audient iD シリーズはクリエイターにもリスナーにもおすすめのオーディオインターフェイス

audientロゴ

ドライバー、ドキュメント
iD4:https://audient.com/products/audio-interfaces/id4/downloads/
iD14:https://audient.com/products/audio-interfaces/id14/downloads/
iD22:https://audient.com/products/audio-interfaces/id22/downloads/
iD44:https://audient.com/products/audio-interfaces/id44/downloads/

audient はイギリスのコンソール(スタジオのでっかいミキサー)・プランドでオーディオインターフェイスとしては後発です。コンソールはアビーロード・スタジオやピート・タウンゼントのスタジオに導入実績があるとのことからもメーカーの信頼性の高さは伺い知れます。

スタジオコンソール

あのピート・タウンゼントが audient について語っています!

Audient – Pete Townshend in the Studio with ASP4816

オーディオインターフェイス(DAC / ADC)

高音質なのに低価格

audient のオーディオインターフェイスは初号機(だと思う)の iD22 の高音質が大きな話題になったことが印象的で、その後に発売された各iDシリーズも音質面で高く評価されています。

デザイン的にはニューレトロな味わいで筐体の質感が高いことも相まって好印象。

デスクトップ型の筐体はリスニングにも操作性が良い

iD シリーズはすべてラック型ではなくデスクトップ型の筐体で、大きな回転ノブが目を引きます。主にボリュームの役割を果たすこのノブはデスクトップ型ならではの操作性の良さを提供してくれます。一般的なオーディオ機器はラック型ですが、ボリュームを含む操作性ではデスクトップ型が上回っていて快適と言えます。

また、ボリュームの付いたホームオーディオの DAC には見られない、ミュートボタンとディム(ボリュームノブをプッシュすると音量が下がる)はリスニング時に大変重宝します。

ボリューム(右)とミュートボタン(左下)

操作性の良い大きなボリューム(右)とミュートボタン(左下)

クリエイターにもリスナーにも嬉しいバンドルソフト

audient 全製品には Cubase や Cubasis その他のバンドルソフトがついてきます。

バンドルソフト

音楽制作ビギナーにとっては別途   ソフトを購入しなくても始められるので嬉しいサービスです。リスナーにとっては全く関係ないようなこれらのバンドルも、使いようで役に立つツールにもなります。※この点については機会を見てお話しできればと思います。

iD44 はシリーズのフラッグシップとなる期待の新製品

iD44

これまでのフラッグシップは iD22 でしたが、iD44 はこれを上回る音質を謳っています。BNC Word Clock output が追加されたことも注目ですね。10万円未満のオーディオインターフェイスとして大注目の製品です。

エントリー機種の iD4 はよく使っていますが、この価格でこのクォリティ―には満足です。

関連記事

audient iD4でギターチューニング:SoftTuner
この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする