オーディオのライトサイド

Spotify対応音楽プレーヤー:スピーカー・DAP・その他

spotifyコネクト対応デバイス

Spotifyが音質面で大きくクローズアップされることはあまりありませんが、Spotifyの音質は再生デバイスをアップグレードするだけの価値が十分にある音質です。チープなオーディオデバイスでハイレゾ音源を聴くよりも、高音質なオーディオデバイスでSpotifyを聴いたほうが遥かに好結果になります。

Spotifyを高音質で聴くにはプレミアムプランの利用をおすすめします

スマホの代わりにDAPを利用すれば、DAPは音楽専用デバイスですからSpotifyの高音質化を大いに期待できます。

また、スマホやPCでSpotifyを利用している場合は、イヤホンジャックから出力するよりもDACを追加するほうが音質面で有利です。スマホやタブレットの場合はバッテリーを搭載したポータブルDACが屋外でも利用できて便利でしょう。

SpotifyデバイスとDACをケーブル接続したくなければ、ワイヤレスで高音質化する方法があります。今やワイヤレスオーディオのメインストリームとなったBluetoothも年月を重ねて十分に高音質になりました。通常、Bluetoothレシーバーと呼ばれるデバイスでスマホやPCと接続しますが、アナログ出力を持ったBluetoothレシーバーはワイヤレスで接続するDACと言えますから上記と同様にDACによる高音質化につながります。

目次

Spotifyコネクト対応ワイヤレススピーカー

Spotifyの”デバイスに接続”機能を使ってワイヤレススピーカーでSpotifyを再生する様は、あたかもスマホのSpotifyをBluetoothスピーカーで再生するのと変わらないように見えます。前者がSpotifyコネクトですが、Bluetooth接続とは音楽をストリームする経路も音声フォーマットも異なります。

SpotifyコネクトはインターネットでSpotifyが配信している音楽をワイヤレススピーカーに出力するのに対して、Bluetooth接続の場合は音楽の出力先はスマホでありスマホがワイヤレスでBluetoothスピーカーに出力しています。音質的に有利なのはSpotifyコネクトです。接続性の面でもBluetoothがペアリングによる一対であるのに対して、Spotifyコネクトは同一ネットワーク内の対応機器に出力先を瞬時に切り替えることができます。

更に有線LANに対応したSpotify対応デバイスは無線LAN接続が不安定な場合でも快適なストリーミング再生が可能になります。

ruarkaudioとREVOをストリーマーとして使うためのアプリ:UNDOK

ruarkaudioとREVOのワイヤレススピーカーは、Bluetoothやアナログ/デジタル入力でプレーヤーと接続して利用することができますが、有線/無線LAN接続にも対応してしてインターネット/ホームネットワークのストリーマーとして利用することも可能です。ストリーマーとして利用する場合はiOS/AndroidデバイスにUNDOKアプリをインストールしてワイヤレススピーカーの各種設定やリモート操作を行います。

Spotify対応(スポティファイ コネクト)プレーヤー

Spotify対応DAP

FiiO

FiiOのAndroidモードを搭載したDAPは、Google Play Storeからアプリをインストールすることができます。

Astell&Kern

ハイグレードなDAPはハイレゾ対応の高音質をメインフィーチャーとしていますが、最近では音楽サブスク対応の機器も増えています。Astell&KernのDAPはOpen APP Service機能によりSpotifyを利用することができます。

Astell&Kernサイトで紹介されているapkpure.comからSpotifyアプリをダウンロード可能

要はDAPにAndroid版Spotifyアプリをインストールして使えるようにする機能で、スマホと同様に楽曲をダウンロードしてオフライン再生することもできるようです。

更にSpotifyコネクトにも対応しているようなので、DAPは高音質なアクティブスピーカーに接続してスマホのSpotifyアプリからリモート操作すればシンプルでハイエンドなストリーミング配信再生システムのできあがりです。


その他の対応デバイス

  • Amazon Echo:当初は日本未対応でしたが後に対応しましたね。まだ試していません。。。
  • Chrome CastやAirPlay(Apple TV、AirMac Express、ホームオーディオ対応製品)
  • 国内外のAVアンプやオーディオレシーバーの多くはSpotifyに対応しています。人気の高かったONKYO CR-N765もファームウェアのアップデートでSpotifyに対応しています。
  • Oppo Sonica DAC:OppoはSonica DACでいち早くSpotifyに対応していました。

Bluetoothで音質向上

Spotify対応デバイスでなくても、PCやスマホなどからBluetoothヘッドホンイヤホンBluetoothスピーカーに接続することでSpotifyを高音質に聴くことができます。

Bluetoothレシーバーを使えば、アクティブスピーカーやホームオーディオがBluetooth対応になります。

ZEN Blue – iFi audioは多彩なBluetoothコーデックに対応しデジタル・アナログ入力を装備したBluetoothレシーバーです。

用途に合わせたBluetoothレシーバーを選びましょう。Bluetooth搭載アイテム特集をご覧ください。

DAC追加で高音質再生

Spotifyに限った話ではありませんが、スマホやPCの高音質再生にDACは役立ちます。ボリュームコントローラー付きのDACなら音量調整操作も快適になります。

据え置き型DAC

PCに利用するための据え置き型DACは種類も豊富です。どんなDACでもSpotifyを再生できますが、ここでは特におすすめの機種をピックアップしました。

ポータブル型DAC

バッテリー内蔵でスマホとの親和性の高いポータブル型のDACです。

据え置き型Bluetoothレシーバー

ワイヤレスで接続するBluetoothレシーバーは、PCやスマホの設置場所の自由度が高まります。

ポータブルBluetoothレシーバー

バッテリー内蔵のポータブル型Bluetoothレシーバーは有線イヤホンとスマホの接続から解放されます。


目次