UAD DSP Accelerator:お気に入りのDAC/オーディオインターフェイスでUADプラグインを使うには

UNIVERSAL AUDIOのUAD-2プラグインを使うには同社のApolloやArrowをオーディオインターフェイスに使うのが一般的です。

Apollo x6

しかしUAD DSP Acceleratorを使うことで、UAD-2プラグインをApolloやArrow以外のオーディオインターフェイス(またはDAC)で使えるようになります。

PCIeで接続する際のUAD DSP Accelerator:UAD-2 PCIe Card

極端な話、オーディオインターフェイスやDACをPCに追加しなくてもPCにはじめから内蔵されたオンボードチップのサウンドデバイス(Realtekなど)でもUAD DSP Acceleratorは動作します。要は再生アプリがVST/AUプラグインに対応していれば、リスニング用途にもUAD-2プラグインが使えます。

Thunderbolt 3/PCIe/USB3/FireWireとPCとの万全な接続性

UAD DSP Acceleratorは接続するPC(Win/Mac)に応じて、Thunderbolt 3/PCIe/USB3(※Win限定)/FireWireでの接続方法を提供しています。

Thunderbolt非搭載のノートPCならばUSB3で、PCIeスロットを搭載したデスクトップPCならばPCIeカードの増設で、ほとんどのPC(Win/Mac)にプリアンプなどのエミュレーション機能を持たせることができます。

目的に応じてコア数を選べるDSP

UAD DSP Acceleratorは搭載DSPも強力です。Thunderbolt 3/PCIe/USB3/FireWireの各モデルはQUAD(DSP 4基)とOCTO(DSP 8基)から目的に応じて選択可能です。

QUADOCTO
UAD-2 PCIe Card
UAD-2 Satellite Thunderbolt 3
UAD-2 Satellite Thunderbolt
UAD-2 Satellite USB
UAD-2 Satellite FireWire

UAD DSP Acceleratorの接続

Intel NUCでUAD-2 Satellite Thunderbolt 3を使うための手順

以前にUNIVERSAL ADUIOのThunderboltオーディオインターフェイスArrowで動作実績のあるIntel NUC(NUC8i3BEK)が、UAD-2 Satellite Thunderbolt 3で実際に動作するものかを確かめてみました。結果としては、JRiver Media CenterにアタッチしたVSTプラグインとして無事に動作しました。

サウンドデバイスは敢えてPC内蔵のRealtek Audioです。

使用したハードウェア

  • NUC8i3BEK (Intel)
  • UAD-2 Satellite Thunderbolt 3 (UNIVERSAL AUDIO )
  1. 事前にUAD ソフトウェア v9.11をオフィシャルサイトからダウンロードしてインストールしておきます。
  2. Thunderboltケーブルで接続したNUC8i3BEKとUAD-2 Satellite Thunderbolt 3を立ち上げます。
    ※NUC8i3BEKは事前にThunderboltのドライバーとツール(Thunderboltコントロールセンター)がインストールされています。
  3. UADソフトウェアのUAD Meter & Control Panelは「No Devices Found」と表示されUAD-2 Satellite Thunderbolt 3はまだ認識されていないようです。
  4. Thunderboltコントロールセンターを開くと、UAD-2 Satellite Thunderbolt 3はリストアップされていますが接続状態は「未接続」になっていました。そこで「未接続」をクリックして「常に接続」に変更すると、WebブラウザでUAD-2 Satellite Thunderbolt 3をアクティベーションすることができました。

    UAD Meter & Control Panelは次のような画面に変化しています。
  5. JRiver Media CenterでVSTプラグインとしてUAD-2プラグインを登録すると、DSPスタジオ画面にプラグインが表示されました。
  6. JRiverはRealtek AudioをWASAPI(排他モード)で出力、通常のVSTプラグインと変わることなくUADプラグインも動作しています。
    ※VSTとしてUADプラグインを使うと、ApolloでダイレクトにUADプラグインを使うよりも僅かに遅延が発生しますが、リスニング用途であれば何ら問題にはなりません。

まとめ

このように、UAD DSP AcceleratorはApollo以外の環境でもUADプラグインが使えるようになる汎用性の高いデバイスです。Thunderbolt非搭載マシンならUSB3接続のUAD-2 Satellite USBが、PCIeスロットを持ったPCならUAD-2 PCIe Cardが対応します。

2020/3/31までUADプラグインを無償でゲットできるUAD DSP Acceleratorのプロモーションを実施しています。

この記事をお届けした
オーディナリーサウンド Official Siteの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする