eqMac2:Macのシステムイコライザー

eqMac2はオーディナリーサウンドの環境(macOS Mojave:Mac mini + Airpulse A100 USB接続)では正常動作していません(2020/2/9)

ハイレゾ対応USB DACを内蔵したAirpulse A100が期待通り好結果だったので、測定~ルーム補正を試みることにしました。

測定まではいつものよにREW(Room EQ Wizard)を使えば良かったのですがイコライザー補正をどうするか?

A100はADAM S2Vのようなルーム補正に適したイコライザーは搭載していないのでスピーカーに入力する前にイコライザー処理する必要があります。※ほとんどのスピーカーがそうです

方法は様々ですが、折角ならSpotifyやAmazon プライムビデオを含めてルーム補正の恩恵を受けたいので、Macで使えるシステムイコライザーの中からeqMac2を使ってみることにしました。

eqMac2は、Macから出力する音声にグラフィックイコライザー(10バンド/31バンド)を掛けることのできる無料アプリです。出来れば2チャンネルで左右個別に設定できるイコライザーが良いのですが、両チャンネル共通設定でも補正効果はあるので無いよりは遥かにましです。

インストールするとメニューバーにeqMac2のアイコンが現れ、クリックするとグラフィックイコライザーが表示されます。

31バンド グラフィックイコライザー

同じくメニューバーのスピーカーアイコンをクリックすると「eqMac2」が追加されています。

早速、SpotifyとAmazonプライムビデオでイコライザーを使ってみました。スライダーをドラッグすると確かにイコライザーが効いています。

ところが、暫く再生していると所々ノイズが発生し、そのまま再生を続けるとノイズだらけでまともに再生されなくなってしまいます。一旦再生停止してデバイスを再度eqMac2を選択すると正常再生されますが、これも時間の問題でノイズ発生してしまいました。

何か回避方法があれば良いのですが、現状では使用できるような状況ではありませんでした。※Airpulse A100のUSB出力でのみ確認。eqMac2アンインストール後は正常動作しています。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする