”音快速”で即!快音♪噂のKP-01を試用

音響、防音工事を手掛けるKOTOBUKIの音響パネル”音快速 KP-01”を試用しています。

音快速 KP-01

音快速はルーム補正に役立つ吸音パネルで、効果を発揮する周波数ごとに数種類の製品ラインナップが用意されています。

今回はその中からメイン対応周波数が125Hz~500HzのKP-01をメーカーさんから試用させていただいています。

世界最高レベルの吸音効果を誇るアルミニウム吸音板「カルム」を使用

音快速にはカルムという名のアルミニウム粉末を独自の方法で焼結した多孔質板が吸音材に使われていて、背面の空気層の厚さを変化させることにより低周波から高周波まで目標周波数の吸音をコントロールできるそうです。

用途に合わせて選べるラインナップ

音響パネル製品は既に様々なものが出回っていますが、具体的にどんな効果があるのかがよくわからないものも少なくないような気も。。。

音快速に限っては対応周波数ごとに製品が用意されたアンチ・オカルトな音響パネルと言えそうです。

KP-01

メイン対応周波数125Hz-500Hz

W500×H500×D35(mm)

KP-02

メイン対応周波数125Hz以下

KP-02

W500×H500×D35(mm)

KP-03

メイン対応周波数250Hz-1kHz

KP-03

W290×H290×D35(mm)

KP-04

メイン対応周波数1kHz以上

KP-04

W140×H140×D35(mm)

音快速 KP-01の設置

音快速 KP-01の製品ページに設置について次のような説明があります。

2個並びを下面に設置するとより低域の重心が下がり2個並びを上面に設置すると低域から中域・高域迄バランス良く処理。スピーカの背面では空間を作ります。スピーカーの側面では低域を処理したいか中高域もバランスよく処理したいかはスピーカーからの距離で調整可能。

http://www.kotobuki-kogyo.jp/sound/special/onkaisoku.html

置き方によって効果を調整できるようなので数パターンで試してみます。また、音快速の効果を”聴いた印象”ではなく”測定して見える化”しました。

測定条件

音快速の効果を見るためにイコライザーによるルーム補正は一切使わずに測定しています。

音快速の設置位置

  1. スピーカーの側面(外側)
  2. スピーカーの背面(リスナーの正面)
  3. スピーカーの正面(リスナーの背面)

音快速を設置する前の周波数特性 ※EQ補正なし

ルームアコースティック対策を全くしていない状態における、右チャンネルスピーカーのリスニングポジションでの周波数特性です。このリスニング環境では部屋の影響で120Hzに大きなピークが発生しています。※普段はADAM S2Vの内蔵DSPで補正してピークを抑えています。

スピーカーの側面(外側)に設置

はじめに、スピーカーの側面(写真のとおり間近です)に音快速を置いてみました。※音快速は厚みが35mmあるため自立します。

スピーカーとの間隔が近すぎるとも思いましたが、デスクトップ設置の制約でこれ以上離すには別の台か何かを準備する必要があるため、とりあえずこの位置で測定してみました。

茶のグラフが音快速を設置前、緑が設置後です。

茶:音快速を設置前、緑:設置後

流石にスピーカーから近すぎたためか、200~300Hzではピークが増し300~500Hzではディップが増すといった好ましくない結果となりました。

どこにでも置けばよいわけではない好事例といえるでしょう。

スピーカーの背面(リスナーの正面)に設置

次にスピーカーの背面(リスナーの正面)に設置してみました。

300~400Hzと600~900Hzのディップが解消されています。これとは反対に400~600Hzにディップが発生していますが、100~1kHzを見渡すと音快速による改善が見られます。

茶:音快速を設置前、緑:設置後

※スピーカー背面への音快速の設置もレイアウト上の制約で調整することはできない状況でした。

スピーカーの正面(リスナーの背面)に設置

今度は、スピーカーの正面(リスナーの背面)に設置しました。高さ90cmほどの家具の天板です。

基本的には先のスピーカー背面設置と同傾向で300~400Hzと600~900Hzのディップが解消され、400~600Hzにディップが発生ていますが、100~1kHzを俯瞰するとこちらの方が凹凸が少なく良い結果が得られたようです。

茶:音快速を設置前、緑:設置後

スピーカーの正面(リスナーの背面)に設置(逆さ置き)

ここまででスピーカー正面の設置が一番良い結果のようなので、音快速そのものを天地逆さまにしてみました。※ひし形一つが下、ひし形二つが上

茶:音快速を設置前、緑:設置後

200~2kHzで僅かながらも違いが見られます。

この部屋の場合、音快速KP-01だけでは最大のピークである120Hzは改善されていないため、EQ(または「音快速 極低 KP-02」)でピークを抑えた後で◇(ひし形)の向きはどちらが良いか決めた方がよさそうです。

EQによるラフな補正を追加

音快速をスピーカーの正面(リスナーの背面)に置いた状態で、120Hzのピークを抑えるためにEQ(イコライザー)で大まかに補正してみました。120Hz以外の箇所も若干調整しています。

紫:音快速とEQ、緑:音快速のみ

下のグラフは、ルームアコースティック対策を何もしていない状態(茶)と、音快速+イコライザーによる補正(緑)を比較したものです。※右チャンネルスピーカー

茶:音快速を設置前、緑:設置後にEQ補正

200~1kHzのディップ(谷)が音快速により改善されていること、120Hzのピークがイコライザーにより改善していることがわかります。

聴感上でも大きく改善して見通しの良い音になったことは言うまでもありません。スピーカーをアップグレードするよりも遥かに効果的です。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする