JRiver Media Centerの設定:オーディオ

JRiver Media Centerのオーディオに関するオプションは、オプション画面のオーディオで設定します。

  • オーディオ
    • オーディオデバイス
    • 設定
    • トラック(曲)を変える時
    • 停止、シーク、スキップ
    • 音量
    • 代替モードの設定
    • 詳細

もくじ

オーディオデバイス

(デバイス選択メニュー)

ここでオーディオデバイスを選択します。Direct Sound / ASIO / WASAPIもここで選択します。(オーディナリーサウンドのPCではKernel Streaming、Network Streamer、Null Outputもリストアップされました。)

デバイスの設定

上の(デバイス選択メニュー)で選択したデバイスの設定をおこないます。設定ダイアログが表示されます。


Universal Audio Apollo Twin USB [ASIO]の場合のデバイスの設定)

デバイス

チャンネルオフセット

JRiver Media Centerの出力をApollo Twin USBのバーチャル入力チャンネルにアサインしたかったので、ここの値を”4”に設定してみたところ見事にバーチャル入力チャンネルにアサインできました。

関連記事:

チャンネル入れ替え

音量

バッファリング

出力


設定

DSPと出力ファイル形式…

DSPスタジオ画面を開きます。

ゾーン切り替え

ビットストリーミング:(設定中の値)

プリバッファリング :(設定中の値)

ハードウェア同期のスタートアップで無音を再生:(設定中の値)

メモリー再生(全ゾーンに適用):(設定中の値)

ディスプレイの自動オフを無効(HDMIオーディオに効果的)

SoXをリサンプリングに使用する

設定値:オン/オフ

TuneBrowserやfoobar2000のような細かい設定項目は無いようです。

トラック(曲)を変える時

曲のつなげ方:(設定中の値)

無音部分は再生しない(曲の前と後)

連続したアルバムトラックはギャップなしで再生

手動のチャンネル変更にはギャップレスを使う

停止、シーク、スキップ

シーク :(設定中の値)

標準/標準(ギャップなし)/スムーズ(速い)/スムーズ(標準)/スムーズ(遅い)

停止:(設定中の値)

すぐ/フェードアウト(速い)/フェードアウト(標準)/フェードアウト(遅い)

一時停止:(設定中の値)

すぐ/フェード(速い)/フェード(標準)/フェード(遅い)

ジャンプ動作

進む

5秒~3分0秒

Backward

5秒~3分0秒

音量

音量モード:(設定中の値)

アプリケーションボリューム/プログラム内部の音量/システムボリューム/音量を無効化

ボリューム保護

yes/no

最大音量:(設定中の値)

20~100

起動時の音量:(設定中の値)

-1

代替モードの設定

代わりにこの設定を使う

曲のつなげ方:(設定中の値)

シーク:(設定中の値)

停止:(設定中の値)

一時停止:(設定中の値)

詳細

Advance to the next track when stopping after the current track

Set the active zone for WDM/ASIO driver Live playback

ツールの名前とバージョンを書く

ディザーモード(ゾーンに関わらず):(設定中の値)

ライブ再生音量のレイテンシー:(設定中の値)

再生エラー時の出力設定を自動でする:(設定中の値)

入力プラグインを設定

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする