JRiver Media Center:DSPスタジオ

リサンプリング

JRiver Media Centerでリアルタイムにサンプリング周波数を変換するには「プレイヤー > DSPスタジオ」メニューで開く「DSPスタジオ」画面で予め設定しておきます。

DSPスタジオ画面の左上にある「出力ファイル形式」を選択すると次のような画面になるので、「サンプルレート」のリストからリサンプリングしたい入力サンプルレートに対する出力サンプルレートを設定します。

初期値で”変更しない”になっている部分をクリックして表示されるリストから選択します。

DSPスタジオ画面

例えば96kHz未満のサンプルレートの音楽ファイルをすべて96kHzにリアルタイム変換したい場合は、96kHz未満の各項目(出力の列)を96,000Hzに設定します。

おそらくオプションのオーディオ設定の中の「SoXをリサンプリングに使用する」チェックボックスでリサンプリングに使うモジュールを選択するのでしょう。※JRiverの設定項目はリサンプリングに限らず探しづらいです。

プラグインの管理

VSTプラグインをJRiver Media Centerで使うには、「プラグインの管理」で使いたいプラグインを登録します。JRiver Media CenterはVST2(.dll)に対応しています。

VSTプラグインを追加するには

画面左下の「プラグインの管理…」をクリックして「JRiver, VST, またはWinampプラグインの追加…」をクリックします。

jriver-add-vst

「Select Plug-In File」画面が開くのでフォルダーを指定して追加するプラグインのファイル(.dll)を選択します。

T-RackS | IK Multimediaの例

例えば、IK MultimediaのT-RackS Classic Equalizer(無償)を追加する場合は、C:\Program Files\VstPlugIns(既定のパス)のTR5 Classic EQ.dllを選択します。※プラグインのメーカーによってファイルの場所は異なります。

「DSPスタジオ」画面左側のチェックボックス付のリストに「TR5 Classic EQ」が追加され、選択するとT-RackS Classic Equalizerが表示されます。チェックを付けるとT-RackS Classic Equalizerが有効になります。

UAD-2 | UNIVERSAL AUDIOの例

例えば、UNIVERSAL AUDIOのPrecision Channel Strip(標準バンドル)を追加する場合は、C:\Program Files\Universal Audio\Powered Plugins\UAD-2 Powered Plugins(既定のパス)のUAD Precision Channel Strip.dllを選択します。※プラグインのメーカーによってファイルの場所は異なります。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました