PCを高音質ドリームマシンに変身させるオーディオインターフェイス&プラグイン

PCをプレーヤーとして使うだけでは勿体ない

先の記事「音楽好きにとってPCは高音質と快適さを兼ね備えた最高のプレーヤーです」で書いたようにPCは大変優れた音楽プレーヤーとなることから高音質のDACに人気が集中しています。DACの代わりにオーディオインターフェイスを使うことで、再生ばかりかPCで録音することもできるのでアナログ資産のデジタル化も容易です。

音楽制作ではホームオーディオでPCが使われる遥か以前からPCが活用されてきたこともあり、PCは音楽のための様々なツールとしてなくてはならない存在です。

その中の一つがソフトウェアベースのイコライザーやプリアンプといったオーディオプロセッサーで、多くの場合はプラグインという形で提供されています。音楽再生を目的としたプレーヤーの中にもこのプラグインに対応したアプリがいくつか存在しプラグインをアタッチすることで利用できるようになります。

※オーディナリーサウンドではJRiver Media Center(Win版)で様々なプラグインの動作を確認しています。JRiver Media CenterはMac版もあります。
※JRiver Media Centerでプラグインを使うには「HEDD Lineariser で位相やインパルス応答を向上、HEDDは更に音質アップするスピーカー」を参照してください。

これとは別に、オーディオインターフェイス自身がサウンドプロセスのためのハードウェア(DSPやFPGA)を内蔵し、PCのソフトウェアで提供されているプラグインと同様の機能を提供しているオーディオインターフェイスも存在します。老舗でもあり最も有名なのがアメリカUNIVERSAL AUDIO社のApolloシリーズとArrowです。ApolloとArrow専用のUADプラグインが提供されています。

オーディオインターフェイス側でオーディオプロセッサー処理するため、PCの負担を減らせる点が強みです。また、音楽プレーヤーアプリがプラグイン対応でなくてもサウンドプロセスを利用できる点もメリットです。

往年の名機やハイエンドプロオーディオのサウンドをPCで再現する数多くのプラグイン

近年のアナログ再人気は、アナログならではの暖か味によるものと言われます。アナログ・プリアンプを通すなどしてサウンドに空気感や色味をプラスアルファしている人達も少なからずいます。

アナログ機器で問題になるのは、入念にメンテナンスしなければ本来の性能を維持することが困難であることや、一部を除いて人気のアナログ機器は非情に高価で手を出しづらいことです。

ハイエンド・プロオーディオ・イコライザー

※ApolloシリーズやArrowを使えば、Manley® Massive Passive EQ プラグインとして安価に入手することもできます。

高価なアナログ機器にあってリーズナブルで高音質な人気機種

真空管や次世代真空管Nutubeを内蔵したDAC、ヘッドホンアンプ

豊富なプラグインをバンドルしたオーディオインターフェイスAXE I/O

カタログページにあるように、イタリアIK Multimedia社のオーディオインターフェイスAXE I/Oは基本的に2イン4アウト(他にもギター用入出力あり)でホームオーディオ用途にも使いやすい仕様ですが、嬉しいことにプラグインが10種類もバンドルされているため別途プラグインを入手することなく使い始めることができます。※バンドルされるプラグインについてはカタログページを参照してください。リスニング用には不向きなプラグインもありますが、リスニングに適したプラグインが含まれていることは確認済みです。

他の魅力的なプラグインを使いたければ追加入手することもできます。

例えば、一般的に入手困難なStuder、Revox、Ampex、MCIといったプロ用オープンリール・レコーダー。現在でもアナログテイストを加えるために活躍している名機達のサウンドは、リスニングにおいても効果を発揮してくれます。※個人的には50~60年代のジャズで好んで使います。

Tape Machine
Studer A80をモデリングしたIK MultimediaのTape Machine 80

JRiver Media CenterにTape Machine 80のプラグインを入れてオスカー・ピーターソン・トリオのアルバムWe Get Requestsを再生してみました。いい感じです。

画面上のオープンリールがクルクル回ってアナログメーターも振れて雰囲気あります^^

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする