CDリッピングしなければならない4つの理由

CDリッピングしなければならない4つの理由

なぜリッピングしなければならないのか?

SACDは違法だけどCDなら合法だから、ではありません。w

注)CDリッピングはあくまで私的利用の範囲です

CDは盤面の経年劣化で再生不能の恐れがある

CDは決して永久保存版のメディアではありません。保存状態の悪い古いCDで表面が剥離している等の話も聞きます。こうなるとまともな再生は絶望的です。

再購入できないCDアルバムも意外と多い

「CDが劣化したら買い直せばいいじゃないか!」と思っても意外と再購入できないアルバムが少なくありません。世の中的にはCDは益々生産されなくなる方向に向かってますし。。。

では他のメディア(ダウンロード配信、レコード等)で手に入るかと言えば余程メジャーなもの以外は手に入らない(プレミア価格ものを除く)ことが多いです。

CDプレーヤーも少なくなってきた

「CDの保管状態は問題ないし俺はお気に入りのCDプレーヤーがあるからリッピングなんてやらない」そんな人もいるでしょうが、CDプレーヤーは世の中的には生産されなくなっています(こちらも余程の高額商品を除く)。CDプレーヤーが壊れた際に同等の代替品を入手しづらくなっています。

ストリーミング配信サービスを過信してはいけない

CDが使えなくなってもストリーミング配信サービスで代替できる可能性は高いといえます。

ここで気をつけたいのは、ストリーミング配信サービスの場合はいつ何時利用できなくなるかわからないことです。お気に入りのアルバムがいつの間にか配信されなくなっていたなんてことは実際に何度も経験しました。更に配信サービスそのものが廃止になった経験もあります。

やはり価値あるアルバムは入手して手元に持っていた方がよいです。

こんな訳でCDをリッピングしておくことをおススメします。リッピングしておけば、CDメディアがダメになってもプレーヤーがダメになってもパソコンその他様々な方法で再生できますから。

CD資産の残し方カテゴリの最新記事