CUERipper:リッピングの設定項目

CUERipper:リッピングの設定項目

CUERipperでリッピングする際のセッティング項目について触れます。

CUERipper設定パネル

CUERipperの画面左下で設定します。

Audio output type

losslessまたはlossyを選択します。

Extraction type

imageまたはtracksを選択します。

※「CD資産の残し方-リッピング時のファイル形式」に”image”にするメリットを書きました

Audio file format

flacやwavなどのファイルフォーマットを選択します。「Audio output type」に応じて選択肢が変わります。

lossless:flac / wv / ape / tta / wav / m4a / tak / wma / m2ts / mpls

lossy:m4a / wma / mp3 / ogg / opus

Encoder

「Audio file format」に応じたエンコーダーを選択します。

Encoder Settings

「Encoder」のオプション設定です。

Encoder mode

エンコーダーの圧縮率(あるいはモード)を選択します。

Extraction method

Burst mode、Secure modeまたはParanoid modeを選択します。

※Pionner PureReadドライブのパーフェクトモードとBurst modeの組み合わせで高速かつ正確なリッピングが実現します

Read offset

光学ドライブのリードオフセットを設定します。通常はドライブごとのオフセット値が自動設定されるので特に変更する必要はないでしょう。

Test & Copy

事前テスト後にリッピングするかどうかを選択します。

因みにオーディナリーサウンドの設定は次のようなものです。

  • Audio output type:lossless
  • Extraction type:image
  • Audio file format:flac
  • Encoder:cuetools
  • Encoder Settings:特に弄っていません
  • Encoder mode:8
  • Extraction method:Burst mode
  • Read offset:CUERipperによる自動設定
  • Test & Copy:オフ

 

CD資産の残し方カテゴリの最新記事