iSEMcon EMX-7150:高信頼を求めやすい価格で

米マイクホルダーは付属品とは別のものです

iSEMcon EMX-7150はドイツ製の高精度な測定用のマイクです。これまで日本国内に出回っていた同様のマイクは高価で手を出しにくい存在でしたが、iSEMconの登場でぐっと身近な存在になりました。

マイクは小型でステンレス製のかっちりとした作りには信頼感を持てます。いかにもドイツ製といった感じです。※付属のマイクホルダーのねじ穴サイズ(3/8inch)が手元のスタンドのねじサイズ(5/8inch)に合わなかったので写真は別のマイクホルダーを使っています。

製品であるEMX-7150とiSEMconについての詳細はカタログページをご覧ください。

測定用マイクは周波数特性がフラットであることが肝心ですが、どれだけ高度な技術でも完璧にフラットなマイクを製造することは不可能です。当然のことながら僅かながらでも一台一台に個体差が生じます。

そこで信頼性の高い高級なマイクには一台ごとの校正データが付いてきます。EMX-7150の場合はUSBメモリーが同梱されていて、その中に校正に使うデータファイル(テキストファイル)と測定結果を示すPDFが入っています。

マイクの振幅周波数特性や位相周波数特性が数値やグラフでレポートされたPDF

これらのファイルを見ると、10Hzから20kHzまで67ポイントもの校正データが入っていることがわかります。更に注目されるのが素の特性の素晴らしさです。

校正データを元に起こした振幅周波数特性のグラフ

グラフのとおりに、特に20Hzから16kHzまではフラットと言ってもよく、あえて校正しなくても十分過ぎる性能のマイクであることがわかります。

マイクと同梱されるアクセサリー(校正データの入ったUSBメモリー、ウィンドスクリーン、マイクホルダー、収納ケース)

iSEMcon EMX-7150を使ってHEDD Type 20を測定してみたので、後日追記する予定です。


こちらは更に求めやすいエントリークラスのイタリアIK MultimediaのMEMS Microphoneです。


スピーカーやアクセサリーばかりに目を向けるのではなく、このようなツールを使ったほうが高音質化の近道ですから、そのぶん音楽を楽しむ時間を増やすことができて有意義です。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする