Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

TuneBrowserの使い方 まとめ

TuneBrowserは、インストール初期状態ですぐに充実の機能を利用できるWindowsの音楽再生ソフトです。この記事は、基本的な使い方からカスタマイズで更に使いやすくする方法、スマホでTuneBrowserをリモート操作する方法などをまとめています。

基本的な画面操作

画面構成

TuneBrowserの画面は、次のビューから構成されています。

  1. アルバムビュー
  2. プレーヤービュー
  3. ツリービュー
  4. キーワードビュー

この他にも、リリックビューとログビューを表示することができます。

ビューの表示/非表示

メインウィンドウとなるアルバムビューを除いた各ビューは表示/非表示することができます。

ビューを表示/非表示するには

  • 「表示 > ドッキングウィンドウ」のサブメニューの各ビューを選択します。
    ※各ビューの「閉じる」ボタン(右上の×マーク)でも非表示にできます。

ビューを別ウィンドウ表示/ドッキング表示するには

ビューの表示方法として、アルバムビューにドッキングまたは別ウィンドウで表示することができます。

  • 各ビューのタイトルバー(一番上の〇〇ビューと書いてある領域)をドラッグします。
    • ドッキング状態を別ウィンドウにするには、メインウィンドウ(アルバムビューのある画面)の外にドラッグ&ドロップします。
    • 別ウィンドウをドッキングにするには、メインウィンドウの中にドラッグ&ドロップします。

ドッキングしたビューを折りたたむには

ドッキングしたビューは折りたたみ表示にして使う時だけ表示させることができます。

  • 各ビューのタイトルバー右側の押しピンのアイコンをクリックすると、アニメーションしながら折りたたまれます。
  • 折りたたまれた状態で〇〇ビューと書かれた部分をマウスオーバーするとアニメーションしながらビューが一時的に表示されます。
  • 折りたたみ表示を元に戻すには、押しピンのアイコン(タイトルバー右側)をクリックします。固定表示されるようになります。

TuneBrowserの便利な使い方一覧

TuneBrowserでイコライザーを使う方法

TuneBrowserにイコライザー機能はありませんが、TuneBrowserの音声出力を別のイコライザーに入力することで対応できます。具体的には以下の方法が考えられます。

  1. パソコンの音声出力をハードウェアのイコライザーに入力する。※最も簡単な方法です。
    EQ341EQ355
    左:ATR EQ341 右:ART EQ355
  2. イコライザーを内蔵したオーディオインターフェイスをDACとして使う。

    UNIVERSAL AUDIO Apollo Solo USB
  3. WindowsのシステムワイドイコライザーであるEqualizer APOを使う。※ただし、ASIOやWASAPI排他モードでは利用できません。
  4. JRiver Media Centerを使う。
    JRiver Media Centerの仮想ASIOドライバーをTuneBrowserの音声出力に設定することで、JRiver Media CenterのDSPスタジオの持つ音声処理機能からイコライザーを使うことができます。VSTプラグインのイコライザーを使うこともできます。
    ※音楽再生ソフトを2つ(TuneBrowserとJRiver Media Center)ことになるのですが、音楽管理再生が得意なTuneBrowserと音声処理が得意なJRiver Media Centerを使うといった方法は理に適った使い方といえます。
  1. VoiceMeeter Bananaを使う。
    VoiceMeeter Bananaに内蔵されたイコライザーを使うことも、DAWソフトのようなVSTホストアプリケーションにVSTプラグインのイコライザーを組み込んで使うこともできる、リーズナブルで柔軟な方法です。
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
TuneBrowser
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました