JRiver Media Center:DSPスタジオ

リサンプリング

JRiver Media Centerでリアルタイムにサンプリング周波数を変換するには「プレイヤー > DSPスタジオ」メニューで開く「DSPスタジオ」画面で予め設定しておきます。

DSPスタジオ画面の左上にある「出力ファイル形式」を選択すると次のような画面になるので、「サンプルレート」のリストからリサンプリングしたい入力サンプルレートに対する出力サンプルレートを設定します。

初期値で”変更しない”になっている部分をクリックして表示されるリストから選択します。

DSPスタジオ画面

例えば96kHz未満のサンプルレートの音楽ファイルをすべて96kHzにリアルタイム変換したい場合は、96kHz未満の各項目(出力の列)を96,000Hzに設定します。

おそらくオプションのオーディオ設定の中の「SoXをリサンプリングに使用する」チェックボックスでリサンプリングに使うモジュールを選択するのでしょう。※JRiverの設定項目はリサンプリングに限らず探しづらいです。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする