USBだけじゃない PC用DACのインターフェイス

USBだけじゃない PC用DACのインターフェイス

USB

PC 用の DAC(デジタル アナログ コンバーター)は、PC で音楽を高音質に聴くためのデバイスとして人気を集めています。多くの PC 用 DAC が PC と接続するためのインターフェイスに USB を使っているためでしょうか、”PC で高音質再生するには USB DAC が必要である”と思われがちですが、実はこれは誤った解釈で他にも様々なインターフェイスが使われています。

DAC はデジタルをアナログに変換する単機能の製品ですが、この他にもDAC 機能と ADC(アナログをデジタルに変換)機能もあわせ持ったオーディオインターフェイスと呼ばれる製品では、Thunderbolt や Ethernet 、その他の業務用規格のインターフェイス、PC 内蔵型では PCI Express 等、実に様々なインターフェイスが利用されています。

もっとも、PC の多くは元々 DAC を標準で内蔵していてそのアナログ出力がヘッドホン端子に繋がっているので、わざわざ別の DAC 使わなくてもよいわけですが、高音質を求めるなら DAC またはオーディオインターフェイスを追加して利用した方が望ましい結果が得られます。※ただ、最近の PC やスマホ内蔵 DAC でも中々の音を聴かせてくれます。要はスピーカーや Room Correction も含めた総合的なバランスが大切ということになります。

Thunderbolt

USB を含む様々なインターフェイスの中で USB に置き換わる最有力候補は今のところ Thunderbolt かと思っています。

Dante

Ethernet を用いる Dante という規格があり、こちらもリスニング用途として新たな可能性が見えてきます。PCI Express は動作の信頼性では USB よりも高いのですがデスクトップ PC の利用が減ってきたことから、今後新製品が次々と登場するのは難しいように思います。

Avid HD

その他の業務用規格のものをホームオーディオに利用するのはかなり限定的と言えるでしょう。

Windows の Thunderbolt 普及が望まれる

Thunderbolt ロゴ

Thunderbolt は Mac の専売特許のように思われがちですが、Windows でもThunderBolt内蔵のPCや自作用パーツなども登場しています。

USB Thunderbolt Dante Avid HD

PC用外付けDACのインターフェイスは、USBの他にもThunderBolt、Dante、Avid HD等様々な規格があります。

もしも、USBのウィークポイント対策に苦労しているなら他のインターフェイスに乗り換えてみるのも一案です。

オーディナリーサウンドBASEショップ

USB対応オーディオインターフェイス(DAC & ADC)

TunderBolt対応オーディオインターフェイス(DAC & ADC)

USB & TunderBolt対応オーディオインターフェイス(DAC & ADC)

Dante対応オーディオインターフェイス(DAC & ADC)

DAC & Audio I/Fカテゴリの最新記事