Thunderbolt対応のApolloやAurora(n)をWindowsで

オーディオインターフェイスのApollo,Arrow(Universal Audio)やAurora(n),Hilo(Lynx)は既にWindowsでThunderboltの動作がサポートされていますが、他社もこれに追従する動きが見え始めてきました。

Apollo X
Apollo x6

Thunderbolt対応のリファレンスとなるWindows PCの必要性も高まってきたため「Intel NUC(ナック):Thunderboltで音楽を聴く・造る」でご紹介したNUC8i3BEKでPCを組んでみました。※NUC8i3BEKはWindowsがプリインストールされた一般的なPCではなく、メモリー・ストレージ・OS(Windows)を別途揃えて組み上げる必要があります。

NUC8i3-rear

右端(USBの横)に見えるThunderbolt 3のポート

準備したもの

パーツ

PC本体:Intel NUC8i3BEK

SSD:Intel SSD 760p SSDPEKKW512G8XT

メモリー:CFD D4N2400CM-4G

OS:Windows8.1home(その後でWindows10にアップグレード)

SSD(ストレージ)とメモリーを本体に組み込む

Intel NUC8i3BEK(PC本体)のねじ止め(4か所)された裏蓋を空けてSSDとメモリーを取り付けて蓋をします。

取り付け前

SSD(手前)、メモリー(中)、PC本体(奥)

取り付け後

無事装着

OSをインストールする

後はWindows10のライセンスを持っていればすんなりインストールして完了ですが、持っているのはWindows8.1です。一旦、Windows8.1をインストールしてからWindows10にアップグレードするしかありません。
※ThunderboltはWindows8.1以前をサポートしていません。
※2019/1/25現在でもWin8.1からWin10へ無償アップグレードできました。

Windows7やWindows8.1からWindows10へのアップグレードは久しぶりだったため想定外に手こずってしまいましたが、なんとか無事にWindows10にアップグレードできました。これについては備忘録としても残したいので組み立ての写真も加えて追記する予定です。

Armstrong MkIII

Universal Audio 製品との確かな互換を誇る Windows PC がさらに進化

第一線で活躍する音楽プロデューサーをはじめ、放送局、ゲーム業界、教育機関に至る各方面から高く評価される OM FACTORY 社が製作 / カスタマイズを手掛ける Windows PC、Armstrong(アームストロング)がさらに進化します。
安定したパフォーマンス、UA 製品との確かな互換性はそのままに、「クリエイターをアシストするに相応しいコンピューターとは何か」を再考。基本性能を大幅に向上させました。
Armstrong MkIII が、これからの音楽制作環境の中心となることでしょう!

Armstrong MkIII
Armstrong MkIII

すべての UA オーディオインターフェイスと UAD-2 シリーズに完全対応

Armstrong MkIII は、Universal Audio UAD-2、Apollo シリーズ、Arrow、そのすべて*が確実に動作するクリエイター向けPCです。

*FireWire ポートに関しては有償オプションでの増設が必要となります。
*UAD-2、Apollo、Arrow の動作条件は各製品ページをご参照ください。

プロセッサ

Intel 最新の8コアプロセッサが引き出す圧倒的なネイティブパワー。

Armstrong MkIII

マルチコア・プロセッサーが実現する高度な分散処理によって、多くのバーチャル・インストゥルメント / エフェクト・プラグインを駆使した複雑なプロジェクトや高解像度データを多用した大規模プロジェクトにおいても、マシンパワーを気にすることなく制作に没頭できます。

メモリ

64GB RAM を標準搭載。

Armstrong MkIII

リアリティーを追求した大容量音源や、ハイサンプリングレートのオーディオ素材の扱いなど、多くのメモリ容量を必要とする場面においても安定して動作します。

ストレージ

高速なSSDと大容量HDDを複数台組み合わせたハイブリッド仕様。

Armstrong MkIII

ストレージを分散することで、パフォーマンス、システムの堅牢性を高度に両立しています。

接続性

2基の Thunderbolt 3 ポートを搭載。

Armstrong MkIII

Thunderbolt 3 とは、最大 40 Gbps のデータ転送が行え、対応する変換アダプター(別売)を介せばさまざまな端子に変換することも可能な究極とも言える規格です。

拡張性

PCI Express 3.0 の空きスロットを4基搭載。

Armstrong MkIII

多くの拡張性を確保。UAD-2 PCIe Card を最大4枚まで同時使用可能です。

仕様

CPUインテル Core i7 3.60 GHz(TB時 4.90 GHz)8コア
RAM64GB DDR4-2666
OSWindows 10 Home 64ビット
HDD合計 8000GB(SATA2 接続、4000GB ×2)
SSD500GB SSD ×1(M.2 接続、最大秒間 3200MB 転送対応)1000GB SSD ×2 (SATA6G 接続、最大秒間 520MB 転送対応)
グラフィックスインテル UHD グラフィックス 630トリプルモニターに対応:HDMI 最大解像度 4K × 2K (4096 × 2160) @ 30HzDVI-D 最大解像度 1920 × 1200 @ 60HzD-Sub 最大解像度 1920 × 1200 @ 60Hz*本機の Thunderbolt 3 ポートは映像出力に対応していません。
接続端子PCI Express 3.0(x16)x2 スロット(内、1スロットを Thunderbolt 3 増設に使用)PCI Express 3.0(x1)x3 スロット*カード増設状況で変動します。
付属品キーボードマウスディスク(OS、ドライバ、ユーティリティーソフト)
サイズ奥行き x 幅 x 高さ : 413 x 210 x 453 mm(脚 / 突起部 / ネジを含む)

仕様は予告なく変更となる場合があります。

関連記事:

DAC(デジタル アナログ コンバーター)は以前からCDプレーヤーをグレードアップするために利用されてきました。”PCオーディオ”といった...

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする