音楽はもっといい音で聴けるshop OrdinarySound

RAM System 2000:アクティブスピーカーのボリューム、プレミアムBluetoothレシーバー、その他魅力満載のニューアイテム

Heritage Audio
Heritage Audio

RAM System 2000はスペインのプロオーディオメーカーHeritage Audioのモニターコントローラーです。

通常は音楽制作用に使われるマスタリンググレードのアイテムですが、ホームオーディオでも様々なニーズに応えるハイグレードなアイテムとなります。

  • アクティブスピーカーに必要なボリュームコントローラーにハイエンドのラダー・アッテネーターを採用
  • 高品位なBluetoothレシーバー(AAC,AptX)
  • オーディオファイルグレードのヘッドホンアンプ
  • マスタリンググレードのプリアンプ:3系統のバランス/アンバランスアナログ入力とS/PDIF コアキシャル入力
  • 設計・製造はスペインで100%ヨーロッパ製

それでは注目のRAM System 2000の内容を1つづつ見ていきましょう。

目次

ハイエンド アクティブスピーカーのボリュームコントローラーとして

通常、ハイグレードのアクティブモニタースピーカーには左右ステレオチャンネルを同時に音量調整するボリュームは装備されていません。スタジオコンソールのマスターフェーダーの利用を想定している仕様だからです。

コンソール正面にADAM S3Vが設置されたスタジオ

パーソナルな使用ではオーディオインターフェイスのボリュームコントローラーを利用するのが一般的ですが、オーディオインターフェイスを使わない場合を含めシステムにマスターボリュームがない場合は、音量調整にボリュームコントローラーを利用します。

オーディオインターフェイスには通常マスターボリュームが付いている

オーディオシステムにマスターボリュームがない場合は、ボリュームコントローラーを使う

PC-1e
安価なボリュームコントローラーのベストセラー
FOSTEX PC-1e

Heritage AudioのRAM System 2000はマスターボリュームにハイエンドの大型コンソールで用いられるラダー・アッテネーターが採用されているので、高音質なアクティブスピーカーのボリュームコントローラーとして最適です。※金メッキされた1dB刻み64ステップのリレー・ラダー・アッテネーターです。

Heritage Audio
中央の赤いノブがマスターボリューム

例)高音質アクティブスピーカーADAM S2Vとの組み合わせ

S2V
Heritage Audio
S2V

例)高音質パッシブスピーカーamphion One12、パワーアンプamphion Amp100との組み合わせ

One12
Heritage Audio
Amp100
One12

これはほんの一例ですが、他にも高音質なアクティブスピーカーやパッシブスピーカー(とパワーアンプ)との組み合わせでシンプルなハイエンド・オーディオシステムをリーズナブルプライスで手に入れることができます。

プレミアムなBluetoothレシーバーとして

RAM System 2000にはライン入力の他にもワイヤレスで音声入力するためのBluetoothレシーバーを内蔵しています。

AAC、AptX対応の高品位なBluetoothレシーバー・DACとマスタリンググレードのアナログ回路によるハイエンド&プレミアムなBluetoothレシーバー&ボリュームコントローラーとして利用することができます。

Bluetoothレシーバーは通常は固定出力のため、パワーアンプやアクティブスピーカーとの間にボリュームコントローラーが必要になりますが、RAM System 2000なら一台でハイグレードなBluetoothレシーバーと音量調整を賄うことができます。

ZEN Blueなど通常のBluetoothレシーバーで音量調整はできません。

ZEN Blue

FOSTEX PC1BTは音量調整可能で安価なBluetoothレシーバーとして貴重な存在です。

PC1BT
PC1BT

例)自動ルームチューニング機能を内蔵した高音質アクティブスピーカーIK MultimediaのiLoud MTMとの組み合わせ

iLoud MTM
Heritage Audio
iLoud MTM

あらゆる高音質アクティブスピーカーのクォリティを損なうことなくBluetoothを手軽に利用できるようになります。Spotify等の音楽ストリーミング配信サービスを利用していれば、スマホやPCからRAM System 2000にBluetooth接続して極上のサウンドで音楽を楽しむことができます。

オーディオファイルグレードのヘッドホンアンプ

2系統の高品質なダイヤモンドバッファベースのヘッドフォンアンプ部はノイズや余計な色付けのないサウンドを提供してくれます。

2系統の独立したヘッドホンアンプ部は左右にレイアウトされているため、2人でヘッドホンを使う時の操作性も良さげです

モダンなプリアンプとして

RAM System 2000は豊富な入出力と最先端のアナログ回路により、レガシーなプリアンプ(コントロールアンプ)から置き換えて音質と利便性を向上させることができます。

アナログ入力はバランスステレオ3系統(内1系統はアンバランス対応)、デジタル入力はワイヤレス(Bluetooth)の他にも同軸デジタル(24bit96kHz)入力が可能ですから、あらゆるソースを接続して切り換えることができます。

メイン出力はバランスステレオ3系統で操作パネル上のボタンで柔軟にアサイン可能です。アクティブスピーカーやパワーアンプ(+パッシブスピーカー)を立ち上げておいて快適にスピーカーを切り換えることができます。

出力はメイン出力の他にサブウーファー出力、固定出力(プリアウト)、その他の出力を装備して柔軟な接続に対応できる点もホームオーディオ機器で見ることのないメリットです。

レコードプレーヤー

CDプレーヤー

PC

Heritage Audio

アクティブスピーカー

S5H
S5V

パワーアンプ
+パッシブスピーカー

MobileOne12
MobileOne12

ヴィンテージな外観とモダンな回路によるマスタリンググレードのコントロールセンター

過去から現在に至るまで世界中の音楽を支え続けているNEVEへのオマージュとも思えるヴィンテージ感溢れるRAM System 2000の外観は、モダンなスペックも相まって強い信頼感を与えてくれるマスタリンググレードの万能な注目アイテムです。

ショッピング

RAM System 2000

\ 購入その他、気軽にお問い合わせください /

製品情報

リファレンス・オーディオ・モニタリング・システム

Heritage Audio RAM System シリーズは、モニターコントローラーに求められる厳しいスタジオニーズを満たすべく、2年にわたる徹底的な研究開発から生まれました。

RAM System 2000 にはマスターレベルのコントロール用に、金メッキされた64ステップのリレー・ラダー・アッテネーターが採用されています – 通常、これはハイエンドの大型コンソールで見られる特長です。加えて、Bluetooth を介したモバイルデバイスとのワイヤレス接続も実現。クラシックなグレーボディーや目を引く赤い Marconi ノブによる上質なルックスと相まって、コントロールルームは一層格別な場となることでしょう。

RAM System 2000 は、ステレオ3系統の +4dBu バランスアナログ入力、ステレオ3系統のアナログ出力、独立した MIX 出力(プリフェーダー信号を出力)、独立したステレオ CUE 入出力、S/PDIF コアキシャル入力、モバイルデバイスの統合も簡単に行える Bluetooth 入力、そして独立したサブウーファー出力までを備え、各スピーカーペア間でサブを簡単に共有することも可能です。さらには2系統の高品質なダイヤモンドバッファベースのヘッドフォンアンプ部がノイズや余計な色付けのないサウンドを提供し、ユーザー設定を2つまで割り当て可能なプリセットレベル機能、アーティストとのコミュニケーションのためのトークバック機能なども用意されています。

Heritage Audio

特長

  • クラシックなルックスのデスクトップ型モニターコントローラー
  • マスタリンググレードのステレオモニタリング機能を必要とするスタジオ向けの設計
  • 高品質な自照式ボタンによる確かな操作
  • マスターレベルを1dB刻みで調整可能な64ステップのリレーラダーアッテネーター
  • 3系統の+4dBuバランスアナログ入力(インプット3は切り替えによって-10dBVアンバランス入力に対応)
  • 独立したステレオ CUE 入出力によって、アーティストへキューミックスを提供
  • Burr-Brown の 24ビット/96kHz D/A コンバーターを備える S/PDIF コアキシャル入力
  • モバイルデバイスとの接続が簡単に行える、プロオーディオ品質の Bluetooth 入力
  • 3系統のステレオ出力
  • 独立した MIX 出力(プリフェーダー)
  • 独立したサブウーファー出力
  • DIM、ミュート、ソロ
  • ユーザー設定を2つまで保存/呼び出しが可能なプリセットレベル機能
  • コンソールスタイルのトークバック機能(Talkback to Cue、Talkback to Mix、Talkback to All)
  • オーディオファイルグレードの、高レベル、超高電流、ダイヤモンドバッファベースのヘッドフォンアンプによって、ノイズや色付けなくヘッドフォンを駆動
  • ヘッドフォンソースとして、MIX もしくは CUE いずれかを選択可能
  • 優れた透明性、超低ノイズ、低歪みを実現する最先端のアナログ回路
  • 入出力を含むすべての機能において、金メッキリレーのスイッチを採用

仕様

最大アナログ入力レベル+ 27.5dBu 以上
デジタル入力最大 24ビット / 96 kHz、出力で 0dBfs = +22dBu、すべてフェーダーアップ状態
Bluetooth 入力AAC、aptX、または SBC、出力で 0dBfs = +22dBu、すべてフェーダーアップ状態
DIM時のアッテネーションレベル-20dB
最大出力レベル+27dBu 以上、600Ω
ノイズ-99dBu 以下
THD1 kHz で 0.001% 以下、バランス入力からバランス出力まで、すべてフェーダーアップ状態

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる