ありのままのサウンドクォリティ

音楽プレーヤー– category –

オーディオ音楽プレーヤー

目次

音楽を再生するプレーヤーにはデジタル方式とアナログ方式があります。

デジタル方式はCDプレーヤーに始まり現在は音楽ファイル(CDからの取り込みやダウンロード配信)を再生する各種プレーヤー(プレーヤーとしてのPCDAPネットワークプレーヤー等)が登場、更にインターネットによる音楽サブスク(ストリーミングサービス)を再生するプレーヤー(PC、スマホ、ネットワークプレーヤー等)と時代と共に多様化しています。

アナログ方式の代表はレコードプレーヤーで、デジタル方式が登場する以前から存在し続け今なお根強い人気があります。

ファイル/ストリーム再生

音楽を再生して聴く方法の主流は、音楽ファイル再生とインターネットの各種ストリーミングサービスの利用です。

ファイル/ストリーム再生には、専用のプレーヤーを利用する方法とパソコンやスマホにソフト(アプリ/OS)をインストールする方法があります。

ネットワークオーディオPCオーディオという用語は以前は別物のように扱われていましたが、実際には二者が混然一体となって使われている状況です。明確な定義があるわけでもなく大人の事情で生まれたともいえるでしょう。

専用プレーヤー

iFi audio
FiiO
VOLUMIO
ATOLL
Eversolo
LUMIN
MOON
Bricasti Design
aurender

メタデータ

ファイル/ストリーム再生のメリットの1つはメタデータです。

スペクトラムアナライザー

音楽プレーヤーで音楽を聴くには、イヤホンヘッドホンまたはスピーカーを使います。

音楽プレーヤーによってはイヤホン・ヘッドホンを接続するためのDACヘッドホンアンプが必要であったり、スピーカーによってはプリメインアンプパワーアンプが必要です。アンプにはレコードプレーヤーに必要なフォノイコライザーやその他様々なアンプが存在します。


123...15