JRiver Media Center:起動時の設定など

オプションダイアログのスタートアップでJRiver Media Center起動時の設定をおこないます。

スタートアップ

スタートアップ時のインターフェイス

アクションウィンドウを表示

オン(初期値)/オフ

ツリーを表示

オン(初期値)/オフ

モード

前回終了時の画面/標準の表示(初期値)/縮小表示/ディスプレイ表示/シアター表示/カバー表示

保存場所

開始(初期値)/現在の再生リスト/オーディオ/プレイリスト/ドライブとデバイス/最後の場所

「最後の場所」に設定すると、例えばツリーのオーディオ > アーティストでアプリ終了~次回起動時も同じくオーディオ > アーティストの状態で開きます。

スタートアップ時のアクション

現在のプレイリストの再生開始

オン/オフ(初期値)

スタートアップ時の音量

最良音質に音量を最適化

オン(初期値)/オフ

ライブラリ

いつもデフォルトのライブラリを読み込む

オン/オフ(初期値)

Windows スタートアップ

Windows起動時に実行するソフト

なし(初期値)/Media Center/メディアサーバ(ライブラリの共有、TV録画、その他を許可)/Media Centerとメディアサーバ

JRiver Media Centerの「WDMドライバー」オプションを常用する場合は、Windows起動時にJRiver Media Centerが立ち上がっていると便利です。

更新版

チャンネル

安定版(推奨)(初期値)/最新版(安定性が劣る可能性あり)/ベータ版(要パスワード)

保存する過去のバージョン数

5回分(初期値)/10回分/20回分/50回分/全て

ダウンロード先のフォルダーを選択

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\J River\Media Center 24\Install\(初期値)

ダウンロード先のフォルダーを開く

エクスプローラーで開きます。

自動更新をやめる(推奨しません)

オン/オフ(初期値)

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする