PAW S1 | Lotoo

5月下旬発売 予約販売

27,000円(税別):USB-Cケーブル付属

32,000円(税別):USB-C/Lightningケーブル付属

送料無料代理店直送正規輸入品

クレジットカード

can only be delivered within Japan

商品カテゴリー: , ,

説明

あなたのスマホをLotooクオリティーに!

すべてが新しい無比のPAW S1は、 LotooのPAWラインアップのDAPアーキテクチュアを継承しており、ポータブルUSB DAC分野の水準を再び押し上げることを目指しています。革新的技術ではちきれんばかりのPAW S1は、革命的なゲームチェンジャーとしてかつてないほどのマルチメディア・エンターテインメント体験を実現します!

AMAZON MUSIC HD、mora Qualitas、Tidal、Qobuzのようなロスレスストリーミングのアプリケーションも、スマホなどのデバイスからPAW S1の独自OS(LTOS)を経由して再生することにより、一気にクオリティアップすることが可能になったのです!

超絶無比

トップレベルのDAPで広く知られているLotooは、超小型オーディオ機器を愛好する方のニーズを満たすために、PAWラインナップに新しいDAC-Ampを追加することを決定しました。それは、これまでのDACに期待されていたパフォーマンスの限界をはるかに超えるものです。ハイグレードな姉妹機のごくわずかな価格でLotooが市場に導入するのは、PAWファミリーと同じDNAに基づいて製作されたポケット・パワーハウスです。

PAW S1は、Lotooが従来のDAP(PAW Gold TouchとPAW6000)で使用しているのと同じアーキテクチュアを使用しているので、ストレージのない超小型DAPと考えていただくことができます。

PAW S1は、ただの「もうひとつのUSB DAC」ではありません。それはなぜでしょう?

PAW S1が驚異的なテクノロジーを備えた真のゲームチェンジャーである10の理由をご説明しましょう。

高性能・高品質のDACチップの採用

まず何より、何をもってDACアンプを「高性能」と定義するのでしょう?

PAW S1のTHD+N(全高調波歪率)にはこれが当てはまります。その数値は-108dB(0.0004%)であり、市場で最も高価なDAPの大半よりも優れており、USBドングルDACの大半を楽々と凌駕しています。DACチップのデータシート値-109dBに迫る数値なのです。

オーディオの仕様を詳しく見てみると、S1のバックグラウンド・ノイズは-118dBuにすぎず、そのパフォーマンスは高価なDAPの大半よりも優れています。

DACチップのデータシート値-126.8dBuに近いのです。

Lotooのエンジニアリング・チームは、クラスをリードする弊社のハードウェア上で可能な限り最高のパフォーマンスを確保するために、DACチップのあらゆる能力を、何ものも無駄にすることなく引き出す努力をしているのです。

スタンドアロンのヘッドフォン・アンプ

この機能は何のためにあるのか?

アンプを組み込んだドングルDACの出力は、IEM(インイヤーモニター)を駆動するには十分ですが、ヘッドフォンに使用する場合は、通常はさらに電力が必要になります。コストと電力の制約があるため、現在市場に出回っているドングルDACは、コスト的にアンプを内蔵することができません。

PAW S1は独立したアンプチップ(OPA1622)を装備しており、これがより高いパワーとパフォーマンスを可能にしているのです。

4.4mmバランスと3.5mmmシングルエンドのデュアル出力

なぜこの設計を選んだのか?

Lotooは、ドングルスタイルのUSB DACでは初となる4.4mmと3.5mmのデュアル出力設計を実現するという革新的な一歩を踏み出しました。DACの性能を向上させ、市場全体の水準を引き上げる、大胆な進歩です。ペンタコン4.4mmバランス・コネクタを使用していますが、これによってチャンネル・セパレーションが向上し、サウンドステージがより広くなります。このコネクタは市場で幅広い人気を獲得しているので、Lotooはこの4.4mmソケットを追加して3.5-4.4デュアル出力設計を実現し、それによってこのポータブルDACを他から抜きん出た存在にしているのです。

120mW@32Ω

この技術特性は何を意味するのか?

120mW@32Ω(各チャネル)の出力によって、S1は、IEMはもちろん、通常のオーバーイヤー型ヘッドフォンにもすばらしい相性を見せます。120mWの出力があれば、インピーダンスが32オームのヘッドフォンでも見事に駆動することができます。

IEMを駆動するには5mWもあれば十分なので、S1のパワーには十分な余力があるということです。

複数のOSをサポート

PAW S1は競合他社の製品と比較対照して、どう違うのか?

市場に出回っているほとんどの競合製品と同様に、S1にはドライバーをインストールする必要はありません。PCとMacでのプラグ・アンド・プレイをサポートしているので、何の問題もありません。しかし、市場に出回っているすべての製品がiOSを(あるいはiOSとAndroidの両方を)サポートしているわけであはありません。iOSは、電力と互換性の点で要求が大きいからです。PAW S1のように、複数のOSのみならずAndroidとiOSまでもサポートしているドングル・サイズのDACは、めったにないのです。

内蔵EQ/ATE

PAW S1は、LotooのPAWラインナップ独自のスタジオ品質のEQ/ATEも装備しています。これは、弊社のトップランクのDAPで非常に高い評価を得ている機能であり、私たちは多くの人が求めるこの機能をS1に投入できたことをうれしく思っています。

ゲイン・コントロール

Lotooは、何より安全なリスニング体験をしていただくことを念頭に置いて、 PAW S1にゲイン・コントロール(高/低)を装備しています。この機能によって、より多くのタイプのヘッドフォンやIEMに対応することができます。

漆黒のバックグラウンド

音楽を聴くときには、PAW S1の超低ノイズフロアのおかげで、すべての音符が黒いベルベットの上に置かれたダイヤモンドのように際立ち、歌の中の沈黙がどこまでも深くなることでしょう。

液晶画面

ディスプレイはこれまで以上に多くの情報を表示でき、しかもより簡単でスムーズで直感的な操作が可能です。

造りの良さと人間工学

PAW DAPと同じ高水準のクラフツマンシップによって製造されたPAW S1のアルミニウム合金ボディは、同じCNC機械加工技術を使用して、単一の合金ブロックから削り出されているのです!

仕様

対応フォーマット PCM32K-384KHz、DSD64/DSD128
重量 27.1g
大きさ 66mm x 22mm x 13mm
最大出力 3.5mm:70mW/ch @32Ω、4.4mm:120mW/ch @32Ω
ヘッドフォン出力 3.5mm(シングルエンド)、4.4mm(バランス)
周波数特性 3.5mm: 20-20KHz:+0/-0.017dB

4.4mm: 20-20KHz:+0/-0.016dB

USBポート USB-C
フロアノイズ 3.5mm: -118dBu、4.4mm: -114dBu
液晶パネル OLED 128×32
THD+N(全高調波歪率) Low gain: -106dB(0.0005%)

High gain:-108dB(0.0004%)

OS LTOS(Lotoo OS)
S/N比 3.5mm: 123dB、4.4mm: 122dB
ファームウェア・アップデート 対応
この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする