PowerStation|iPower

PowerStation

iFi PowerStation電源ブロック(タップ)は、Active Noise Cancellation(アクティブ・ノイズ・キャンセレーション)を使用して、システム全体にクリーンな電源を供給し、ハイパフォーマンスなオーディオ/AVシステムを実現します。

数量:

あらゆるオーディオ・システムは、貧弱な電源品質に汚染される可能性を持っています。これは、とりわけ都市部に住んでいる人々の多くに影響を与える問題です。私たちが使っている電源の品質は、安物のスイッチングモード電源を典型的な家庭用機器でふんだんに使うことで、そしてまた常にRFI/EMI(電磁干渉/無線周波数干渉)にさらされていることで、ますます損なわれます。スピーカーのドライブ・ユニットを動かすのは電気信号です。もしもこれらの信号が形成されるもとになる「精製されていない燃料」(システムに供給される電力)が腐敗していたら、音質にネガティブな影響が出ることは避けられないでしょう。

iFiでは、(電源から直接であろうと、USBポート経由であろうと)供給される電力中の「ノイズ」(歪み)を低減する効果のきわめて高い製品を数多く製造していますが、PowerStationは弊社独自のActive Noise Cancelation(アクティブ・ノイズ・キャンセレーション)をシステム全体で提供する最初の製品で、8個の電源接続端子が電源の問題を解決します。

Power Station

効能

  • iFiのPowerStationは、すべてのノイズを「アクティブ」にキャンセルします。つまり、パッシブ型の製品よりもずっと多くのノイズを、全周波数帯域にわたって、より低い周波数帯域でさえ、キャンセルすることができるということです。
  • 各接続端子にさらにパッシブ・フィルターを追加して、最高域のノイズも根絶します。
  • 各接続端子はどれもが専用のチェンバー内に収容されて独立しているので、ディファレンシャル・モードの相互汚染を防ぐとともに、EVA(エチレン・ビニール・アセテート)を戦略的に配置することによって、振動もダンプします。
  • PowerStationは正しい極性を示してくれるので、やっかいな極性の問題を回避することができます。
  • PowerStationはシステムのアースが取れているかを示してくれます。アース/グラウンド・ソケットを装備しているので、グラウンド・ケーブルを接続してアース起源のバズ音やハム音を除去することができます。
  • システムがすでにアースに接続されている時に、万が一PowerStationのアース/グラウンド・ソケットにグラウンド・ケーブルを接続しても、グラウンド・ループが生じることはありません。
  • 内蔵の過電圧サージ保護が、電源の短絡、スパイク、サージ、機器の故障からシステムを守ってくれます.
  • ご使用中のiPurifier ACをPowerStationと一緒に使用することができます。デジタル機器とアナログ機器を分けて接続して、ノイズによる汚染をさらに低下させることができます(図をご参照ください)。

Active Noise Cancellation II®(アクティブ・ノイズ・キャンセレーション2)

PowerStationの核心となる、パフォーマンスを強化するテクノロジーは、Active Noise Cancellation 2、すなわちiFi独自のノイズ撃退テクノロジーの最新バージョンです。電源「コンディショニング」製品の大半は、フィルターとレギュレーターを選定することで、パッシブにノイズ低減を行います。これも効果はありますが、電源信号中のノイズをキャンセルするために逆流ノイズを使用する弊社のアクティブ・システムと比較すると、先天的に不利益な側面を持っています。このアクティブな動作方式は、ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォンのテクノロジーに似ていなくもありません。

電源中のノイズは、原因によって様々な周波数で生じます。パッシブなノイズ低減システムは、周波数帯域の上限域では有効ですが、低域ではそれほどの効果は得られない傾向があります。さらに、パッシブなシステムは、ほんとうに効果をあげようとしたら、大きなキャパシターを必要とするため、最高級の製品になると、大型で高価になってしまいます。

iFiのActive Noise Cancellation 2は、周波数帯域全体を通じて、一貫して約-40dB程度ノイズを低減する効果があります。これが、それぞれの電源端子のパッシブ・フィルターと組み合わされて、最高周波数帯域(無線伝送システムが原因となるのが典型です)までノイズを根絶するのです。その結果、ディファレンシャル・モード・ノイズ(たとえば、昔ながらのスイッチングモード電源が原因となります)とコモン・モード・ノイズ(WiFiやBluetoothが原因の干渉)の両方で、きわめて効果の高いノイズ低減を実現する電源ブロックとなっているのです。

Power Station

インテリジェント・グラウンド&ポラリティー&サージ・プロテクション

PowerStationの「スマート」診断シスムは、正しい極性を示したり、システムが適正にアースに接続されているかを示すことによって、問題が生じる可能性を回避するのを手助けしてくれます。有効なアースが欠如していると、スピーカーからバズ音やハム音が聞こえますが、これは電源のロウレベルのノイズが増幅された結果生じるのです。こういったノイズは、オプションのグラウンド・ケーブルをPowerStationのアース・ソケットに接続することによって浄化することができます。iFiは、この回路を「インテリジェント・グラウンド」と呼んでいます。なぜなら、システムがすでにアースに接続さている場合でもグラウンド・ループ(バズ音やハム音の一般的な原因になります)が生じないからです。

家庭用AC電源に関しては、いちばん一般的な接続エラーが2つあります。

第一のエラーは、極性に関するエラーです。
インテリジェント・ポラリティー(極性)は、ピン配列が間違っている場合には、LEDを赤色に変えることで、自動的にそれを知らせてくれます。

第二のエラーは、グラウンド/アースの欠落です。
グラウンド/アースの欠落があるのかどうかわからないシステムでも、iFi Power Stationをシステムに差し込むだけで、そのどちらであるかが確認できます。
すべてが問題ない場合は緑色のLEDが2個点灯します。

iFi PowerStationは、接続されているすべてのオーディオ/AVコンポーネントのパフォーマンスを向上させるだけでなく、接続されている機器を電源のスパイクやサージから保護します。瞬時に、そして繰り返し保護することによって、電源の変動による損傷が起こらないようにし、これによって安心して機器をご使用いただくことができます。保護回路が作動した場合、PowerStationは、絶対に安全な状態になった時にのみ再起動します。

デザイン

PowerStationのケースは、ダーク・アノダイズド・アルミニウムで堅牢に組み立てられており、高品質なオーディオ/AVコンポーネントにふさわしいものとなっています。内部では、8個の電源接続端子がそれぞれ独立したチェンバーに個別に収容され、これによってディファレンシャル・モードの相互汚染を防ぐとともに、EVA(エチレン・ビニール・アセテート)を戦略的に配置することによって振動もダンプします。

PurCopper(純度99.9999%のOFHC〔無酸素高伝導〕連続鍛造銅)を使用することで、優れた伝導性が実現しています。これには、多層ポリマー・インシュレーションを備えた太い内部配線、強固なPurCopperのBus-Bar(幹線)、そしてAC接続端子自体の伝導素子も含まれます。他のクリーン電源システムでは得られないような機能とパフォーマスのレベルを、余計なお金を払うことなく実現することができるのです。

Power Station

PowerStationによって音質が改善すると、明晰度と解像度が増し、ダイナミック感と空間感が増強され、あまりクリーンでない電源を使用した場合に感じられる帯域の狭さ、タイミングやダイナミック・レンジの貧弱さを回避することができます。

FAQ

Q. PowerStation用の電源ケーブルの長さは何メートルですか?
A. PowerStationに同梱されているケーブルの長さは1.5mです。正確な仕様は:3×18AWG、125V/250Vです。

Q. PowerStationをAVシステム全体に用いることができますか? たとえば、テレビ、AVレシーバー、パワーアンプ×2台、Blu-rayプレーヤーなどです。
A. PowerStationはこういったことを念頭に置いて設計されています。これらの機器すべてにクリーンな電源を供給し、干渉を排除するとともに完璧に保護します。ただし、利用できる電力は、壁の電源から供給される電力が限界です。

Q. PowerStationをデジタル機器とアナログ機器の両方に使用することができますか?
A. はい、できます。理想的な使用法は、デジタル機器をすべて片側に接続し、アナログ機器を反対側に接続し、その間にiPurifier ACを入れて両者を分離することです。こうすることで、ノイズ・シールドとしても動作します。ノイズは低減され、隔絶され、iPurifier ACの左右の部分にそれぞれ閉じ込められるのです。

Power Station

Q. 他の延長用タップやサージ・プロテクターに接続することができますか?
A. できますが、オーディオの音質を高めるためにPowerStationを使用するのなら、これはお奨めできません。PowerStationの性能を最大限に発揮できないからです。

Q. アースケーブルは別売りですか?
A. はい。iPurifier AC用と同じものが使えます。別売りで用意もあります。

特徴

  • Active Noise Cancelation 2(アクティブ・ノイズ・キャンセレーション2)テクノロジー
  • 電力伝送用にSolid PurCopper Bus-Barsを使用
  • 各接続端子に個別のノイズ隔絶チェンバーを装備
  • 高性能なPurCopper 接続端子
  • 極太OFHC Continuous Cast Copperによる内部配線
  • 極性&アース診断システム
  • 先進のサージ&トランジェント保護システム
  • 専用シャーシによるグラウンド・システム
  • 2500W – 10A MAX 250〜

仕様

  • ノイズ除去:>40dB(>100x)
  • サージ保護:最大30,000A@1,000V 10uS
  • 動作電圧:90V-265V
  • サイズ:478mm(長さ)x 96mm(幅) x 76mm(高さ)
  • 重量:1.98kg(4.37lbs)
  • 保証期間:ご購入後1年
  • 標準的な小売価格:69,000円(税別)
  • バーコード:5081313082414

上記仕様は予告なく変更する場合がございます。

注意

  • 同梱された電源コードを使用してください。また同梱された電源コードは、他の製品に使用しないでください。
  • 感電の恐れがあるので、他の電源タップには接続しないでください。感電を防ぐために、屋内の乾燥した場所でのみご使用ください。
  • 電源コンセントと配電盤の間が少なくとも10メートル以上離れていない場合は、この製品を設置しないでください。
  • 水槽など、水に関連した製品とは一緒に使用しないでください。
  • 製品は、iFi audio本社オフィスから電気用品安全法に係る複数の登録検査機関(日本国の登録を受けた検査機関)に問い合わせた見解として、電気用品安全法施行令の定める電気用品(特定電気用品、特定以外の電気用品)に該当しないことを確認しております。そのため、PSEマークの記載がありませんが、これは上記の見解によるものです。

おまけ

Power Stationといえばこの曲ですかね^^

The Power Station – Get It On (Bang A Gong) (Official Music Video)

iPower

iPowerパッケージ

これ以上の電源はだれも作れない、無比のピュアDC電源

5V用、9V用、12V用、15V用を取り揃えています。

仕様

  • 入力: 100-240VAC
  • 出力: 5V/2.5A; 9V/2.0A; 12V/1.8A; 15V/1.2A
  • 出力用プラグ: 5.5×2.1mm input/5.5×2.5mm output (‘C’ black)
  • 5.5×2.1mm input/4.8×1.7mm output (‘F’ black)
  • 5.5×2.1mm input/4.0×1.7mm output (‘G’ black)
  • 5.5×2.1mm input/3.5×1.35mm output (‘H’ black)
  • 5.5×2.1mm right-angled extension cable.
  • 5.5×2.1mm input/5.5×2.5mm output; Reverse Polarity Plug (‘C’ white)
  • 5v version (only) DC > micro USB cable (for Raspberry Pi or similar micro computers)

ノイズレベル:~1uV
サイズ:82x43x40 mm
重量:155g


iFiの特徴の中心にあるのは、オーディオパフォーマンスの頂点の追求です。そのためには、あらゆる手法が試されます。あらゆる可能性を試すのです。すべてが新開発のiPowerは、その模範的な例のひとつです。iFiの超低ノイズAC/DCアダプターは並外れて静かで、iUSBとiPhonoのそれぞれの分野で他製品を大きく引き離していましたが、すべてが新開発のiPowerは、それよりもさらに静かで、従来品より10倍静かなのです。

何が違うのか?

まったく新しいオーディオファイル基準のDC電源アダプターです。
5V用、9V用、12V用、15V用を取り揃えています。

どういう製品を対象としているのか?

DC電源駆動による機器ならほぼすべてに対応します。
適正な電圧(5V、9V、12V、15V)を確認します。
適正な極性の設定をします(下の「極性反転」の項をご参照ください)。
選択している出力が十分であることを確認したら、あとは接続して音楽を楽しむだけです。

先進のDC電源設計 - 最高の電源アダプターがさらによくなった。

3年前、iFiの超低ノイズAC/DC電源アダプターが道を開き、iUSBからiPhonoに至るiFiのあらゆる製品の土台を作り、ユーザーの皆様から熱心な支持を得ました。

その栄誉に安住することなく、今iFiは「まったくゼロから開発した」DC電源アダプターを発売することになりました。

軍事用レーダー技術を流用したActive Noise Cancellation+®(アクティブ・ノイズ・キャンセレーション+®)

軍事分野のテクノロジー(具体的には、フランスのダッソー・ラファール戦闘機に用いられている「タレス・スペクトラ・レーダー・キャンセレーション・システム」)を応用して、iFiは専用のActive Noise Cancellation+®(ANC+®)オーディオ電源システムを導入しました。このANCテクノロジーはあまりに優秀なので、今ではiFiの改良され続けるUSBオーディオ・テクノロジーの根幹となっています。

空軍のレーダーは特定の周波数で放射されます。信号が航空機から跳ね返ります。受信機がその信号を拾って、コンピューターがその基本周波数と変調を解析して、機内のシステムがそれと同一だが位相の外れた信号を発生させ、敵のレーダー信号をキャンセルするのです。

ノイズ信号と同一の信号を正反対の位相で発生させることによって、あらゆるノイズを能動的にキャンセルするのです。ANC+®は、USBオーディオを破綻させてしまう電源ノイズを除去するための完璧な「解毒剤」なのです。

電源ノイズ + ANC+®による正反対の信号 = クリーン電源

Active Noise Cancellation+®は軍事機器グレードの回路です。
ANC+®を使用することによって、電源ラインのオーディオ帯域とRFノイズにフィルターがかけられます。ノイズフロア1μV(0.000001V)という測定値は、もっとも精密なオーディオ・プレシジョンの測定装置でも、測定の限界値となります。

オーディオ・ノイズフロアとは何か?

オーディオ・プレシジョン2で測定したところ、iPowerはたったの1μVという驚異的な低オーディオ帯域ノイズフロアを実現していることを示しました。この点で言えば、iFiが以前に自社開発した超低ノイズAC/DCアダプターは10μVを示していました。典型的なオーディオファイル向けリニア電源(LPS)は20μVを示しますので、それと比較したら、AMR/iFiの電源技術が無比の存在であることがよくわかります。

12素子出力アレイ/6素子入力アレイ

テクノロジーを具現化しながら、AMR/iFiはオーディオ設計の限界を押し広げるばかりではなく、電源の設計にも取り組みました。結局のところ、オーディオ信号の背後で「燃料」を供給するのは、電気なのですから。

iPowerには、2つの独立した、しかし同様の「アレイ・テクノロジー」が盛り込まれています。

12素子出力アレイ:出力側(DC出力端子側)でノイズを処理します。
6素子入力アレイ:入力側(2ピンの電源コンセント側)でノイズを処理します。

つまり、iPowerを使用することによって、どのようなノイズも食い止めて消去し、電源やオーディオシステムが汚染されるのを防ぐことができるのです。iFiは「電池のように静かな」DC電源アダプターを製造する一握りのメーカーのひとつです。自動車におけるハイブリッドテクノロジーと同じように、この電源アダプターの技術も短期間に進化し続け、幅広く受け入れられるようになっているのです。

「センターマイナス」(接続端子の極性が、中央が「-」で外側が「+」の仕様になっている)のオーディオ製品用の極性反転アダプター

iFiはすべてのケースを考えます。家庭用及びプロ用製品の大半は「センタープラス」(接続端子の極性が、中央が「+」で外側が「-」の仕様になっている)のタイプの電源接続端子を備えています。もしもご所有の製品(ギターペダルやSony Discmanなど)が「センタープラス」ではなく「センターマイナス」の接続端子を備えている場合には、iFiの極性反転アダプターを使用することが重要です。ご所有の製品の極性がよくわからない場合は、販売店にお尋ねください。電源アダプターを使用する機器は、過電圧や極性が逆の接続に対処するために、通常は保護回路を備えていますが、すべてのメーカーがそうしているわけではありません。常にまず極性を確認してください。AMR/iFiは、iPowerを間違って使用した場合の故障、あるいはiPower使用による機器の故障(削除)には責任を負いかねます。

極性反転アダプター
iPower

世界中どこでも使えます。どのタイプの端子にも適合します。

AMR/iFiは、今日においてはポータブルで使い易いことこそがいちばん大切であることを理解しています。ですからiPowerは、軽く便利で、なにより旅行に携行し易く、世界中のどの国でも動作します。5V用、9V用、12V用、15V用を取り揃えているので、DC駆動される機器なら何でも使うことができます。

また、接続するコンセントの形状に応じて端子を交換することが可能なので、世界のどこでも使うことができます。日本、アメリカ、イギリス、EU、オーストラリア - どこの端子にも適合できます。パフォーマンスとポータビリティが個人向けに考えられているのです。

iPower

要約しましょう。iPowerの背後にあるあらゆるテクノロジーは、それが実際に耳で聞いてわからなければ、ほとんど意味がないでしょう。それは、聞こえるとも言えるし、聞こえないとも言えます。つまり、ノイズが聞こえないことが聞いてわかるということです。すべてが新しいiPowerでは、ノイズフロアは実質的に聞こえません。そしてあらゆるレベルで重要な洗練性は(アナログ音源であれデジタル音源であれ)、数段階向上しているのです。

何より良いのが、これまでのiFiの電源を使用する製品のすべてが、電圧の違いに関わりなく、このiPowerの恩恵を得ることができるということです。iFi以外の製品でも使うことができます。ですから、だれもが「iFiサウンド」を楽しむことができるのです。

Raspberry Piあるいは同様のものを入手しましたか?では、iPower 5V用をご使用ください。

USBの電源ラインは5Vで稼働します。Raspberry Pi、Cubox、BeagleBone(あるいは同様のマイクロコンピューター)は、もっとも人気の高いコンピューターサーバーに急速に成長しています。iPower(5V用のみ) は、DC からマイクロUSBへの変換ケーブルを同梱しているので、iPower (5V用)を使用すれば、ピュアでクリーンな電力をマイクロコンピューターに送り、最適なコンピューターオーディオ再生を楽しむことができます。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
アクセサリー / ケーブル
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド Official Site
タイトルとURLをコピーしました