サイトリニューアルにつき、心を込めてデザイン修正中 m(__)m SHOP

オーディオケーブルの種類と選び方

PCやスマホをスピーカーで高音質に再生するには、有線か無線(Bluetooth等)どちらかで接続することになります。無線の場合は正しく設定しさえすれば概ねつながるようになりますが、有線接続の場合はデジタルかアナログかの他にも、音声伝送方式(バランス/アンバランス)や接続コネクターの形状、入出力レベルなど知っておくべきことが沢山です。

この記事では、オーディオ機器の接続方法によってどのようなケーブルを使えばよいのか、またその予備知識としてどのようなコネクター(プラグとジャック)があるのか等を紹介します。

目次

アナログ接続

オーディオ機器のアナログの出力端子と入力端子はアナログケーブルで接続します。アナログ入出力端子にはバランス伝送アンバランス伝送があるため、接続ケーブルもそれぞれに対応した種類を選ぶ必要があります。同じ伝送方式でもケーブルのプラグ形状が数種類あるのでこれも確認しておきましょう。

※アンバランスをシングルエンドと表記する場合もあります

バランス接続

バランス接続で主に使われている端子は、XLR/6.3mmTRS/4.4mmバランスの3種類です。ケーブルの両端にこれらの何れかのプラグが付いています。

バランス接続について詳しくは別記事にしてあるので、そちらをご覧ください。

アンバランス接続


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者

目次
閉じる