Airpulse A80|手軽で高音質の全部入りスピーカー活用術

Airpulse A80

ハイレゾ対応でUSB DACとaptX Bluetooth入りのアクティブスピーカーAirpulse A80は、小型でどこにでも設置可能です。プレーヤーを選ばない豊富な入力と低音をアップグレードするサブウーファー出力端子で拡張性も万全!

Airpulse A80は様々なシーンで活用できる高音質スピーカーの敷居をぐんと下げる注目のニューアイテムです。

あなたならどのように使いますか?

設置が楽でどこにでも置ける小型アクティブスピーカー

Airpulse A80は、ステレオ再生に適した右チャンネル用と左チャンネル用の2台1組がパッケージになったスピーカーです。

左右各々のサイズが幅140mm 奥行き240mm 高さ255mm(※突起物含む)ととても小型なスピーカーですから、僅かなスペースがあれば設置できるコンパクトスピーカーです。

アンプを必要とするパッシブスピーカーの場合は、スピーカーの他にアンプを設置するスペースも確保しなければなりませんが、アンプを内蔵したAirpulse A80ならアンプの置き場で悩むこともなくレイアウトの自由度も高まります。

Airpulse A80はアンプ不要なのでスペースを有効利用できます

ハイレゾ対応アクティブスピーカーとしての盤石の基本性能

Airpulse A80はHi-Resの公式認証を取得したハイレゾ対応スピーカーで周波数特性は52Hz〜40kHzを誇っています。

ハイレゾを支えるホーンロード・リボンツイーターとアルミニウム合金コーンウーハー

まず注目したいのはエントリークラスにもかかわらずコストのかかるリボンツイーターを搭載している点です。

リボンツイーターは超高音域が得意なツイーターですからハイレゾ再生にも適したユニットです。

※リボンツイーター搭載の低価格高音質なスピーカーとしては同じくアクティブスピーカーであるADAM Audio Tシリーズが挙げられます。

低域を受け持つユニットは強力な磁気回路でドライブするアルミニウム合金コーンウーハーで、直線性と過渡応答に優れています。

厚さ18mmの高剛性キャビネットは楕円型のリアバスレフポートで風切り音を最小限に抑えています。

Class-Dアンプによるトゥイーター、ウーファー独立駆動

トゥイーターはL/R: 10W+10W、ウーファーはL/R: 40W+40WのClass-Dアンプで駆動される本格的な設計です。安価なPC用スピーカーに見られる単にアンプを内蔵しただけのセミアクティブスピーカーとは一線を画しています。

左右スピーカーは同梱の専用ケーブルで接続することにより、トゥイーターとウーファーを独立してアンプ駆動できるようになっています。※単にスピーカーケーブルで接続しているのとはわけが違います。※IK Multimedia|iLoud Micro Monitorも同様の方式でトゥイーターとウーファーを独立してアンプ駆動しています。

※「アクティブスピーカーのメリットは手軽さであり、音質やパワーを求めるならパッシブスピーカー」との間違った記事を数多く散見します。アクティブスピーカーのメリットについてアクティブスピーカーをおすすめする5つの理由 for Music Loversをご覧いただければアクティブスピーカーが如何に理に適った優れた方式であるかを理解することができます。

多彩な入力:Bluetooth、USB DAC、光デジタル、アナログ

Airpulse A80の入力はBluetoothの他にもデジタル2系統、アナログ2系統の計5系統とアクティブスピーカー中トップクラスです。

aptX対応Bluetooth

Airpulse A80はBluetooth 5.0でaptXにも対応したBluetoothレシーバーを内蔵しているため、スマホやPCから手軽に高音質なワイヤレス接続をすることができます。

PC(Win/Mac)対応のハイレゾUSB DAC

Airpulse A80はハイレゾ対応のUSB DACを内蔵しPCM(44.1KHz/48KHz/96KHz/192KHz)の音楽ファイルを高品位にアナログ変換します。一般的に”PCを高音質で再生するにはUSB DACを用いる”とされていますが、AirpulseはUSB DACを内蔵しているため別途USB DACを用意する必要はありません。PCにWindowsを使う場合はドライバーが用意されているのでダウンロードしてインストールします。

192kHz対応の光デジタル入力

PCがなくてもデジタル音声出力の付いたCDプレーヤー、テレビ、ゲーム機を繋ぐための光デジタル入力が装備されています。古いまたは安価なCDプレーヤーであればAirpulse A80にデジタル接続することで音質アップが期待できますし、テレビやゲーム機の音声も見違えるようにグレードアップします。※アマゾンプライムビデオなどネット配信の動画でさえもAirpulse A80で音声出力する価値は十二分にあります。

2系統のRCAアナログ入力

アナログ入力も2系統と充実しています。因みにAUXはRCA出力端子の機器を、PCはイヤホン端子など3.5mm出力端子の機器を接続することが想定されています。

Airpulse A80
右チャンネルスピーカーのリアパネル

リモコン、接続ケーブル、アングルベースと至れり尽くせりの付属品

本格的なアクティブスピーカーとしてリモコンが付属しているのは嬉しい仕様です。電源のオンオフから入力切換、ボリューム操作までリモコン操作できます。手の平に収まる丸みを帯びたデザインが手に馴染みます。

Airpulse A80

付属のケーブルも実に充実しています。電源ケーブルと左右スピーカー接続ケーブルの付属は当然として、リアパネルの入力端子に接続する4種類のケーブルまでもが付属しています。

  • USBケーブル
  • 光デジタルケーブル
  • RCAケーブル
  • Yケーブル(3.5mmステレオ to RCA)

スピーカーをデスクトップに設置した場合など、スピーカーの高さが足りないために高音不足のバランスになりがちです。Airpulse A80は低い位置に置く場合のためにアングルベースが付属しています。

ウレタン製アングルベースの上にスピーカーを設置した状態

Airpulse A80を普通に水平に置く場合もインシュレーターがはじめから付いていて親切です。

関連記事:高音質スピーカーを生かすも殺すもセッティング次第

デスクトップオーディオを含む主な用途

小型でオールインワンのアクティブスピーカーであるAirpulse A80は、パッシブスピーカーを超えた多くのシーンで活躍してくれるスピーカーです。

デスクトップ

デスクワークをはじめPCを使う際には音楽も良い音で聴きたいものですが、デスクトップの制約上、数多くの機器やサイズの大きな機器は置けません。置けたとしても配線でごちゃごちゃしたりデスクトップが狭くなったりですから、出来る限りコンパクトでシンプルな構成のアイテムにしたいものです。

Airpulse A80は小型でしかもアンプやDACも不要ですから、デスクトップオーディオ用のスピーカーとしてベストチョイスの1つになります。

デスクトップにAirpulse A80を設置したイメージ
スッキリ!

テレビ

音楽の音質には拘ってもテレビの音質には意外と無頓着になりがちです。

Airpulse A80は小型ですからテレビの両サイドに僅かなスペースが確保できればテレビの音を大幅にグレードアップしてくれます。

テレビの音声出力端子にあわせて付属のアナログまたは光デジタルケーブルで接続するだけです。

”どうせテレビの音声だから”とあなどってはいけません。動画配信サービスもこれまで以上に楽しめるようになります。

ベッドルーム

メインのオーディオシステム以外にもベッドルームでサブシステム利用する場合も、小型でシンプルな機器が望まれます。

Airpulse A80とBluetoothでワイヤレス接続できるスマホその他のポータブルデバイスだけでサブシステムの完成です。

Airpulse A80

アナログレコードをBluetooth再生

アナログレコードをシンプルに再生したい時にも、Airpulse A80の豊富な入力が威力を発揮してくれます。

フォノイコライザーを内蔵した手軽なレコードプレーヤーならRCAケーブルでAirpulse A80に接続します。Bluetoothを内蔵したレコードプレーヤーはワイアレスでAirpulse A80に接続することさえできます。

フォノイコライザーを別途用意する本格的なレコードプレーヤーの場合は、ART DJ PRE IIなどの小型フォノイコライザーをレコードプレーヤーの出力に接続することで、Airpulse A80でレコードを高音質に聴けるようになります。

レコードはCDよりも高い音を再生することができるので、Airpulse A80のハイレゾ対応が活きてきます。

サブウーファー出力端子による低音域のアップグレードパス

Airpulse A80は11.5cmウーファーの搭載により52Hzまでの低音再生能力があります。小型スピーカーの低音再生能力は概ねこんなもんですが、Airpulse A80ならサブウーファー出力端子にサブウーファーを接続することで低音再生能力をアップグレードすることができます。

ADAM Audio Sub7T10S等の小型サブウーファーを増設して低音再生能力を引き上げると、Airpulse A80の魅力が一層引き立ちます。

※Airpulse A80に限ったことではありませんが低音再生能力に限界のあるスピーカーにサブウーファーなどで低域を補強すると、単に低域がプラスされるだけでなく音楽全体の重心が下がることで聴こえてくる音のグレードが高まります。

まとめ

Airpulse A80は、小型で高音質、必要なものが全部揃ったオールインワンのアクティブスピーカーです。

Airpulse A80の備える要件を満たすシステムを個別に揃えるとなると、とてもじゃありませんが同額では収まりません。優れたコストパフォーマンスのオーディオシステムです。

既にメインシステムを利用されている方にもサブシステムとしておすすめします。

高音質の据え置き型Bluetoothスピーカーを探している方にもおすすめします。

仕様

型番A80
形式DAC内蔵アクティブ・スピーカー
トィータホーンロード・リボン
ウーハー11.5cm アルミニウム・コーン
アンプ部Xmos プロセッサー搭載デジタルアンプ
アンプパワー40W×2(ウーハー)
10W×2(トィータ)
入力(デジタル) USB /Optical /Bluetooth
(アナログ) RCA /PC
出力端子サブウーハー出力
周波数特性52Hz〜40kHz
入力感度USB 400±50mFFs / Optical 400±50mFFs / Bluetooth 450±50mFFs
AUX 450±50Mv / PC 450±50Mv
サイズW140×D240×H255(突起物含む)
重量4.8kg(1本)
付属品リモコン、電源ケーブル、左右スピーカー接続ケーブル、USBケーブル、光ケーブル、RCAケーブル、ウレタン製アングルベース
タイトルとURLをコピーしました