!

Jay Z & Alicia Keys – Empire State of Mind
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
DAC / ADC
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド Official Site
タイトルとURLをコピーしました