ネットショップのクレジットカード利用を再開! ショッピングガイド

Exact Audio CopyでPureReadは正常動作するかを試す

Exact Audio Copy

WindowsでCDリッピングソフトといえば筆頭に挙がるのがEAC(Exact Audio Copy)でしょう。
オーディナリーサウンドでのCDリッピングはPureReadドライブとCueRipperのコンビで定着しているのですが、トラックを指定してリッピングできるEACを久しぶりに試してみることにしました。
私がCDリッピングソフトに求める条件は”PureReadのパーフェクトモードが正常動作すること”ですから、EACでパーフェクトモードが機能するかを試した次第です。

目次

確認環境

  • ソフト:Exact Audio Copy V1.6
  • ドライブ:Pioneer BDR-XD005W2
  • ソース(CD):Torio/Dolly Parton, Linda Ronstadt & Emmylou Harris
  • ファイル保存形式:WAV+Cue

目的はパーフェクトモードでリッピングが中止されることの確認ですから、過去に実績のある上記のCDを使っています。※CueRipperはリッピングを中止します(11トラック中の10トラック目)

EACの取り込みモードはバーストモードとセキュアモードを使いました。※事前に「読み込み能力の検出」を実施済み

保存形式はWAV+Cueにしました。後にWaveCompareを使ってファイルの差異を比較することを想定してのことです。

バーストモードでリッピングした結果

CDで問題のある箇所(トラック10)で読み取り速度が落ちますが、最後までリッピングしてファイルが出来上がります。

EACはCueRipper同様にリッピングのログを見ることができるので保存して確認しました。以下はログファイルの内容です。

以上のことから2つの矛盾が生じます。

  • PureReadのパーフェクトモードの動作からは、中断することなくリッピングを完了したので正確にリッピングできたと判断できる
  • EACのログ(AccurateRipとCUETools DB)からは、トラック10は正確にリッピングできなかったと判断できる

つまりEACでリッピングすると、正確にリッピング出来なかったにもかかわらず、パーフェクトモードは機能しなかった(リッピングを中止しなかった)ことになります。

セキュアモードでリッピングした結果

問題のトラック10にさしかかると、速度を落として読み取りを何度もリトライします。それでも読み取れないと更に速度を落としてリトライします。これを繰り返しますがいつまでたっても埒が明かないので、リッピングをあきらめてキャンセルしました。

まとめ

今回リッピングに使ったCDの場合、EACではPureReadのパーフェクトモードが動作しませんでした。

  • PureReadをパーフェクトモードにしてリッピングしたが、中断することなくリッピングを完了した
  • AccurateRipとCUETools DBによると、CDの一部分(トラック10)は正確なリッピングではない(=読み取りエラーを補間)

1枚のCDだけで結論付けることは避けるべきかと思いますが、少なくともPureReadを使うからにはCueRipperに分があると言えます。※CueRipperは2021/5/1のver.2.1.9で正常動作しています

目次