Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

ハイレゾ イコライザー:Massenburg MDWEQ5 Parametric EQ

Massenburg Design WorksのハイレゾリューションEQプラグインです。UADプラグインとして提供されています。

一般的なイコライザーは上限で20kHzあたりまでをイコライジングできますが、このMDWEQ5は41kHzまでイコライジングできる点がハイレゾイコライザーと呼ばれる所以です。

設定の上限値である41kHzを±24dBでイコライジングし、アナログ出力をREWで測定した結果が下のグラフです。設定したとおりに41kHzを中心にブースト・カットできています。※サンプリング周波数96kHzで計測

Massenburg MDWEQ5は5バンドイコライザーで、バンドごとにフィルタータイプを設定できます。

バンド1~4(赤、黄、緑、白)のフィルタータイプ

  1. ピーク/ディップ
  2. ハイフリーケンシー・シェルフ
  3. ローフリーケンシー・シェルフ
  4. ハイパス6(6dB/オクターブスロープ)
  5. ローパス6(6dB/オクターブスロープ)
  6. ハイパス12(12dB/オクターブスロープ)
  7. ローパス12(12dB/オクターブスロープ)

バンド5(青)のフィルタータイプ

バンド1~4の7種類に加えて

  1. ハイパス18(18dB/オクターブスロープ)
  2. ローパス18(18dB/オクターブスロープ)
  3. ハイパス24(24dB/オクターブスロープ)
  4. ローパス24(24dB/オクターブスロープ)

ルーム補正にも適したイコライザー

イコライザーをルーム補正に使う場合は、上記タイプのピーク/ディップ(パラメトリックイコライザー)を使いますが、Massenburg MDWEQ5は5バンドイコライザーすべてをパラメトリックイコライザーとして使えます。更に設定可能な周波数の値が各バンドで同じ(10Hz~41kHz)です。

この2点とカラーリングしないタイプのイコライザーであることから、Massenburg MDWEQ5はルーム補正にも適したイコライザーであると言えそうです。

ルーム補正を想定したイコライザー設定でRoom EQ Wizardによる測定結果が次のグラフです。

ルームアコースティックによるピークを5バンドパラメトリックイコライザーでカットするイコライジングです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
オーディオプラグイン
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました