iFi audioのMQA対応状況

mqa

先日のiFi audio Pro iDSDのMQA対応を受けて、その他現行のiFi Audio DACも含めてたMQAの対応について調べてみました。

MQAフルデコーダー搭載機とMQAレンダラー搭載機

Pro iDSD
Pro iDSD
micro iDSD BL
micro iDSD BL
xDSD
xDSD
nano iONE
nano iONE

nano iDSD BL
nano iDSD BL
nano iDSD LE
nano iDSD LE

iFi audio のDACはMQA対応としてMQAフルデコーダー搭載とMQAレンダラー搭載の2種類が存在します。

MQAフルデコーダーを搭載(またはファームアップデートで搭載)しているのがPro iDSDです。一方で、MQAレンダラーを搭載しているのが、nanoシリーズ(iDSD LE, iDSD BL, iONE)、micoro iDSD BL、xDSD等の小型の機種です。

  • MQAレンダラー:xDSD, micro iDSD, nano iONE, nano iDSD BL, nano iDSD LE 等
  • MQAフルデコーダー:Pro iDSD
iFi audioから待望のフラッグシップ機Pro iDSDが登場しました。 ウルトラスペックのDAC DSD102...
ローコスト&ハイスペック&コンパクトなiFi audioのnanoシリーズは種類が豊富でどれにするか迷ってしまいます。 そこで次の3...

MQAの再生環境:メディア、再生アプリ等

MQA音源は3種類のメディア(配信配布)方法で入手することができます。そしてMQAフルデコーダー対応DACとMQAレンダラー対応DACで再生できるメディアが異なってきます。

フルデコーダーはあらゆるメディアのMQAを再生可能ですが、レンダラーの場合は通常のCDプレーヤーでMQA-CDを再生するとMQAではなく通常のCD(44.1kHz/16bit)として再生されるようです。確かに以前nano iONEとCDプレーヤーをデジタル接続してもMQAとしては認識していませんでした。関連記事として「iFi nano iONEはDSD11.2MHz/Bluetooth/MQA対応のハイCP&超コンパクトDAC」を参照してみてください。

ストリーミング配信ダウンロード配信MQA-CD
フルデコーダー対応
レンダラー対応△?

ストリーミング配信は、TIDALが有名ですが日本ではまだサービスインしていません。(裏技を使う方法はあり)

ダウンロード配信は、Pro iDSD(フルデコーダー対応)であれば多くのソフトで再生可能なはずです。※以前にMYTEK DigitalのLiberty DAC(フルデコーダー)とJRiver Media Centerやfoobar2000で動作確認したことがあります。
レンダラー対応のDACの場合は、AudirvanaやRoonなど特定の再生ソフト(コアデコーダー対応)との組み合わせが前提条件になるようです。

期待のハイレゾフォーマット MQA のメリットは、従来のハイレゾと比べて様々な再生環境で利用できることです。 既に MQA-CD をご紹介...

前述のとおりMQA-CDは、フルデコーダー対応に限られるようです。表中でレンダラー対応を「△?」としたは、MQA対応のCDプレーヤーで再生できるかもしれないからです。
フルデコーダー対応機のMYTEK Digital Liberty DACと通常のCDプレーヤーをデジタル接続で再生した記事も参照してみてください。

期待のハイレゾフォーマット MQA を CD に収めた MQA-CD 。 通常の CDプレーヤーだけで再生しても CDクォリティでしか再生...

まとめ

このように一言でMQAと言ってもDACによって再生可能なメディアが異なったり、特定の再生ソフトが必要だったりするため、事前に確認する必要があります。

MQAを利用するにはまだまだ情報が少ない状況です。今後も引き続きウォッチしてアップデートしたいと思います。


MQAといえばTIDAL、TIDALといえばJay Z、ということで大好きなEmpire State of Mindです!

Jay feat Alicia Keys Empre State Of Mind Official Video Lyrics

iFi audioのMQA対応DAC

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする