フォノEQ内蔵のオーディオインターフェイスとADC

ホームオーディオにフォーカスしたオーディオインターフェイスやADC(アナログデジタルコンバーター)として、レコードプレーヤー接続を可能としたフォノイコライザー内蔵の製品が登場しています。

ARTURIA(仏)のオーディオインターフェイスAudioFuse Studioを追加しました。AudioFuse Studioはホームオーディオがメイン用途の製品ではありませんがフォノEQ(それに加えてBluetoothも!)を内蔵した注目製品です。

フォノEQ内蔵DACと何が違うのか?

一方で、レコードプレーヤーを接続可能なDACも存在します。

※ MYTEK DigitalのManhattan DAC IIとBrooklyn DAC+は厳密にはDACではなくADCを持たない(入力はデジタルのみ)のオーディオインターフェイスです。

フォノEQ内蔵DACはアナログ音声信号をデジタル変換して出力する機能がありませんから、USBで接続したPCに取り込むことができません。

一方で、上記のフォノEQ内蔵のオーディオインターフェイスやADCは、PCに取り込むことができます。
KORG Nu IとM2TECHのEVO PhonoDAC Two、JOPLIN MkIIIは、スタンドアロンでレコード再生のフォノEQとしても利用できます。M2TECH JOPLIN MkIIIの出力は、DACに接続してアナログ出力します。

DAC:入力信号をPCに送り出せない。

オーディオインターフェイス、ADC:入力信号をPCに送り出せる。

アナログとデジタルのフォノEQ

フォノEQ内蔵と一言でいっても、機種によりアナログEQだったりデジタルEQだったり、本体内蔵EQとは別にPCアプリのEQも活用できたりと様々です。

  • 内蔵のデジタルEQで多数のイコライザーカーブを持つJOPLIN MkIIIとEVO PhonoDAC Two(M2TECH)
  • 内蔵のアナログEQとPCアプリのデジタルEQを持つKORG Nu I

EQカーブ比較

Nu I (AudioGate 4.5)EVO PhonoDAC Two、JOPLIN MkIII
RIAARIAA(及びRIAA-IEC)
RIAA+IECAES
NABAngel
COLUMBIAAudiophile
FFRRCapitol
AESColumbia
EU78HMV
AM78Decca/London FFRR
POSTWAR78MGM
NAB
Oiseau-Lyre
Pacific Jazz
Philips
RCA1
RCA2
RCA O
Bartok ※JOPLIN MkIIIのみ
Brunswick
Columbia 1925
Columbia 1938
Columbia England
Decca FFRR 78rpm
MGM 78rpm
Victor 1938-47
Victor 1947-52
9.5cm用及び19cm/s用CCIR/IEC
38cm/s用CCIR/IEC
9.5cm/s用NAB
19cm/s用NAB

EQカーブの種類を比較すると圧倒的にM2TECHが多彩です。

一方で、KORG Nu Iは”イコライザー後掛け”のテクニックを利用できる点が魅力です。

KORG Nu I の魅力の一つはレコードやテープなどのアナログ資産のクォリティをスポイルすることなくデジタル化できることです。 テープ...

アナログ・フォノEQ

アナログ・フォノEQの出力をオーディオインターフェイスに接続することでレコードをPCに録音することができます。

フォノEQを持たない一般的なオーディオインターフェイス

DAC(デジタル アナログ コンバーター)は以前からCDプレーヤーをグレードアップするために利用されてきました。”PCオーディオ”といった...
この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする