Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

PC用DAC/ADCのパイオニア Lynx Studio Technology

オーディオインターフェイス

AURORA(n)

Aurora(n)
Aurora(n)
ダイレクト購入

Lynx | AURORA(n) 8 シリーズ

¥310,000 〜 ¥365,000

今すぐ購入する

※税別価格、受注発注品 ※通常、1~2週間

ネットショップで購入
種類: 数量:

次世代のインターフェイス

Aurora(n) は、時代を築いた Aurora を一から設計し直した次世代のマスタリング・グレード A/D D/A コンバーターです。オリジナルモデルを礎とし、さらなる品質と機能の向上を実現しています。

主な特長

  • 24bit/192kHz 対応のマスタリンググレード A/D D/A コンバージョン
  • 規模と予算に合わせた豊富な選択肢 – 8 / 16 / 24 / 32 チャンネル (1Uサイズ)
  • モジュール式の拡張システム – デジタル (AES/EBU)、プリアンプ、アナログサミングといったオプションモジュールをラインナップ
  • Lynx の第2世代 SynchroLock 2™ テクノロジーを採用した1イン/3アウトのワードクロック
  • 将来性も考えられた LSlot インターフェイス設計 – Pro Tools® | HD、Dante、Thunderbolt、USB 接続に対応
  • microSD レコーダー内蔵 – 最大32チャンネルのダイレクト録音と再生に対応
  • 独立した音量操作が可能な2つのオーディオファイルグレードのヘッドフォン出力
  • Windows / macOS 対応
  • 堅牢なラックマウントシャーシ
  • 米国は南カリフォルニアでの設計と製造

詳細

透明性の重要さ

自然で無垢なミックスにとって、信号への色付けは余分な要素でしかありません。着色や歪みを避けられないコンバーターでは決して提供できない、透明なミックスに不可欠な広がりや鮮明さ、描写力を御存知ですか? Lynx Studio Technology が誇る折り紙付きのトランスペアレントなサウンドにより、彼らのコンバーターは世界中の優れたレコーディング施設や様々なオーディオ・アプリケーションで採用されています。

無垢なレコーディングやミックスを追求するオーディオ・エンジニアやプロデューサーたちに愛される、不自然な装飾や着色を加えることのない Lynx コンバーターは、Dolby のオーディオリサーチのための新しい施設や、Skywalker Sound、NRP、そして Smithsonian Institute 等にも採用されています。Aurora(n) ではさらに理想を追及し、精密さはこれまで以上に研ぎ澄まされ、信号のわずかな着色や劣化の可能性も排します。

ディスクリートコンバーター設計

複数のコンバーターを1つにまとめたチップを採用するメーカーもあります。これにはシングルラックスペース内でも多くのコンバーター・チャンネルを扱えることによりコストを抑えられるという利点がありますが、パフォーマンス面での妥協は不回避です。Lynx は、各チャンネルのアナログ信号経路を独立してシールドされた回路として設計しています – つまり、各チャンネルペアに専用のコンバーターが用いられているのです。この設計は、ダイナミックレンジとパフォーマンスを向上させながらクロストークと歪みを大幅に低減する等、オーディオに関わる多くのアドバンテージをもたらします。

Hilo Converter Technology (HCT)

Aurora(n) には Hilo の開発を経て手にすることのできた設計と技術が惜しみなく投入されています。プロ・オーディオのみならず、ハイファイ・オーディオの分野でも人気の Hilo のような驚異のパフォーマンスへ達しながら、前モデルを遥かに凌駕する優れた仕様と透明性を実現しています。

将来性も考えられた設計

チャンネルの追加 – LM-AIO8 アナログラインモジュールを増設してアナログライン入出力を8チャンネルずつ追加し、最大32チャンネル仕様まで拡張することが可能
モジュールの追加 – LM-DIG デジタルモジュール、LM-PRE4 マイクプリアンプモジュール、将来的にリリース予定のアナログサミングモジュールといったオプションをラインナップ
様々な接続方式に対応 – LSlot インターフェイス を介した Pro Tools | HD、Dante、Thunderbolt、USB 接続
Hilo や Aurora(シルバーモデル)同様に、ファームウェアアップデートによって機能の追加や改善を提供
* Aurora(n) ご購入後の各モジュール、Lslot インターフェイスの変更/追加作業は弊社にて有償で承ります (お客様ご自身では行えません)。

SynchroLock 2™

新たに設計された高性能サンプルクロック技術 SynchroLock 2™ が、驚異的な300,000:1のジッターリダクションと5秒のロックタイム、そして極めて高い精度を提供します。

ワードクロック入出力としてBNCコネクタを介する1つの入力と3つの出力*を備えており、小規模システムにおけるマスタークロックとしても最適です。

*モジュール構成によっては1系統のワードクロック入出力となります。

技術仕様

アナログパフォーマンス
ライン入力 (A/D変換後)
  • THD+N (高周波歪率) : ‐113dB @ 1kHz、‐1dBFS、20kHz フィルター、+20dBu トリム
  • ダイナミックレンジ : 119dB、A‐weighted、‐60dBFS シグナルメソッド
  • 周波数特性 : ±0.010dB、20〜20kHz
  • 最大クロストーク : ‐130dB @ 1kHz、‐1dBFS シグナル
  • コモンモード除去 : 80dB以上
  • フルスケールトリム設定 : +6dBV、20dBu
ライン出力 (D/A変換後)
  • THD+N (高周波歪率) : ‐108dB @ 1kHz、‐1dBFS、20kHz フィルター、+20 dBu トリム
  • ダイナミックレンジ : 120dB、A‐weighted、‐60dBFS シグナルメソッド
  • 周波数特性 : ±0.025dB、20〜20kHz
  • 最大クロストーク : ‐130dB @ 1kHz、‐1dBFS シグナル
  • フルスケールトリム設定 : +6dBV、20dBu
ヘッドフォン出力 (D/A変換後)
  • THD+N (高周波歪率) : ‐107dB @ 1kHz、‐1dBFS、20kHz フィルター、ボリューム最大
  • ダイナミックレンジ : 120dB、A‐weighted、‐60dBFS シグナルメソッド
  • 周波数特性 : ±0.025dB、20〜20kHz
  • 最大クロストーク : ‐120dB @ 1kHz、‐1dBFS シグナル
  • 最大出力レベル : 18.4dBu
  • * Phones 1 と Phones 2 で異なるソースを割り当てることはできません。
ソフトウェア
  • Lynx Mixer for Aurora(n) Thunderbolt models(Thunderboltドライバーを含む)
モジュールカード (オプション)
  • LM-AIO8:8チャンネルアナログライン I/O モジュール
  • LM-DIG:デジタル I/O モジュール (AES/EBU)
  • LM-PRE4:マイクプリアンプモジュール
サイズ
  • 幅 : 19インチ (約48.26cm)
  • 高 : 1.7インチ (約4.32cm)
  • 奥 : 10インチ (約25.4cm)
重量
  • Aurora(n) 8 : 7lbs (約3.18kg)
  • Aurora(n) 16 : 7.1lbs (約3.22kg)
  • Aurora(n) 24 : 7.2lbs (約3.27kg)
  • Aurora(n) 32 : 7.3lbs (約3.31kg)

E22

E22
ダイレクト購入

Lynx | E22

¥120,000

今すぐ購入する

※税別価格

ネットショップで購入
数量:

E22 は、プロフェッショナルなレコーディングスタジオや放送スタジオの厳しい要求を満たすべく生まれた Lynx の新しいサウンドカードです。優れた音質で定評のある Lynx L22 を礎としながらそれを凌ぐ性能を備え、史上最上級の PCI Express 型 A/D D/A コンバーターとして仕上がっています。

1998年以来、Lynx は24時間/365日のオペレーションにも耐えうるサウンドカードを供給し続け、高い信頼を獲得してきました。この “E” シリーズでもその伝統を継承し、さらなる入出力保護とシールディングが施されています。

特長

  • 2チャンネルの A/D D/A 変換
  • 2チャンネルの AES3 または S/PDIF 入出力
  • サンプルレート 44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 kHz 対応
  • ジッターを極限まで抑えた SynchroLock™ サンプルクロックジェネレーター
  • V2 DMA エンジンが超低レイテンシーオペレーションを実現
  • 全てのアナログ入出力レベルはリレーコントロールによる固定設定もしくはトリム調整が可能
  • 電源オン/オフの際に自動でミュートされる出力
  • FPGA ベースの内蔵ハードウェアミキシング
  • Lynx Mixer アプリケーション

※本製品に接続用ケーブルは付属していません。

詳細

E22 は高い次元で優れたパフォーマンスを発揮できるよう、洗練された設計手法が採用されています。低ノイズと低歪みのための厳選されたコンポーネント、コンパクトでありながら外来ノイズに強い回路構成、高い信頼性と長寿命をもたらす固体誘電体によるコンデンサー、そしてシールドや配電部分に純度の高い銅をふんだんに使い、レイアウトにも細心の注意が払われたPCB等、こだわりが随所に詰まっています。

E シリーズのもうひとつのコアテクノロジー、それは FPGA (Field Programmable Gate Array) です。オーディオデバイスにFPGAを採用する手法は、Lynx によって開拓された革新的なものです。E シリーズは、CPU負荷を最小限に抑えながらPCIeバスのスループットを最大化する V2 DMA エンジンにより、並列処理のための豊富なリソースを備えます。そしてもちろん、このFPGAもアップグレードを行うことで、常に最新の状態を保つことができます。

主な用途
  • 究極ともいえる精確性、透明度で素材をキャプチャー、アーカイブ
  • 24時間365日のオペレーションが求められる放送局
  • オーディオコンテンツ制作
  • オーディオ再生
  • オーディオ測定
  • オーディオスペクトラムと高い信頼性、精度を必要とする医療、軍事および工業分野

技術仕様

アナログパフォーマンス
アナログ入出力入出力数 : 2イン / 2アウト、電子バランスまたはアンバランスレベル : +20 dBu フルスケール、または可変 +8.23 ~ +24 dBu フルスケール入力インピーダンス : 24kΩ バランス、12kΩ アンバランス出力インピーダンス : 100Ω バランス、50Ω アンバランス出力ドライブ能力 : 600Ω インピーダンス、静電容量 0.2µFA/D D/A 変換 : 24ビット、マルチレベル、デルタシグマ変換サンプルレート : 最大 192 kHz までの一般的な設定に対応
ライン入力(44.1 kHz、24ビット A/D 変換後)THD+N : -111 dB (0.0003%) @ -1 dBFS 1 kHz シグナル、22Hz – 22kHz BWダイナミックレンジ : 117 dB周波数特性 : 20 – 20 kHz、±0.05 dBクロストーク : -128 dB 以下 @ 1 kHz、-1 dBFS シグナル
ライン出力(44.1 kHz、24ビット A/D 変換後)THD+N : -108 dB (0.0004%) @ -1 dBFS 1kHz シグナル、22Hz – 22kHz BWダイナミックレンジ : 120 dB周波数特性 : 20 – 20 kHz、±0.05 dBクロストーク : -130 dB 以下 @ 1 kHz、-1 dBFS シグナル
デジタル入出力
入出力入出力数 : 2イン / 2アウト、24ビット変換、トランスフォーマーカップル、XLRコネクターフォーマット : AES3 または S/PDIF、ジャンパー設定
サンプルレート44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 kHz
クロック入出力
クロックソース外部 : 1イン / 1アウト内部 : 1イン / 1アウト、オンボードヘッダー
レベル / インピーダンスTTL / 75Ω
クロックタイプワードクロック
ソフトウェア
Windows ドライバー(Windows 7 以降)MME / DirectSound / WASAPI (WaveRT) / ASIO 2.3
macOS ドライバー(OS X 10.9.5 以降)Core Audio
Lynx Mixer内蔵デジタルミキサーのフルコントロールとハードウェアに関する設定
接続
オーディオポートD-Sub 25ピン(DB25)メスコネクター x 1、全アナログバランス入出力
(別売の CBL-L22AUDIO が必要)
シンクポートD-Sub 15ピン(DB15)メスコネクター x 1、デジタルとワードクロック入出力
(別売の CBL-L22SYNC が必要)
その他
PCI Express バスPCIe x1 レーン
データ転送高効率 Lynx V2 DMA エンジン : バスマスタリング
消費電力+3.3V @ 630 mA、+12V @ 500 mA
出荷時重量約 454 g

動作条件

  • Windows 7 以降
  • Mac OS X 10.9.5 以降の Intel Mac
  • Intel Core 2 @ 1.6 GHz 以上のCPU
  • 2GB以上の空きRAM
  • PCI Express 空きスロット
  • 1024 * 768 以上の解像度のディスプレイ

ほとんどのプロオーディオアプリケーションにおいて余裕のあるコンピュータのリソースが要求されます。DAWをはじめとするソフトウェアの推奨するシステム要件を満たすか、それを超えるような環境を強く推奨します。

本製品はMac環境において、Thunderbolt – PCIe 拡張シャーシにも対応します。

  • Magma ExpressBox 3T
  • Sonnet Echo Express PCIe 2.0 Thunderbolt 拡張シャーシ
  • Sonnet xMac mini Server

仕様は予告なく変更となる場合があります。

オプションケーブル

CBL-L22AUDIO (E22 Audio Cable)

シールドツイストペアのアナログ入出力用ブレイクアウトケーブル
D-Sub 25ピンオス – 2つのXLRオス と 2つのXLRメス
長さ : 約1.8m

CBL-L22SYNC (E22 Sync Cable)

シールドツイストペアのデジタル入出力とワードクロック入出力用のブレイクアウトケーブル
D-Sub 15ピン – 1つのXLRオス と 1つのXLRメスのデジタル入出力、2つのBNCメスのワードクロック入出力 (75Ω同軸仕様)
長さ : 約1.8m

CBL-XFDR18

XLR3ピンメスをRCAオスコネクターに変換するケーブル (デジタルアウトをS/PDIFで使用する際に必要)
長さ : 約46cm

CBL-XMDR18

XLR3ピンオスをRCAオスコネクターに変換するケーブル (デジタルインをS/PDIFで使用する際に必要)
長さ : 約46cm

Hilo

ダイレクト購入

Lynx | Hilo

¥260,000 〜 ¥300,000

今すぐ購入する

※税別価格、受注発注品 ※通常、1~2週間

ネットショップで購入
種類: 数量:

Lynx 史上最も澄んだインターフェイス

Hilo は、Lynx の最先端コンポーネントと設計技術が投入された定評ある Aurora (初代モデル) にさらなる改良が加えられた、アナログ・コンバージョンの頂点とも言えるモデルです。そのアナログ段における革新の回路設計とコンバーター・トポロジーは、従来では考えられないほどの鮮明さと深みを生み出し、驚異的なまでの低ノイズ、低歪み率を実現しています。

従来型のステレオ・コンバーターとは異なり、Hilo には独立した D/A コンバーターおよびフレキシブルなルーティングが行えるアナログ出力がステレオで3系統備わっています。メイン出力、モニター出力、さらにヘッドフォン出力は、それぞれ独立したソースの組み合わせ、およびレベルコントロールが可能です。

主な特長

完全独立した2イン/6アウト、最大 32×32 までのデジタル拡張による A/D D/A 変換

カスタム設計のユニークなタッチスクリーンインターフェイス

ファームウェア更新による機能向上、改善、追加

将来性も考えられた LSlot インターフェイス 設計 – Thunderbolt、USB、Dante 接続に対応

リアルタイムメーター表示と解析ツール

柔軟性に富むルーティングとモニターコントロール

高品位ヘッドフォンアンプ

ロケーション (フィールド) レコーディング対応 – 通常のAC電源以外に、9-18v DC バッテリーパックで駆動可能

2色のラインナップ – ブラックバージョンとシルバーバージョン

詳細

主な用途

Hilo はピュアなオーディオクオリティーを求めるプロフェッショナルのために生まれました。

真のオールインワンデバイスとして設計された Hilo は、クラス最高峰の A/D D/A コンバージョンを核に、多彩なメーターと解析ツール、マルチ入出力、柔軟性に富むルーティングとモニタリングコントロールといった豊富な機能を備え、それらをタッチスクリーンで簡単に設定、保存、呼び出しが可能です。

ハードウェア
Hilo
Hilo
ソフトウェア
メーター

Hilo は精確なレベル表示をリアルタイムで行います。デュアル水平表示、アナログスタイルのVUメーター、全入出力のレベル一括表示とスペクトラム解析を大型のLCDタッチスクリーンで切り替えでき、快適さと抜群の視認性を誇ります。

ルーティング

入力信号をどこに送るか、どの信号をヘッドフォンモニターするのか等、自由なルーティングが可能です。各出力ごとに対する独立した入力レベル調整、チャンネルモードとミュートの設定、そして出力レベルの補正等、柔軟性の極みです。

モニタリング

選択した4つのソースを個別にレベルマッチングし、マスターボリュームでグローバルに制御します。

シーン

デバイス全体の設定を呼び出します。用途別に様々なカスタム設定を保存することができ、切り替えも簡単です。

セッティング

サンプルレート、クロックソース、トリムを含む各種設定を Hilo 本体で直接変更することができます。

専用アプリケーション “Hilo Remote”
Hilo

Hilo Remote は、Lynx の高性能リファレンス A/D D/A コンバーターシステム : Hiloを Mac / Windows コンピューター上で操作、および各セクションを視覚化するための無償アプリケーションです。Apple iPad バージョンの Hilo Remote も用意されており、こちらでは Hilo と iPad を別売の Apple カメラコネクションキットを介してUSB接続した有線モード、もしくは無償の専用デスクトップアプリケーション “LynxRedirector”を介してコンピューターと接続された Hilo (USBもしくはThunderboltモデル) をリモートコントロールする Wi-Fi モードが利用できます。

Hilo Remote は大きく分けて2つの画面で構成されています。”Monitor” 画面ではメーター表示ならびに各チャンネルのルーティング、独立したレベル調整、パン調整を扱います。ヘッドフォン出力とadat入力に関しては、実際に Hilo にデバイスが接続された際にモニター画面に表示されるようになっています。”RTA” 画面では、選択されたチャンネルペアのスペクトラム解析をリアルタイムで表示します。

Hilo

モニターページ左側の “Adapter” パネルでは、クロックソース、現在のサンプルレート、そして SynchroLock のステータスを含むサンプルクロック情報が表示されます。また、アナログライン入出力のリファレンスレベル(トリム)、デジタル入力ソース、デジタル出力モード、サンプルレートコンバーターモードの有効/無効の設定もここで扱います。”LSlot” セクションでは、最大16チャネルの USB または Thunderbolt I / O のルーティング、モニタリング、およびメーター表示へとアクセスすることができます。

Hilo Remote のダウンロードはこちらから (英語サイトとなります)

技術仕様

アナログパフォーマンス
ライン入力 L/R

THD+N (高周波歪率) : -114dB @1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、+22dBu トリム
ダイナミックレンジ : 121dB、A-weighted、-60dBFS シグナルメソッド
周波数特性 : ± 0.01dB、20 – 20 kHz
最大クロストーク : -140dB @ 1kHz、-1dBFS シグナル
フルスケールトリム設定 : +0dBV、+2dBV、+4dBV、+6dBV、+18dBu、+20dBu、+22dBu、+24dBu
接続端子 : XLR メスコネクター

ライン出力L/R

THD+N (高周波歪率) : -109dB @ 1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、+22dbu トリム
ダイナミックレンジ : 121 dB、A- weighted、-60dBFS シグナルメソッド
周波数特性 : ± 0.02 dB、20 – 20kHz
最大クロストーク:-135dB @ 1kHz、-1dBFS シグナル
フルスケールトリム設定:+0dBV, +2dBV, +4dBV, +6dBV, +18dBu, +20dBu, +22dBu, +24dBu
接続端子:XLRオスコネクター

モニター出力L/R

THD+N (高周波歪率) : -107 dB @1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、ボリューム最大
ダイナミックレンジ : 121 dB、A- weighted、-60dBFS シグナルメソッド
周波数特性 : ± 0.02 dB、20 – 20kHz
最大クロストーク : -135dB @ 1kHz, -1dBFS シグナル
最大出力レベル : +24dBu または +10dBu、ジャンパーで選択
接続端子 : 1/4”TRSコネクター

ヘッドフォン出力

THD+N (高周波歪率) : -107 dB @1kHz、-1dBFS、20kHz フィルター、最大ボリューム
ダイナミックレンジ : 121 dB、A- weighted、-60dBFS シグナルメソッド
周波数特性 : ± 0.02 dB、20 – 20kHz
最大クロストーク : -130 dB @ 1kHz、-1dBFS シグナル
最大出力レベル : +19dBu
接続端子 : 1/4”ステレオヘッドフォンジャック

デジタル入出力

AES/EBU : トランスフォーマーカップルのXLRコネクター
S/PDIF コアキシャル : トランスフォーマーカップルのRCAジャック
S/PDIF オプティカル : 光角形 (TOSLINK) コネクター
ADAT : 8チャンネル @ 48kHz (オプティカルコネクタ選択時)

その他
サンプルレート

192kHzまでの一般的なサンプルレートに対応、SynchroLock サンプルクロックジェネレーターによる高精度処理

クロック同期ソース

インターナル
外部ワードクロック:75ohm TTL 信号 BNC コネクター、AES/EBU、あるいは S/PDIF 入力

LCDディスプレイ

480 x 272 LCDタッチスクリーン

Lynx Aurora(n) の魅力 - フルチョイスシステム
マスタリング グレード オーディオインターフェイス Aurora(n) はベーシックモデルでも多彩な仕様から選択出来て用途に合ったチョイスが可能です。8/16/24/32チャンネル仕様を選択した上でインターフェイスに US...
オーディオインターフェイスをリスニング用途におすすめする2つの理由(DAC/ADC)
おすすめオーディオインターフェスのApollo x4とSSL2+が各賞を受賞USB DACを使ってパソコンを高音質な音楽プレーヤーとして利用するスタイル(PCオーディオ)が普及しています。デジタルの音楽データを高音質なアナログ音声...
Lynx Aurora(n) のもう一つの顔 - micro SD レコーダー
マスタリング・グレードのオーディオインターフェイス Lynx AURORA(n) は、その優れたADC(アナログデジタルコンバーター)性能を幅広く活用できるように micro SDレコーダー機能を備えています。写真右下に見...
DAC、オーディオインターフェイス一覧
DACとオーディオインターフェイスはどちらもPCやスマホ/タブレットのオーディオ機能・音質をアップグレードしてくれるアイテムです。DACはPCやスマホ/タブレットのプレーヤーの音質をアップグレードし、オーディオインターフェイスは音...
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
アイテム
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました