イコライザーによるルームアコースティック対策前後の違い:比較試聴可

ルーム補正前後の違いを体感

ルームアコースティック対策の効果を実際に聴いてもらうために、録音した音声ファイル(WAV)をアップしました。(Song01~10)

必ずヘッドホンやイヤホンで試聴してください。※スピーカーで試聴しても聴いている部屋のキャラクターが加味されるので無意味です。

Song01補正後
Song01補正前
Song02補正後
Song02補正前
Song03補正後
Song03補正前
Song04補正後
Song04補正前
Song05補正後
Song05補正前
Song06補正後
Song06補正前
Song07補正後
Song07補正前
Song08補正後
Song08補正前
Song09補正後
Song09補正前
Song10補正後
Song10補正前

いかがでしょう。聴き比べると、補正前の音は歯切れが悪くベールをかぶっているかのような音であることがわかります。

音声編集アプリのAudacityに補正後と補正前の音を読み込ませて再生すると、違いが更にわかりやすくなります。※ソロ機能を使うことで、再生中に補正前後の音を瞬時に切り替えることができます。

Song2の緑:補正後 赤:補正前

Audacityに補正後と補正前の音を読み込ませるとこんな感じです。緑が補正後、赤が補正前です。

音声を波形としてみても赤(補正前)が緑(補正後)よりも太いことがわかります。太いぶんがベールと考えればよく、ベールを取り除いて本来の姿になったと言えます。

アップした音声ファイルについて

ルーム補正前後のスピーカーの再生音をマイクで収録しています。

※一般的な部屋ですから周りの環境ノイズも乗っています。

使った音源:

Sample Tank 4 (IK Multimedia)製品ページからダウンロードしたWAV

使ったマイク:

sE8 マッチド・ペア(sE Electronics)

使ったイコライザー:

IK Multimedia Classic Equalizer (フリー)

※JRiver Media CenterでVSTプラグインとして使用

左チャンネル
右チャンネル

関連記事:フリーのT-RackS 5 Custom Shopでイコライザーを体験してみよう

おすすめアイテム

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする