Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

Amazon Music HD排他モードをVoiceMeeterでASIO出力

ASIOドライバでAmazon Music HDを出力させたいと考えているなら、VoiceMeeterを利用しましょう。

VoiceMeeterはAmazon Music HDの出力デバイスとして選択することができるる仮想オーディオデバイス ソフトです。VoiceMeeterに入力された音声はASIOをはじめ様々な形式で出力できるようになります。

Amazon Music HD → VoiceMeeter → ASIOドライバ

この記事ではVoiceMeeterの上位版であるVoiceMeeter Bananaを使って、Amazon Music HDのハイレゾ音源をASIO経由でDACに出力する方法を説明しています。※VoiceMeeter Bananaの代わりにVoiceMeeterを使っても同じことができます。

使用した環境:
  • Windows 10 (20H2)
  • Amazon Music バージョン8.5.0.2261
  • VoiceMeeter Banana バージョン2.0.5.8
  • Solid State Logic SSL2 ※24bit192kHz対応オーディオインターフェイスをDACとして使用
  • ADAM Audio S2V ※ハイレゾ対応(周波数特性:35Hz – 50kHz)モニタースピーカー

VoiceMeeterの設定手順

  1. Amanzon Music HDを再生するWindows 10のパソコンにVoiceMeeter Bananaをインストールする。
  2. VoiceMeeter BananaでASIO出力先を選択する。
  1. VoiceMeeter BananaのMenu(ウインドウ右上)から「System Settings / Options」を開いてサンプリングレートを設定する。※DACが192kHz対応なら192kHz

必要に応じて「Blffering ASIO」でASIOのバッファサイズを設定する。

※Defaultで特に問題ありませんでした。

Amazon Musicの設定手順

Amazon Musicアプリで出力デバイスを選択する。

  1. ウインドウ右下のスピーカーアイコンをクリックして、利用可能なデバイスに「VoiceMeeter Aux Input (VB-Audio VoiceMeeter AUX VAIO)」を選択する。
    ※排他モードは適宜選択

設定は以上です。

Amazon Music HDから24bit / 192kHzの曲を再生して、「ULTRA HD」(ウィンドウ左下の黄色い文字)をクリックすると下の画像のように確認することができます。(左赤枠)

VoiceMeeter Bananaのウィンドウ右上(右赤枠)からは、ASIOドライバ192kHzで出力されていることがわかります。


DanteやDiretta等のようにASIOドライバでAoIP(Audio Over IP)を利用するオーディオ伝送ではfoobar2000やTuneBrowser等のASIO対応の音楽再生ソフトしか利用できませんが、VoiceMeeterを使うことでAmazon Music等の音楽サブスクや動画の音声もAoIPを利用できるようになり、活用範囲が格段に広がります。

Amazon Music HDの持ち味を引き出すおすすめのスピーカーです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Amazon Music
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました