PCオーディオをネクストステージへ導くUAD-2

従来のPCオーディオは既存のオーディオプレーヤーのリプレース

今までのPCオーディオと言えば、PCをトランスポートとしてDACに接続し(ここまでが従来のCDプレーヤーに相当)、既存のアンプやスピーカー(またはヘッドホン)に接続する利用形態がほとんどでした。

これだけでも十分な恩恵を受けられますが、PCはオーディオのプレーヤーの部分にしか使い道がないわけではありません。既に、レコードなどのアナログ音源を音楽ファイルとして録音してその再生を楽しんでいる積極的な方々も少数派ながらいらっしゃいます。

このような状況ですからPCで音楽を再生するために広く出回っているUSB接続型のDAC(USB DAC)がPCオーディオのマストアイテムであるかのような誤解が未だにあるように思います。

※DACをPCに接続するためのインターフェイスはUSBに限ったことではありませんし、アナログソースをPCに録音するにはDACではなくADC(アナログデジタルコンバーター)が必要となります。

PCをアナログ・オーディオ・エミュレーターとして使う発想

プレーヤーはPCでもレコードプレーヤーでもCDプレーヤーでも何でも好みのものを利用すれば良い。CUPやDSPはデジタル音声信号の処理に適しているのでPCをプレーヤーとしてではなくオーディオプロセッサーとして利用するという手法が現実的になっています。

オーディオプロセッサーとは

オーディオプロセッサーとは何でしょうか。古くはホームオーディオにもグラフィック・イコライザーなどのオーディオプロセッサーが存在し、プレーヤーとアンプの間に接続して利用されてきました。当時のアンプにはプロセッサーを割り込ませるためのイン・アウトを装備した機種もあったと記憶しています。

オーディオプロセッサーはイコライザーに限ったことではありません。現在でも音の色付けを目的として様々な方式のプリアンプを利用する方法は正当な手法とされています。そのまま再生しては物足りない音源に真空管やトランスによるキャラクター付けをすると音楽がいきいきとなり魅力的になるケースは確かにあります。

ホームオーディオで利用されることはまずないと思いますが、音楽をより魅力的な作品にするために一旦アナログのオープンリールテープレコーダーに録音するプロセスもレコーディングで好まれる手法です。

音色を変化させたり、音圧・位相の周波数特性を正規化させたりして魅力的な再生を実現するツールの総称がオーディオプロセッサーであるといってよいでしょう。

ヴィンテージオーディオの問題点

最新鋭のオーディオ以外にもヴィンテージオーディオにも人気があります。往年の名機を入手してその真空管やトランスの味わいを楽しんでいらっしゃいます。

ヴィンテージオーディオですから欲しいものが必ず手に入るとは限りませんし、それなりの投資も覚悟する必要があります。更に、念願のヴィンテージオーディオを入手できたとしても手放しで喜んでばかりもいられません。アナログ機器はデジタル機器と比較して劣化することを前提にしなければなりませんが、補修部品の入手は困難ですしリペアを受け入れる専門の職人さんも確保しなければなりません。ところがそのような職人さんの数は減っていく一方です。

(続く)

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする