Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

MQA-CDをリッピングしてもハイレゾ再生できるかを検証

mqa

MQA-CDのメリットの一つは、愛用のCDプレーヤーを活かしつつハイレゾ再生できることです。

そしてもう一つのメリットは、通常のCDと同じ手順でリッピングできることです。勿論、リッピングによる音楽ファイルはCDクォリティ(16bit/44.1kHz)ではなくMQAのネイティブなハイレゾデータ(MQA音源)ですから、MQA対応DACを利用することでハイレゾ再生することができます。

以下に実際にMQA-CDをリッピングして再生した結果をお知らせします。

CUERipperでのMQA-CDリッピング

リッピングにはPioneerのPureReadドライブBDR-XD05とCUERipper 2.1.6 (Windows)を使いました。

パーフェクトなリッピングに欠かせないPureReadドライブとCUERipperのいつもの組み合わせです

手順は通常のCDと何ら変わりありません。FLAC形式でリッピングしています。

入手したばかりのCDとのこともあって、すんなりパーフェクトなリッピングを終えました。

リッピング後のファイル

CUERipperでリッピング後に生成されたファイル。FLACは、キューシートとアルバムアートを埋め込んだ形式です。外部のキューシート(拡張子.cue) やアルバムアート、ログファイル(拡張子.log) などが作られます。

※ CUERipperは一般的な1トラック1ファイルの形式でリッピングすることも可能です。

JRiver Media Center 24 + Liverty DACを使った再生

MQA-CDからリッピングした音楽ファイルをハイレゾ再生するには、音楽再生ソフトとMQAフルデコーダーを搭載したDACを利用するのが一般的です。※音楽再生ソフトにAudirvanaを使うと、廉価なMQAレンダラー対応DACとの組み合わせでハイレゾ再生することができます。

ここでは、一般的な音楽再生ソフトとしてJRiver Media Centerを、MQAフルデコーダー搭載DACとしてMYTEK DigitalのLiverty DACを使ってハイレゾ再生を確認しました。

上記のリッピングの手順と同じくこちらも通常のハイレゾファイル再生と何ら変わりません。

MQAをハイレゾ再生するためのチェックポイントは以下の2点です。

  • JRiverのボリュームはフル(0 dB) ※ボリューム調整は Liberty DACでおこなう
  • VSTプラグインなどのサウンドプロセッサーは使わない
JREMOTE

iPadアプリのJRemoteでJRiver 24をリモート操作中。Liberty DACはMQA再生していることを青いインジケーターで示しています。※ JRemoteでボリュームを落とすと即座に Liverty DACのインジケーターはオレンジ(PCM 再生を示す)に変わります。

MQA-CD + MQA対応DACはこれからハイレゾを始める人にもおすすめのお手軽手段

ハイレゾに興味があっても音源の入手方法やオーディオ機器の選定など何かと煩わしくて手を出さずにいる人にとってMQA-CDはハイレゾ音源として良い選択肢です。

MQAフルデコーダー搭載DACをシステムに追加すると愛用のCDプレーヤーを活かしたままでハイレゾも楽しめますから、悩むことなくシンプル接続で手軽にハイレゾ再生環境を導入できます。もし愛用のCDプレーヤーが壊れても、大切なCD音源はPCにリッピングすることで資産を活用できます。この時もMQAフルデコーダー搭載DACならPCに接続して利用できますから、これまでの資産(CD)も新しいハイレゾの資産(MQA-CD)も末永く楽しむことができます。


MQA対応DAC

MQAに対応したDAC一覧

タイトルとURLをコピーしました