アナログ マイスター Rupert Neve Designs

Rupert Neve Designsロゴ

ヘッドホンアンプ

デスクトップミキサー 5060 Centerpiece のヘッドフォンアウト回路をベースとする RNHP は、24V仕様のリファレンスクォリティの「ヘッドフォン専用」アンプリファイアです。

プリアンプ

Portico 5012

Portico 5012

極上のマイクアンプとして、シルキーサウンドを手に入れるプリアンプとしてもどうぞ。

Portico 5012 は Rupert Neve カスタムデザインのトランスフォーマー入力と出力を装備したデュアルチャンネルマイクプリアンプです。
加えて、フェイズ、ミュート、ファンタム電源と可変設定可能なハイパスフィルターをチャンネルごとに備えています。
さらには Neve 伝統の豊かさと暖かみ、そして存在感をもたらす “シルク” サーキットまでも装備し、お好みに合わせてオン/オフができます。

グラミー賞を受賞したオーディオエンジニア Rupert Neve

ルパート・ニーヴ氏をご存知でしょうか。

音楽制作関係者なら、知らなければモグリと言われるほど著名なオーディオエンジニアです。

グラミー賞の一部門として技術面で音楽の発展に貢献した人物や企業を表彰する賞であるグラミー技術賞が設けられていますが、ルパート・ニーヴ氏は1997年に個人としてこの賞を受賞しています。

The Technical GRAMMY is awarded by vote of the Producers & Engineers Wing Advisory Council and Chapter Committees and ratification by The Recording Academy Nati...
R-Neve-Grammy

出典:https://rupertneve.com/company/honors/

Rupert Neve Designs 社はこのルパート・ニーヴ氏が新たに起こしたメーカーで、Portico 5012やRNHPはその製品ラインアップの一つです。

Portico 5012 は2チャンネルのマイクプリアンプで一見リスニング用には無縁の存在に思えますが、プレーヤーやDACの後段にアナログ接続してプリアンプとして利用することも可能です。ニーヴならではの上質なトランスによるシルキーサウンドを得ることが出来ます。

Rupert Neve 氏および Rupert Neve Designs 社についてこちらの記事と YouTube もあわせてご覧ください。

現代のミキシングコンソールの礎を築いた先駆者である Rupert Neve 氏の産物は、世界の数多のスタジオで今日も稼働しています。弛まぬ努力により、氏は長きに渡って数々の誉れある賞を獲得しています。
「スペックや数値は忘れて、夢を見ろ」- Rupert Neve 氏が語る、オーディオ回路設計の背景。
Rupert Neve 氏がレコーディング機器にかけてきた情熱の年表。
【日本語字幕】Rupert Neve Designs 設立の背景
この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする