家で聴くなら、左右セパレートBluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカーはワイヤレス接続できて音も結構良くて人気があるのも頷けます。過去にはスタイリッシュでお気に入りだった初代Jawbone JAM BOXを愛用していました。

ポータブルBluetoothスピーカーは持ち出しには便利だが…

ポータブルBluetoothスピーカーは片手で持てる小型の左右チャンネル一体型が主流です。バッテリー内蔵でどこへでも持ち出して使うのが前提ですから必然的な形状と言えるでしょう。

しかし、一体型は室内で聴くのに適したスピーカーと言い切れない面もあります。机やテレビボードなどで置き場所に困ることはありませんか?

ノートPCを使っている場合などは、ノートPCの左右どちらかに置き場所を強いられてしまうために左右片方から音の出る不自然な聴き方になってしまいます。テレビ用にも置き場所に悩みます。

ノートPCの左右どちらかに置き場所を強いられる不自然な設置

※写真:B&OのポータブルBluetoothスピーカーBeoplay P2

左右セパレートBluetoothスピーカー

その点、左右セパレートBluetoothスピーカーならノートパソコンの両側に置くことが出来て間隔も自由に調整できるので違和感なく自然に聴くことが出来ます。左右スピーカーの間隔をとれるため一体型スピーカーよりも音の広がりを味わえる点も大きな魅力です。

IK MultimediaのiLoud Micro Monitor

例えば音空間の広がりを存分に味わえるこのような曲では、左右独立スピーカーの良さが際立ちます。

Enya – Only Time (Official 4K Music Video)

据え置きタイプとポータブルタイプ

左右セパレートBluetoothスピーカーと一口に言っても用途で大きく2つのタイプに分かれます。用途に合わせてお選びください。

据え置きタイプ

電源ケーブルで外部から電源供給します。据え置き用途に適しています。

iLoud Micro Monitor:幅9cmの本格派マイクロスピーカー

IK MultimediaのiLoud Micro Monitorは超小型(幅90mm)とは思えない素晴らしいサウンドを聴かせてくれます。Bluetoothを内蔵しているためスマホなどの再生にもおすすめです。

WOBURN Ⅱ:シングルでもペアでもワイアレス接続でステレオ対応

MarshallのWOBURN Ⅱは単体でも左右チャンネル独立のユニットを搭載しステレオ再生に対応しますが、ペア利用の場合に各々のスピーカーを右チャンネル用と左チャンネル用に振り分けるモードを持っています。

一般的にセパレート型は左右スピーカーをケーブルで接続しますが、WORURN Ⅱはケーブル不要で完全ワイアレスのセパレートシステムとなります。

関連記事:Marshallの据え置き・ポータブルBluetoothスピーカー比較

Airpulse A80:Bluetooth以外にもUSB DAC内蔵、ハイレゾ対応

AirpulseからA100を更にコンパクトにしたA80新登場です!!

Bluetooth、USB DAC、ハイレゾ対応でリモコン付きの正にオールインワンBluetoothスピーカーです。

ポータブルタイプ

バッテリー内蔵で屋内でも屋外でも利用できるマルチパーパスタイプです。

Beosound A1 2nd Gen:真のマルチパーパススピーカー

Bang & OlufsenのBeosound A1 2nd Genは、防塵防滴(IP67認証)で何処ででも使えるポータブルBluetoothスピーカーですが、Beosound A1 2nd Genをもう一台追加してステレオサウンドで楽しむこともできます。

家でも外でも真にマルチパーパスな優れモノです。

Bluetoothレシーバー

BluetoothスピーカーとはアクティブスピーカーにBluetoothレシーバーが内蔵されたスピーカーです。ですからアクティブスピーカーにBluetoothレシーバーを追加すればBluetoothスピーカーとして利用できます。パッシブスピーカーの場合はアンプの入力にBluetoothレシーバーを接続します。

FOSTEX PC1BT:アクティブスピーカーにおすすめのBluetoothレシーバー

アクティブスピーカーの多くはアンプ+パッシブスピーカーのように左右チャンネルを同時に音量調整するマスターボリュームがありません。

PCと有線接続する場合はオーディオインターフェイスのマスターボリュームを使いますが、BluetoothでスマホやPCの音楽をワイヤレス再生する場合はBluetoothレシーバーにマスターボリュームが付いていると使い勝手が格段に向上するのでおすすめです。

※Bluetoothレシーバーの多くはボリューム操作できないためアクティブスピーカーとつないだ場合の音量調整はスマホやPCなどのプレーヤー側になりますが、これでは何かと不便です。

PC1BTと好相性のアクティブスピーカー

PC1BTはRCAアンバランス出力ですからアンバランス入力に対応したアクティブスピーカーが相性が良いと言えます。

アクティブスピーカーの多くはバランス/アンバランス両対応ですからPC1BTに直結できますが、ここでは手軽に高音質を楽しめてデスクトップオーディオにも使いやすい小型アクティブスピーカーをいくつかご紹介します。

FOSTEX NF04R

NF04Rは4inchウーファーの2ウェイにも関わらず横幅わずか12cmという魅力的なスピーカーです。コンパクトの秘密はアルミボディにあります。アルミは木材と同等の剛性を遥かに薄い厚みで実現します。

HPR-000
HPR-000

RCA-TSフォーンケーブルで接続します

iLoud MTMは3.5inchダブルウーファーの2ウェイにも関わらず横幅わずか13cmという本格派の小型スピーカーです。PC1BTを追加することでiLoud Micro Monitorと同じくBluetoothスピーカーに変身します。

HPR-000
HPR-000

RCA-TSフォーンケーブルで接続します

T5Vは5inchウーファーの本格派2ウェイにも関わらずペアで5万円を切るリーズナブルさが魅力です。パーソナルスタジオをターゲットにしたスピーカーですからデスクトップに置いても場所を取りません。※2020年7月までの特別価格キャンペーンをお見逃しなく!

HRR-000
HRR-000

RCA-RCAケーブルで接続します

ZEN Blue:パッシブスピーカーに適したBluetoothレシーバー

一方で、iFi audioのZEN Blueはボリュームコントローラーがついていませんからアンプに接続してパッシブスピーカーを使う場合に適しています。

ZEN Blue

PC-1e:ボリュームコントローラーで広がる選択肢

ZEN Blueの多彩なBluetooth機能をアクティブスピーカーで使いたい場合は、FOSTEXのPC-1eなどのボリュームコントローラーを使う手があります。Bluetoothレシーバーとアクティブスピーカーの間に接続します。

RAM System 2000:ハイエンドBluetoothレシーバー

RAM System 2000はBluetoothレシーバーというわけではありませんが、Bluetoothレシーバーを内蔵したマスタリンググレードのコントロールセンターです。高音質なアクティブスピーカーをBluetooth接続するためのベストアイテムです。

RAM System 2000については、アクティブスピーカーのボリューム、プレミアムBluetoothレシーバー、その他魅力満載のニューアイテムRAM System 2000をご覧ください。

Heritage Audio
RAM System 2000

関連記事:

ショッピング

タイトルとURLをコピーしました