Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

今さら聞けないDACの選び方、使い方

ニューアイテム

DACとは

デジタル音声信号をアナログ音声信号に変換する機能や機器のことをDAC(デジタル アナログ コンバーター)と呼びます。DACはPCやスマホをはじめとした様々なデジタル機器に内蔵されていますが、より良い音(高音質)で出力することを目的にDACと呼ばれる製品が存在します。

DACの種類

DACと一口に言ってもその種類は実に豊富で価格も数千円台から数百万円台と実にワイドですから、用途にあった機種を選ぶことが大切です。

ソース

デジタル音声出力できる機器はPCやスマホ、CDプレーヤー、テレビをはじめ実に様々で、機器によってデジタル音声出力の規格も異なります。

例えばテレビのデジタル音声出力をアナログ変換するには、テレビのデジタル出力規格(一般的にはS/PDIF)に対応したDACを使う必要があります。入力がUSBのみのDACでは目的を果たせません。

ZEN DAC
ZEN DACの入力はUSBのみ。テレビ、CDプレーヤーのDACとしては利用できない

下表は代表的なデジタル音声出力機器と対応規格です。※他にもHDMI等があります。

デジタル音声ソース規格
PCUSB、Bluetooth、LAN、Thunderbolt、PCI Express、その他
スマホUSB、Bluetooth、Lightning(Apple製品)等
CDプレーヤーS/PDIF、AES/EBU
テレビS/PDIF
補足)ThunderboltやPCI Express等はオーディオインターフェイスをDACとして使った場合で、単体DACとしてはほとんど見かけることはありません。

対応音声フォーマット

デジタル音声フォーマットは1種類ではありませんからDACが目的のフォーマットに対応しているか確認しましょう。大別するとPCM方式か1ビット方式(DSD)かに分かれます。

CDプレーヤーやテレビであればPCM方式一択といっても差し支えありませんが、PCやスマホ等の場合はPCM/DSDの両方式の音声フォーマットに対応できる場合があります。更に次世代ハイレゾフォーマットと言われるMQAフォーマットも登場しているので、再生音源の音声フォーマットにDACが対応している必要があります。

DACが対応しない音声フォーマットだからといって全く再生できないわけではなく、音楽再生ソフト側でDACに対応したフォーマットに変換して再生できる場合があります。DSD音源をDSD非対応DACで再生する際にPCMに変換してDACに出力したりします。

MQAの場合は、規格上でMQA非対応の再生システムの場合は44.1kHz/16bit等で出力するような仕組みになっています。 

利用シーン

DACの利用シーンとしては据え置き型とポータブル型に分類できます。

据え置き型は屋内利用を想定して外部から電源供給されるのに対して、ポータブル型は屋外利用を想定してバッテリーを内蔵しています。外部電源供給型でもUSBバスパワー対応のDACであれば接続するPC等から電源供給されるので屋外利用も可能です。※PCが供給可能な電源のキャパシティ次第です

ポータブルDAC:hip-dac – iFi audio(左)、据え置き型DAC:X-DU3 – Nmode(右)

DAC機能搭載の複合機

単体のDAC機器の他にも、機能としてDACを内蔵する機器もオーディオインターフェイス・DAP・CDプレーヤー等多数存在します。

  • オーディオインターフェイス
  • DAP
  • CDプレーヤー

オーディオインターフェイス

オーディオインターフェイスはPCやスマホを利用した音楽制作を想定した機器でDAC機能が内蔵されています。DAC機能以外にADC(アナログ デジタル変換)機能が内蔵されているため、リスニング用途においても単体DAC以上に活躍してくれます。詳細は「オーディオインターフェイスをリスニング用途におすすめする2つの理由(DAC/ADC)」をご覧ください。

USB 3、Thunderbolt対応のApollo Solo (USB) – Universal Audio(左)、USB 2対応のAXE I/O – IK Multimedia(右)

単体DACが必要なのかそれともオーディオインターフェイスだけで十分なのかは、再生したい音声フォーマット次第です。ほとんどのオーディオインターフェイスはDSDやMQAに対応していません。

DAP

高音質ポータブルプレーヤーのDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の中には、PC等のDACとして利用できる機種も存在します。屋外ではDAP単体で、屋内ではPCのDACとして等、多目的に利用できます。

USB DACとしても利用可能なSR25 – Astell&Kern(左)、PAW 6000 – Lotoo(右)

CDプレーヤー

CDプレーヤーは通常はDACを内蔵しているため、外部のデジタル音声を入力してアナログ変換できる機能が追加された機種も存在します。通常はS/PDIF入力端子ですから、テレビ等の高音質化に利用することができます。

SWL-CA1
24bit192kHz対応DACとして利用可能なCDプレーヤー:SWL-CA1 – SoundWarrior

DACのつなぎ方

DACはデジタル音声信号を入力してアナログ音声信号に変換し出力します。

入力には規格に沿ったケーブルで接続する有線接続とBuetooth等を使った無線接続の方法があります。

出力にはアンバランス出力とバランス出力の方法があり、どちらも様々なコネクターの種類があります。

入力

  • USB
  • S/PDIF、AES/EBU
  • Bluetooth
  • LAN
  • Thunderbolt、PCI Express
  • その他

USB

PCとUSB対応DACはUSBケーブルで接続します。ここで注意したいのはUSBには様々な規格やコネクターが混在していることです。DACのUSBコネクターの多くはタイプBですが、徐々に耐久性にも優れたタイプCコネクターに遷移している状況です。伝送規格もUSB2.0やUSB3.xなど様々でDACごとに対応状況が異なります。

スマホをDACにつなぐための専用ケーブルがあります。iPhoneやiPadは純正のカメラアダプタを推奨している場合が多く、AndroidではOTGケーブルを使用します。

Type Cとmicro Tyoe BのOTGケーブル– iFi audio

S/PDIF、AES/EBU

S/PDIFはホームオーディオのデジタル伝送規格で同軸(コアキシャル)と光(オプティカル)があります。AES/EBUはプロオーディオのデジタル伝送規格でS/PDIFはAES/EBUを手本に規格策定されたといわれます。

S/PDIF(同軸/光)とAES/EBUのデジタル入力に対応したDAC:Pro iDSD – iFi audio

Bluetooth

Bluetoothは無線接続ですから入力コネクターは不要です。

Bluetooth専用DAC:ZEN Blue – iFi audio

スマホやPC等のBluetoothオーディオ(デジタル音声信号)を受信する機器を一般的にBluetoothレシーバーと呼びますが、アナログ出力を持つBluetoothレシーバーはDA変換しているわけですからBluetooth専用のDACということができます。

出力

アンバランス出力のコネクターの多くは、ホームオーディオで一般的なRCAコネクターです。他にはヘッドホン出力も含め3.5mmコネクターが使われています。

RCA出力(アンバランス)を持つDAC:micro iDSD Signature – iFi audio

バランス出力のコネクターとしては、一般的な3ピンのXLRの他にも主にポータブル機器向けの4.4mmバランスコネクターを装備したDACも存在します。DAC機能を備えたオーディオインターフェイスの多くはXLRの代わりに6.3mmTRSコネクターでバランス出力します。

低価格(1万円台)ながらもXLRバランス出力のDAC:USB DI – ART

4.4mmバランス出力を持つDAC:ZEN DAC – iFi audio

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
オーディオインターフェイス/DAC
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました