Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

オーディオケーブルの選び方

PCやスマホをスピーカーで高音質に再生するには、有線または無線(Bluetooth等)で接続することになります。無線の場合は正しく設定しさえすれば概ねつながるようになりますが、有線接続の場合はデジタルかアナログかの他にも、音声伝送方式(バランス/アンバランス)や接続コネクターの形状、入出力レベルなど知っておくべきことが沢山です。

この記事では、オーディオ機器の接続方法によってどのようなケーブルを使えばよいのか、またその予備知識としてどのようなコネクター(プラグとジャック)があるのか等を紹介します。

アナログ伝送

オーディオ機器のアナログ出力端子とアナログ入力端子はアナログケーブルで接続します。アナログ入出力端子にはバランス伝送とアンバランス伝送があるため、接続ケーブルもそれぞれに対応した種類を選ぶ必要があります。伝送方式の他にもケーブルのプラグの形状も数種類あるので確認しておきましょう。

※アンバランスをシングルエンドと表記する場合もあります

バランス接続

オーディオインターフェイスやアクティブモニタースピーカーはバランス接続に対応した機種が主流です。また、DAPやポータブルDACもバランス接続に対応した機種が増えてきました。

バランス対応機器のコネクター(ジャック)

バランス接続仕様のオーディオ機器は様々ありますが、オーディオインターフェイスとアクティブモニタースピーカーの多くはバランス接続仕様です。バランス接続といってもコネクター(ジャック)の形状は多様で、主にXLR・6.3mmTRS・4.4mmバランス等が使われています。コンボジャックと呼ばれるXLRプラグでも6.3mmTRSプラグでも利用できるジャックもあります。

XLR

XLRはバランス伝送で最も一般的なコネクターです。機器の入力コネクターにはXLRメスジャックが、出力コネクターにはXLRオスジャックが使われています。

XLRのバランス入出力コネクター
入力:XLRメスジャック、出力:XLRオスジャック
6.3mmTRS

6.3mmTRSはオーディオインターフェイスに多く採用されているバランス伝送のコネクターです。機器の入出力コネクターには6.3mmTRSジャックが使われています。

6.3mmTRSのバランス入出力コネクター
入出力ともに6.3mmTRSジャック
4.4mmバランス

4.4mmバランスは小型のオーディオ機器で採用されているバランス伝送のコネクターです。機器の入出力コネクターには4.4mmバランスジャックが使われています。

バランスケーブルのプラグ形状

バランスケーブルは様々な種類のプラグ形状があるので、接続する機器にあったプラグのケーブルを選ぶ必要があります。バランスプラグは各バランスジャックに差し込むためのXLR、6.3mmTRS、4.4mm等のプラグがあります。また、XLRはオスとメスの2種類があります。

XLR
ZAOLLA-ZMC-100

XLRプラグには写真左側のメスと右側のオスがあります。機器の出力ジャックにケーブルのメスプラグを、機器の入力ジャックにケーブルのオスプラグを接続します。1本で1チャンネルの信号を扱います。

6.3mmTRS
HSS-000X2

6.3mmTRSプラグは外観はヘッドホンの6.3mmステレオプラグと同じですが、バランスの場合は1本で1チャンネルの信号を扱います。機器の入出力ジャックに接続します。※写真のケーブルはステレオペアのバランスケーブルです。

4.4mmバランス

4.4mmバランスプラグは小型のオーディオ機器のバランス伝送用に用いられます。一本でステレオ2チャンネルの信号を扱います。

バランス変換ケーブル

接続機器どうしのコネクター規格(XLR・6.3mmTRS・4.4mmバランス等)が同じであれば、その規格のプラグがついたケーブルを使います。

EVO-0402SHRF
HSS-000X2

それでは接続機器どうしのコネクター規格が異なる場合はどうしたらよいのでしょうか。

オーディオインターフェイスのバランス出力ジャックの多くは6.3mmTRSですが、出力先のアクティブモニタースピーカーやバランス入力対応パワーアンプのバランス入力ジャックの多くはXLRです。

4.4mmバランス出力のDAC(iFi audioのZEN DAC等)をアクティブモニタースピーカーに接続するには?

このような接続を想定した各種変換ケーブルがあるので、これを使います。

HSX-000

6.3mmTRSバランス出力機器とXLR入力機器を接続

HXS-000

XLR出力機器と6.3mmTRSバランス入力機器を接続

4.4mmバランス出力機器とXLR入力機器を接続

※4.4mmバランスはコネクターひとつで2チャンネルぶんを扱う仕様ですから、XLRに接続するには左右チャンネルに分岐させるためのYケーブルとなります。

オーディオインターフェイスのつなぎ方

入力と出力を持ち更にPCやスマホと音声信号をやり取りするオーディオインターフェイスの話からはじめます。

※DACの場合はオーディオインターフェイスに比べて信号経路がシンプルでコネクターの種類も少ないため間違いにくいとの考えで後回しにします。

オーディオインターフェイスの出力をアンプやアクティブスピーカーの入力に接続

オーディオインターフェイスの多くはバランス出力です。ジャックは6.3mmTRSが主流で、その他にはXLRです。

次の写真はAXE I/O Solo – IK MultimediaとApollo Solo -Universal Audioのリアパネルで、音声出力ジャックはそれぞれLINE OUT、OUTPUTSと書かれた6.3mmTRSになります。

AX I/O Solo
AXE I/O Solo – IK Multimediaのリアパネル
Apollo Solo
Apollo Solo -Universal Audioのリアパネル

オーディオインターフェイスの音声出力は通常、パワーアンプやアクティブスピーカーに接続することになりますが、これらのバランス入力コネクターはXLR(メス)ジャックが標準です。

T5V
CLASSIC 5

つまり、接続ケーブルは片方が6.3mmTRSプラグでもう片方がXLRオスのバランスケーブルを選ぶことになります。

aetのTRS – XLRバランスケーブル
aetのTRS-XLRバランスケーブル

写真のケーブルは、aetに作っていいただいたプロトタイプです。近々製品化されるかもしれません。EVO-0402SHRFのカスタマイズバージョンのような位置づけです。※ケーブル:EVOLUTION 0402、XLR:ノイトリック、6.3mmTRS:アンフェノール

4mmと細いケーブルですから取り回しが良く、リスニングなど個人用途にも適しています。着色感のない素直な音です。(お問い合わせ

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ケーブル接続
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました