Thunderbolt対応のApolloやAurora(n)をWindowsで

オーディオインターフェイスのApollo,Arrow(Universal Audio)やAurora(n),Hilo(Lynx)は既にWindowsでThunderboltの動作がサポートされていますが、他社もこれに追従する動きが見え始めてきました。

Thunderbolt対応のリファレンスとなるWindows PCの必要性も高まってきたため「Intel NUC(ナック):Thunderboltで音楽を聴く・造る」でご紹介したNUC8i3BEKでPCを組んでみました。※NUC8i3BEKはWindowsがプリインストールされた一般的なPCではなく、メモリー・ストレージ・OS(Windows)を別途揃えて組み上げる必要があります。

NUC8i3-rear

右端(USBの横)に見えるThunderbolt 3のポート

準備したもの

パーツ

PC本体:Intel NUC8i3BEK

SSD:Intel SSD 760p SSDPEKKW512G8XT

メモリー:CFD D4N2400CM-4G

OS:Windows8.1home(その後でWindows10にアップグレード)

SSD(ストレージ)とメモリーを本体に組み込む

Intel NUC8i3BEK(PC本体)のねじ止め(4か所)された裏蓋を空けてSSDとメモリーを取り付けて蓋をします。

取り付け前

SSD(手前)、メモリー(中)、PC本体(奥)

取り付け後

無事装着

OSをインストールする

後はWindows10のライセンスを持っていればすんなりインストールして完了ですが、持っているのはWindows8.1です。一旦、Windows8.1をインストールしてからWindows10にアップグレードするしかありません。
※ThunderboltはWindows8.1以前をサポートしていません。
※2019/1/25現在でもWin8.1からWin10へ無償アップグレードできました。

Windows7やWindows8.1からWindows10へのアップグレードは久しぶりだったため想定外に手こずってしまいましたが、なんとか無事にWindows10にアップグレードできました。これについては備忘録としても残したいので組み立ての写真も加えて追記する予定です。

関連記事:

以前からCDプレーヤーをグレードアップするためにDAC(デジタル アナログ コンバーター)は利用されてきました。”PCオーディオ”といった...
この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする