Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

Apollo Solo USB – Universal Audio デモ機到着

Universal AudioApollo Solo USBは今年(2020年)8月に発売されたばかりのオーディオインターフェイスApolloシリーズの最新機種です。輸入代理店のフックアップさんからデモ機をお借りしたのでApollo Solo USBをリスニング用途に絞って試用中です。

Apollo Solo USBとは

オーディオインターフェイスApolloシリーズについて

ApolloシリーズはアメリカUniversal Audioのオーディオインターフェイスです。数あるオーディオインターフェイスの中でも人気・実力共にトップクラスのApolloシリーズは、音質は勿論のこと本格的なDSP搭載により様々なオーディオプロセッサーをハードウェアベースで処理する点が最大の特徴です。

Apollo Solo USBの特徴

Apollo Solo USBは、USB Type-CポートでPCとUSB接続するWindows専用のオーディオインターフェイスです。

Apolloシリーズの多くはThunderbolt接続仕様のためWidowsでの利用が限定的でしたが、ApolloのエントリークラスにUSB対応機が登場したことになります。

※Windows専用として上位モデルのApollo Twin USBが既に存在します。

※Apollo Solo USBと同時にMac/WinとThunderbolt接続するApollo Soloも登場しています。

Type-C USBケーブルについて

スマホの同梱ケーブルでは認識せず

デモ機が届いてUSBケーブルが付属していないことに気づきました。手元にあるスマホ(motorola moto g7 power)に同梱のケーブルを繋いでみましたがコントロールパネルにApollo Solo USBは表示されず上手く認識してくれませんでした。※おそらくこのケーブルはUSB 2.0対応と思われます

Thunderboltケーブルは上位互換

サポートからThunderboltケーブルが使えるとの情報を得たので試してみるとすんなり認識し正常動作しました。使ったケーブルはAnker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 Cable (50cm)です。

追記2020/10/22

AnkerのUSB Type-C – Type-A 3.0ケーブルで正常動作を確認

一般的なType-A USB 3ポートを持ったPCと接続するため、Ankerのケーブルを入手し問題なく動作することを確認しました。

USB Type-C – Type-AケーブルにはUSB 3対応とUSB 2対応の2種類のケーブルがあるので要注意です。

セルフパワー

Apollo Solo USBは同梱の電源アダプターで電源供給を受けるセルフパワータイプです。

USB DACやUSBオーディオインターフェイスの電源供給はバスパワータイプのものもありますが、音声データと電源を一本のケーブルで賄うことを嫌う場合にセルフパワーは嬉しい仕様といえます。

さらにApollo Solo USBのパワーサプライコネクター部は、回転することでロックされるため電源アダプターにありがちな抜け落ちを防止してくれます。プロオーディオ機器ならではの嬉しい配慮です。

Apollo Solo
Apollo Solo USBのリアパネル:左側に見えるUSB Type-Cポートと電源アダプター接続ポート
電源アダプターのソケットは回転してロックするので安心
Apollo Solo USBの特徴
  • USB 3.0のWindows専用機
  • 付属の電源アダプターによるセルフパワー専用
  • オーディオプラグイン(UADプラグイン)用のDSPを1基搭載
システム要件
  • Windows 10(64ビット・エディション)
  • コンピューター本体にネイティブで搭載されている USB 3.0 SuperSpeed(USB-A または USB-C)空きポート
  • 別売の USB-IF 認証済み USB 3 SuperSpeed ケーブル(Type-A to Type-C もしくは Type-C to Type-C)
  • Intel Core i シリーズ、もしくは Xeon processor(Quad Core i7 以上を推奨)
  • 6GB 以上の空きストレージ容量
  • 8GB 以上のRAMを推奨
  • 3年以内に製造されたコンピューターを推奨
  • インターネット接続環境(ソフトウェアインストール、製品登録、追加プラグイン購入のため)
  • VST、RTAS、AAX 64 対応ホストアプリケーション

再生(DAC機能)

Apollo Solo USBを使うためのUADソフトウェアをインストールすると、オーディオドライバーとしてWindowsにASIOとWDMの2つのドライバーがインストールされます。

SpotifyやiTunes、ウェブブラウザ上のYouTubeやプライムビデオを再生する場合はWDMドライバーを、Audirvana、JRiver Media Center、TuneBrowserなど高音質音楽再生ソフトの場合はASIOドライバーを利用します。

WDMドライバー

Universal Audio Apollo Solo USBが追加される
16bit 44.1kHz~24bit 192kHzの範囲で選択

ASIOドライバー

ASIO対応の音楽再生ソフトではASIOドライバーにUniversal Audio USBが追加されます。

※他にもUnversal Audio FireWireとUnversal Audio Thunderboltが追加されるので間違って選択しないようにしましょう。

Audirvanaの設定
Jriverの設定
TuneBrowserの設定

Apollo Solo USBでASIOを使うメリット(リスニング用途)

ASIOはUSB DACやオーディオインターフェイスにDSD音源対応その他様々なメリットをもたらしますが、Apollo Solo USBの場合は通常のメリットの他にもハードウェアベースのオーディオプラグイン(UADプラグイン)を利用できるという大きなメリットがあります。 

左上:再生中のJRiver Media Center、左下:オーディオプラグインの操作パネル、右:Console(Apollo Solo USBの画面操作ソフト)

上のスクリーンショットはJRiver Media Centerの出力音にApollo Solo USB内蔵DSPで動作するオーディオプラグインを経由させた後にDA変換(DAC)でアナログ出力している様子です。

次のスクリーンショットはJRiver Media CenterのかわりにTuneBrowserで再生している様子です。TuneBrowserはVSTプラグインに対応していないため通常はオーディオプラグインを使うことはできませんが、Apollo Solo USBをDACとして使えばDSPで動作するオーディオプラグイン(UADプラグイン)が利用できます。

ルームイコライザーで最適化、ヴィンテージハイエンドプリアンプでエア感をプラス
ルームイコライザーとしてBrainworx bx_digital V2を、プリアンプにNeve 1084を使用した例

Apollo Solo USBは、USB DAC(再生など)・USB ADC(録音など)・ハードウェアベースのオーディオプラグイン(ルーム補正、オーディオプロセッサーなど)を活用できる『一粒で三度美味しい』アイテムです。

内蔵DSPによるオーディオプロセッサーの活用(UADプラグイン)

前述のとおりApollo Solo USBの最大の魅力は、内蔵DSPに多種多様なUADプラグインをマウントしてオーディオプロセッサーとして利用できる他社製品で真似ることのできないWindows対応のオーディオインターフェイスであることです。

このオーディオプロセッサーを利用できる音楽再生ソフトは限定的ですが心配する必要はありません。高音質なことでも評判のWindows定番ソフトJRiver Media CenterとTuneBrowserでApollo Solo USBのオーディオプロセッサーを利用できます。※foobar2000は未確認、Win版Audirvanaは(おそらく)非対応

動画(YouTube、プライムビデオ等)や音楽サブスク(Spotify等)にオーディオプロセッサーを利用する場合は、JRiver Media Centerを使用すると良いでしょう。

ルーム補正

スピーカーで音楽を聴く場合に、ルーム補正は欠かすことのできない重要な要素です。

部屋の音響特性に立ち向かわずにオーディオ機器やアクセサリーをグレードアップしてもそれは対処療法に過ぎません。詳しくは「スピーカーリスニングの音質向上に最も効果的なたった一つの方法」をご覧ください。

ルーム補正にも様々な方法がありますが、Apollo Solo USBなら内蔵DSPにイコライザーをマウントすることで補正することが可能です。補正の指標となる測定も、マイク入力可能なApollo Solo USBなら測定用マイクを接続してRoom EQ Wizardなどのソフトで測定するだけです。

DSPにマウントするイコライザーはApollo Solo USBに標準バンドルされるイコライザー(Precision Channel Strip)を利用することも追加オプションの豊富なラインナップからイコライザーをチョイスすることも自由です。

測定用マイクの接続

Apollo Solo USBのリアパネルには2チャンネルぶんのバランス・アンバランス対応入力端子があります。この入力端子はホームオーディオで見かけることはまずありませんが、コンボジャックと呼ばれXLR・6.3mmバランス(TRS)・6.3mmアンバランス(TS)をプラグインできるハイブリッドなジャックです。主にコンパクトな筐体のオーディオインターフェイス(AXE I/O等)その他で使われています。

マイク入力にはXLRをバランスライン入力には6.3mmTRSをアンバランスライン入力には6.3mmTSを使います。

コンボ入力ジャック(チャンネル1または2)に測定用マイクiSEMcon EMX-7150を接続(ケーブルはXLR)
写真左はアクティブスピーカーに繋がった6.3mmバランス(TRS)出力

イコライザー(UADプラグイン)によるルーム補正

Room EQ Wizardの測定結果を元にUADプラグインのイコライザーでルーム補正します。

補正に使うイコライザーは、Apollo Solo USBに標準バンドルされるPrecision Channel Stripの5バンドパラメトリックイコライザーではじめてみれば良いでしょう。

オプションで追加するならBrainworx bx_digital V3 EQ Collectionあたりから試すことをおすすめします。補正はチャンネルごとに行うため、Precision Channel Stripの場合は2モジュールを左右チャンネルに割り当てる必要がありますが、Brainworx bx_digital V3 EQ Collectionはステレオ仕様のモジュールも選択できるため1モジュールをマウントするだけで済み操作性が向上します。イコライザーによって設定パラメーターが異なりますし、部屋によって補正値は異なるので、状況に応じたプラグイン選びも大切です。

標準バンドルのPrecision Channel Strip 5バンドパラメトリックイコライザーによるルーム補正(Room EQ Wizardの測定結果を反映)

上のグラフはルーム補正前とApollo Solo USBによる補正後のリスニングポジションの周波数特性をチャンネルごとに重ねたものです。部屋の影響で生じていたピーク(最大ピークは左右共に122Hz付近)が解消され、聴感上の音質も大幅に改善されます。ベールの剥がれた見通しの良い音に変貌します。オーディオ機器をグレードアップしてもアクセサリーをグレードアップしても部屋の問題を的確に解決することは不可能です。


この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
DAC / ADC
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました