Shop OrdinarySoundをオープンしました(VISA, MASTER CARD, American Express)

PCがAptX Bluetoothレシーバーになるソフト:Bluetooth Audio Receiver

Bluetooth Audio Receiverは、スマホの音声をWindows 10でBluetooth受信できるソフトです。Microsoft Storeから無料で入手できます。

Bluetooth Audio Receiverの使い方

Bluetoothでスマホの音声をPCにつないだスピーカーから再生できるかを確認してみました。

  1. Bluetooth Audio ReceiverをMicrosoft Storeからインストール
  2. Windowsの「設定」でスマホとペアリング
  3. Bluetooth Audio Receiverを起動して画面から「Open Connection」を選択
  4. スマホのBluetoothがオンになっていることを確認してスマホでYouTubeを再生
Bluetooth Audio Receiverの画面:ペアリングしたスマホ(moto g(7)power)が表示されるので「Open Connection」をクリック

音声はPCにつないだスピーカーから再生されました。

コントロールパネル – サウンドでの表示のされ方

パソコンがBluetoothレシーバーとして機能しているので、コントロールパネル – サウンドでデバイスとして表示されるのかを確認してみました。

音声入力デバイスは「録音」タブに表示されますが、Bluetoothで再生中のスマホの音声がレベルメーターにも反映されていることがわかります。(画面中の「moto g(7) power A2DP SNK」)

moto g(7) power A2DP SNKのプロパティでは、2チャンネル、16ビット、44100Hzが選択されていました。

Windows 10はAptXに対応しているとのことですが、どのBluetoothコーデックが使われているかをWindows上で確かめることはできないようです。機会があれば他のBluetoothデバイスと接続してAptXが使われているかどうか確認してみたいと思います。

まとめ

  • Windows 10 (20H2)は、Micorosoft StoreのBluetooth Audio ReceiverをインストールすることでBluetoothレシーバーとして利用できる。
  • BluetoothコーデックにAptXが利用できる(ようだ)

簡単・確実・高音質にブルートゥース受信するならBT-Pro V2やZEN Blueがおすすめです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ブルートゥース
OrdinarySoundをフォローする
オーディナリーサウンド
タイトルとURLをコピーしました