ネットショップのクレジットカード利用を再開! ショッピングガイド

amphion Helium410 デスクトップスピーカー

Helium410
amphion
amphion

Handmade in Finlandの小型・プレミアムデザインスピーカー

正規輸入品

amphion
カラーバリエーション(お取り寄せ)
Helium410
組み合わせ例
DACiFi audio ZEN ONE Signature
プリメインアンプNmode X-PM3 FT
目次

Helium410 vs Argon0

Helium410とArgon0の違いはウーファーユニットです。Helium410はペーパー、Argon0はアルミニウムのウーファーが搭載されており、ウーファーの色以外で外観から区別することは難しいでしょう。どちらもHandmade in Finlandですから予算や好みの音色で選んでください。

異なるウーファーユニット:ArgonとHelium410
手前の黒のウーファー(Helium410)と左奥のシルバーのウーファー(Argon0)
Helium410Argon0
ドライバー1″ titanium tweeter
4½” paper woofer
1” titanium tweeter
4½” aluminum woofer
クロスオーバーポイント1600 Hz
感度86 dB
周波数応答52 – 25.000 Hz -6dB50 – 25.000 Hz -6dB
推奨パワー20 – 80 W25 – 120 W
寸法(高、幅、奥行)259 x 132 x 220 mm
カラー選択スタンダードホワイト、フルホワイト、ブラック、ウオールナット
Helium410 と Argon0の音の違い
Helium410 vs Argon0

Room EQ WizardでHelium410 と Argon0を測定したグラフを以下に示します。2機種の特性を比較することが目的ですからルーム補正なしで測定しています(定在波等の影響が反映されています)。

ツイーターはどちらも同じユニットですが、主な相違は4kHz以上に現れていてArgon0がフラットに伸びています。

Herium410とArgon0の周波数特性(補正前)

次に音楽を再生して聴き比べるために、デジタルルーム補正を適用した状態で再生しました。

上のグラフと比較すると、100Hzから1kHzにかけて定在波の影響が回避されていることがわかります。また、2機種の4kHz以上の差異は補正前と同様に保たれています。

Herium410とArgon0の周波数特性(補正後)

聴感上ではベースやドラム等の低域成分が多い楽器はArgon0に分があります。楽器の存在感・リアリティが増します。

次のグラフはデジタルルーム補正を適用したHelium410 と Argon0のインパルスレスポンスです。確信はありませんが、青枠で囲んだ部分の違いが音に現れているのかもしれません。

インパルスレスポンス

見た目の違いはウーファーの色だけでペア価格の差は5万円強ですから、Helium410で良さそうにも思えますが実際の音はArgon0が勝っています。とは言ってもHelium410だけ聴くと十分に高音質ですから両者共に価格以上のハイクォリティなスピーカーです。

製品情報

どんな空間でも最高のサウンドを。

コンパクトで設置が簡単。テレビや映画などの幅広いにシーンで活躍します。
時代を先取りしたデザインと、さまざまなカラーオプションにより、 あらゆるインテリアと調和することができます。
小さなサイズにもかかわらず、フルボディとサブウーファー無しでもしっかり作動。
従来のソースに加えて、最新のストリーミングアプリケーションと シームレスに動作します。

設置イメージ

amphion Helium410
amphion Helium410
amphion Helium410
amphion Helium410

製品仕様

動作原理2ウェイ、バスレフ
ドライバー2.5㎜ チタントゥイーター、120㎜ペーパーウーファー
重量4 kg
クロスオーバーポイント1600 Hz
感度86 dB
周波数応答60 – 20.000 Hz±3dB
推奨パワー20 – 80 W
寸法(高、幅、奥行)259 x 132 x 220 mm
重量4 kg
カラー選択スタンダードホワイト、フルホワイト、ブラック、ウオールナット
価格【スタンダードホワイト、フルホワイト、ブラック】¥101,200(税別)
【ウオールナット】¥105,800(税別)
製造フィンランド製
目次